読書感想文の書き方中学生編。魔法のテクニックでスラスラ書ける!

中学生のための読書感想文の書き方講座

原稿用紙と制服を着た腕の写真中学校の課題の読書感想文、何をどう書けばいいか思い浮かばなくて、苦手な人も多いと思います。

感想と言われても、特に感動したとか驚いたとかもないし…

感想文って、いったい何を書けばいいんだろう?

そんなあなたに、スラスラ書ける読書感想文の書き方を公開します。

作文が苦手な人でも大丈夫。
ここで教える手順とテクニックを使って書けば、簡単に読書感想文を書くことができますよ!

要注意!間違った読書感想文の書き方

読書感想文を書き始める前に、「こんな読書感想文はダメ!」という、悪い例について説明しておきましょう。

その間違った読書感想文とは、次の2つ。

  • あらすじをまとめただけの、あらすじ紹介文のような感想文
  • 「友人を大切にしよう」「争いごとはいけない」など、一般的に正しいこと、当たり前のことだけを書いた感想文

あらすじ紹介も一般論も、感想文で何を書けばいいかわからないという人がやってしまう、典型的な失敗例。

こうした読書感想文では、なかなか評価はしてもらえません。

学校や先生は、あらすじや一般論を聞きたくて読書感想文を書かせているわけではないからです。

こんな読書感想文はNG!

あらすじや一般論がダメなのなら、いったい何が目的で、感想文を書かせているんでしょうか…?

スポンサーリンク

読書感想文って、何のために書くの?

読書感想文の本当の目的は、本から自分なりの課題やテーマを見つけ、それについて意見を述べること。

本が面白かったか、つまらなかったかを聞きたいのではないのです。

国語の読解テストでは、登場人物の気持ちや、物語の意味について聞かれますよね。

読書感想文も、やることは読解テストと変わりません。

読書感想文の目的は… 本から課題を見つけ、それについて意見を述べること

ただし、国語のテストでは答えが決まっていますが、感想文にはありません。

あなたが自分で問題を作って、自分で答えて、しかもハズレはない。

そう思うと、なんだか書けそうな気がしてきませんか?

実際、ちょっとした書き方のコツさえつかめば、読書感想文はとっても簡単なんですよ。

 

次からは、いよいよ読書感想文の書き方を説明していきます。

すでに感想文を書く課題本が決まっている人は、ぜひメモを取りながら読み進めてくださいね。

読書感想文を書く前の準備

感想文が書けないという人は、いきなり原稿用紙に向かって文章を書き出そうとしてしたり、本を何度もパラパラとめくって何を書こうか考えたりしてしまいがち。

でも、この書き方では時間ばかり使ってしまい、なかなか感想文が完成しませんよね。

読書感想文を書く時は、原稿用紙に向かう前に準備をしておくと、悩まずスラスラ書くことができるんですよ。

 

これから説明する手順に従って、読書感想文のテーマを決めるための下書きメモを作成してみましょう。

具体的には、本の内容を思い出しながら、「人物」「出来事」「変化」の3つの要素を書き出します。

読書感想文のテーマを決める3つの要素!人物×出来事×変化

大切なのは、本を読み直すことではなく、本を読み終わった自分の頭の中を振り返ること。

メモを作る時は、本のページをめくるのではなく、あなたの頭の中に浮かんだことをササッと書いていけばOKです。

では、紙と鉛筆を用意して、実際にメモを作成してみてください!

スポンサーリンク

(1)人物を選ぶ

登場人物の中から、あなたが好きな人物や、印象に残った人物をあげてください。

1人でもいいですし、2人以上いたのなら、それでもかまいません。

特に気になる人物がいなかった場合は、とりあえず主人公を選んでおきましょう。

(2)出来事を選ぶ

人物が決まったら、次は出来事。

先ほど決めた人物が関係する出来事の中で、印象に残ったものを書き出してください。

これも、数は何個でもかまいません。

(3)変化を考える

最後は、ここまでに決めた人物と出来事について、物語の最初と最後で、変化したことがないかを思い出します。

性格、考え方、行動、他の人物との関係、住んでいる場所…

どんなものでもかまわないので、何か変わったものはないかを考え、書き出してみてください。

 

3つの要素の書き出しはできましたか?

実際の下書きメモの作成例を用意したので、イメージがわかないという人は、こちらを参考に取りかかってみましょう。

下書きメモの作成例

夏目漱石の「坊っちゃん」の読書感想文を書く時のメモ例です。

※坊っちゃんを読んだことのない人は、こちらであらすじが確認できます。

「坊っちゃん」のあらすじはこちら≫


●印象に残った人物

坊っちゃん、山嵐

●印象に残った出来事
職員会議で山嵐が坊っちゃんの味方をしたところ
仲の悪かった坊っちゃんと山嵐が仲直りするところ
2人が一緒に悪い奴らを懲らしめたところ

●物語の最初と最後で変化したこと
先生として就職した坊っちゃんが、学校を辞めた
仲の悪かった坊っちゃんと山嵐が、仲良くなった

どうでしょうか、そんなに難しくありませんよね。

こんな感じで、あなたの課題本のメモも作成してみてください。

 

メモが完成したら、次はここに書き出した内容をもとに、感想文を書いていきます。

文章が書けないから感想文が苦手なのに…と思うかもしれませんが、下書きメモが作れていれば大丈夫。

コツさえつかめば、メモから長い文章を作るのは簡単です!

