夏目漱石「こころ」のあらすじ&読書感想文のポイント

夏目漱石「こころ」とは

夏目漱石の代表作であり、日本を代表する文学作品とも言える「こころ」。

読んでみようと思っても、上・中・下巻に及ぶ長編小説のため、なかなか手が出なかった人も多いでしょう。

こころのストーリーを知りたい人、読んでもよくわからなかった人向けに、「こころ」の簡単なあらすじと、詳しいあらすじをまとめました。

最後には読書感想文のポイントも紹介していますので、感想文が書けなくて困っている学生さんは、こちらも参考にしてくださいね。

こころの簡単なあらすじ

古い本の写真「こころ」は、学生である「私」と、彼が「先生」と呼ぶ人物との交流を描いた物語です。

若い時分から遁世し、世間や人との関係を絶って暮らす先生に興味を覚えた私は、足繁く先生のもとへ通います。

そして、懇意になった先生から、先生の遁世や独特の考え方の裏には、遺産をめぐる叔父の裏切り、親友の自殺といった過去があることを手紙で知らされます。

しかし、先生が過去を綴った長い手紙は、先生が私宛に残した遺書であり、私が手紙を受け取った時には、先生はすでにこの世の人ではなくなっていたのでした。

こころの主な登場人物

ここでは、こころの主要な登場人物を紹介します。

※人物名をクリック・タップすると詳細が開きます。

  • 東京の大学に通う書生。

    夏休みに鎌倉へ行った時、たまたま出会った人物に興味を惹かれ、「先生」と呼び慕う。

    病気の父を看取るため故郷へ帰っている時に先生からの手紙を受け取り、先生が自殺したことを知る。

    こころの上巻と中巻は、先生の死を知った当日の私が、先生との日々を回想する内容である。

  • 私には先生と呼ばれているが、実際に教職に就いているわけではない。

    静という美しい妻がいる。

    暮らすに困らない程度の財産があり、仕事はせず、世間との関わりを絶って書物と向き合う生活を送っている。

    毎月、雑司が谷にある墓に1人で墓参りに行っているが、誰の墓なのかは私に教えてはくれなkった。

    こころの下巻は、先生が私に宛てて書いた長い手紙の内容であり、親族の裏切りや親友の自殺に苦しみ続けた先生の過去が綴られている。

    雑司が谷に墓参りに行く理由も、手紙の中で明かされる。

  • 先生の妻である、美しい女性。名は静。

    先生が学生時代に下宿していた家の娘で、先生の過去の回想ではお嬢さんと呼ばれている。

    夫婦仲は良いが、下宿時代とは人が変わってしまった先生のことを心配している。

  • 先生の親友で、同じ大学に通う同級生。

    ひたすら勉学に打ち込む熱心な宗教家で、先生の他に友人はない。

    お嬢さんへの恋心と、禁欲を是とする自分の宗教観との間で苦悩し、ある時、お嬢さんへの思いと迷いを先生に打ち明ける。

    しかし、自分もまたお嬢さんに思いを寄せていた先生は、その後、Kに黙ってお嬢さんとの婚約を決めてしまう。

    Kはその事実を知ったあとも先生を責めることはなかったが、直後に自殺し、故人となる。

    先生が毎月通う雑司が谷の墓は、Kのものである。

こころの詳しいあらすじ

「こころ」は、上中下の3部構成の物語です。

上巻は、私と先生との出会いから日々の交流。

中巻は、病気の父を見舞うため故郷に帰った私の日々の様子。

下巻は、先生が私宛に書いた長い手紙の内容になっています。

 

物語の主軸は、独特な雰囲気を持つ「先生」への「私」の興味であり、私の目から見た先生の人物が、上中巻を通じて語られます。

下巻は一種、種明かしとも言える内容で、私が知りたがっていた先生の過去と秘密が、先生自身の筆によって一気に明かされます。

それでは、各巻の詳しいあらすじを見ていきましょう。

スポンサーリンク

上 先生と私

道路の上から海を臨む景色の写真書生だった「私」は、夏休みに鎌倉に滞在します。

一緒に行くはずだった友人が来られなくなり、1人で毎日海へ入っていた時、たまたま知り合ったのが「先生」でした。

先生は社交的な人ではありませんでしたが、なぜだか無性に先生のことが気になってしょうがない私は、東京に戻ってからも先生の自宅を頻繁に訪ね、彼の人となりを知ろうとします。

 

先生は毎月、雑司が谷に墓参りに行く習慣がありました。

私は誰の墓かと尋ねましたが、先生はここには1人で来ると決めていると言うばかりで、詳細を教えてはくれませんでした。

 