読書感想文を書く

それでは先ほど作成したメモをもとに、実際の文章を書いていきます。

作文が苦手な人でも簡単に感想文が書けるテクニックを紹介しましょう。

なぜなら→もし→だから、で文章を展開する

読書感想文を書く時は、「なぜなら→もし自分なら→だからこう思う」という型に沿って書いていきます。

なぜ→もし→だから、で展開しよう!例えば、あなたが読んだ本の中で印象に残った人物が、主人公だとします。

その場合、次のように文章を展開できます。


私が○○を読んで、最も印象に残った人物は主人公だ。

なぜなら、彼はとても勇気のある人だからだ。

もし私なら、○○の場面で、彼のように戦うことはできず、逃げてしまうだろう。

だから、主人公は勇敢で立派な人物だと思う。

なぜ→もし→だから、の順序で書くことで、自分の意見とあらすじの両方を、自然に盛り込んだ感想文が書けましたね。

あとは、メモを見ながら同じ要領で文章を書いていけばいいだけです。

さらに、次に紹介するポイントを押さえれば、読書感想文の最後もきれいにまとまりますよ。

最後の締めは、自分の変化で

感想文の最後は、あなた自身について、本を読む前と読んだ後で変わったことを書いて締めましょう。

例えば、こんな変化はありませんでしたか?

  • 本に対する印象の変化
    →読む前は難しそうな本だと思っていたが、読んでみると物語に引き込まれた
  • 登場人物に対する印象の変化
    →最初は嫌なやつだと思っていた人物だが、それには事情があることがわかって好きになった
  • 自分の気持ちの変化
    →弱虫な自分だが、主人公のように勇気を持ちたいと思った

本のタイトルや内容に対する印象、登場人物の印象、自分が本を読んで感じたこと…

あなたが本を読む前と後で、変化が起きたものが必ず1つはあるはずです。

感想文の最後では、その変化について書きましょう。

それこそが、あなたが本から得た気付きや課題であり、読書感想文に求められているものです。

 

では実際に、先ほどの坊っちゃんの下書きメモを、この方法で展開してみましょう。

下書きメモからの感想文展開例


坊っちゃんを読んで、私が印象に残った人物は、坊っちゃんと山嵐です。

なぜなら、2人とも他人の目を怖れずに、悪いことを悪いと言って、行動できる人たちだからです。

赤シャツが悪いことをしているのは、学校の人も、町の人も、みんな知っているのに、みんな知らないふりをしていました。

でも、坊っちゃんと山嵐は、知らないふりや見ないふりをせず、最後には赤シャツをやっつけてしまいました。

もし私が赤シャツの悪事に気付いたとしたら、町の人たちと同じように、悪いことだとわかってはいても、そうは言えずにずっと黙ったまま、見ないふりをしてしまうと思います。

だから、周りの人たちに流されず、はっきり自分の意見を言える2人をすごいと思います。

坊っちゃんと山嵐は、最初はある誤解から仲が悪かったのですが、途中、山嵐が誤解に気付いたことで坊っちゃんに謝り、そこからは仲良くなりました。

ここで、自分の勘違いに気付いてすぐに自分から坊っちゃんに会いに来て、素直に謝ることができる山嵐も、やはりすごいなあと思います。

私なら、自分が気まずいことをしていたら、それを隠そうとしてしまうかもしれません。

でも、黙っていたり、隠そうとしていたら、いつまでも状況は変わりません。

坊っちゃんや山嵐のように、自分の感情に正直に行動することではじめて、未来は自分の望む方向に変わっていくのだと思います。

恥ずかしいとか、勇気がないとか、そういった自分の弱い心に負けず、私も坊っちゃんや山嵐のように、自分の気持ちに素直に行動できるよう努力したいです。

メモをもとに少し文章を展開しただけで、原稿用紙1枚半分の読書感想文が書けました。

  • 「なぜなら→もし私なら→だからこう思う」で文章を展開する。
  • 本を読む前と後で、何か変化したことについて述べる。

この2つを守って書けば、あなたにも感想文が書ける気がしてきませんか?

 

読書感想文は苦手、何を書いていいかわからない…

そう思っていた人は、ぜひ下書きメモとこのテクニックを使った書き方を試してみてくださいね。

中学生のための読書感想文の書き方まとめ

それでは最後に、中学生のための読書感想文の書き方について、重要なポイントをまとめておきます。

  • 読書感想文は、本のあらすじや一般論を書くものではない
  • 本から自分なりの課題を見つけることが読書感想文を書く目的
  • 感想文を書き始める前に「人物」「出来事」「変化」の3つを書き出した下書きメモを作る
  • 下書きメモをもとに「なぜ→もし→だから」で文章を展開する
  • 最後は、本を読む前と後の自分自身の変化について述べる

中学校の宿題で、避けては通れない読書感想文。

毎年、締め切りギリギリまで感想文が終わらなくてウンザリ、なんて人も多いと思います。

でも、野球でボールを投げるのに正しいフォームがあったり、書道の筆に正しい持ち方があるように、感想文も正しい書き方を覚えてしまえば、そんなに難しいことはありません。

今回紹介した書き方を使えば、正直そんなに面白くないなあ…と思う本であっても、あなただけの感想文が書けるはず。

一度やってみればコツがつかめるので、読書感想文が苦手な人も、頑張って最後まで完成させてみてください!