先生には美しい奥さんがあり、夫婦は仲睦まじく暮らしていましたが、奥さんにも、先生が世間を嫌う生活をするようになった理由はわからないと言います。

自分に悪いところがあるなら言って欲しいと言い募り、喧嘩になったこともありますが、先生は俺が悪いの一点張り。

大学時代に先生と仲の良い友人が変死するという出来事があり、それ以来変わってしまったようにも思えますが、奥さんにも確かではないのでした。

 

そうして先生との交友を深めていた私のところに、ある時、田舎の実家にいる父が大病を患ったという知らせが届きます。

一時帰郷することになった私に、先生は、家の財産の話は今のうちに付けておくこと、平素は善人であった人も、急に悪人に変わるのだということを言ってきます。

 

先生がそんな話をするのには、先生の過去が関係しているようでした。

しかし詳しいことを教えてはくれない先生に、私は、先生という人を知るために、その過去まで知りたいのだと真剣に主張。

先生はその時が来たら、自分の過去を打ち明けると私に約束してくれたのでした。

スポンサーリンク

中 両親と私

thum_796いったんは東京に戻ったものの、再び父の容態悪化を知らされた受けた私は、故郷へと帰ります。

 

しばらくを実家で過ごし、まだ父は大丈夫だろうと思った私は東京に帰ろうとしますが、東京へ帰る、まさにその日に父が昏倒。

私は帰京を延期して、また実家に留まります。

 

そんな時、先生から話がしたいから東京へ帰れないかという電報が届きました。

私は父が重篤である旨を手紙にしたため、まだ帰れないと返事を送ります。

しかし、その手紙がまだ届いていないだろううちに、やはり来なくていいと、また先生から電報が来ます。

 

結局私は東京へは帰らず、父の容態は悪化の一途を辿り、最期はいよいよ迫っていると見えました。

もうあと数日だろうかという時、先生から長い長い手紙が届きます。

看病の合間を縫って手紙を覗き読んだ私の目に入ってきたのは、こんな一文。

「この手紙があなたの手に落ちる頃には、私はもうこの世にはいないでしょう。とくに死んでいるでしょう」

 

いてもたってもいられなくなった私は、東京行きの列車に飛び乗ります。

列車の中で私が読んだ、先生からの手紙そのものが、下巻の内容です。

下 先生と遺書

叔父の裏切り

資産家の家に生まれた先生は、不自由ない生活を送っていましたが、両親は若くして病気で亡くなります。

両親の死後、遺産の管理と先生のことは父の実の兄弟である叔父に託され、先生は東京の大学へ進学しました。

 

先生は事業家である叔父を慕い、頼りにしていましたが、叔父の不審な行動を機に、自分が東京へ出ている3年間に、遺産の大部分を叔父に奪われていたことに気付きます。

信頼する叔父に裏切られたという事実は、先生の心に深い傷を残しました。

 

赤い傘を手にした羽織袴の女性の写真遺産はかなり減っていましたが、学業を続けていけるほどには残っており、先生は失意のうちに東京での学生生活に戻ります。

帰京後は、戦没軍人の未亡人とその娘である「お嬢さん」が暮らす家に下宿。

彼女たちと過ごすうちに、人に対する猜疑心もほぐれ、やがて先生はお嬢さんに恋心を抱くようになりました。

 

その頃、先生は同郷の友人であり、同じく東京へ進学していた親友Kと再会します。

Kは寺の次男で、医者の家へ養子に出され、当然ながら医者になることを養父母に期待されていました。

しかし、Kは宗教の道を志しており、養父母を偽って、医学部ではない学科へ進学します。

ある時、その事実が養父母に知れ、Kは自ら学費を稼ぎながら学校に通いましたが、多忙な生活に、徐々に心身を病んでいきました。

親友Kとお嬢さんへの恋

花の飾られた和室の写真Kをなんとか助けたいと思った先生は、Kを自分と一緒に、お嬢さんの家に下宿させます。

最初は頑なで打ち解けない態度のKでしたが、だんだんと下宿での生活に慣れていき、時にはお嬢さんと2人で会話する場面すら目にするようになりました。

同時に、お嬢さんに恋する先生の胸の中には、Kへの嫉妬の気持ちがわくようになったのです。

 

そんな中、先生は不意にKから、お嬢さんへの恋心を打ち明けられました。

宗教家であるKにとって、恋は道を妨げるものでした。

厳しい禁欲を説く宗教の道と、お嬢さんへの気持ちで揺れるKの相談に対し、先生は、いつか自身がKから言われた言葉でもある「精神的に向上心のないものは、馬鹿だ」という、厳しい返事を返します。

 

Kの告白の後、不安になった先生は、お嬢さんの母である奥さんに、お嬢さんをくださいと頼み、承諾を得ました。

そのことをKに言えないままでいましたが、先生が言うより早く、Kは奥さんから2人の婚約の事実を知ります。

Kが自殺したのは、先生がそれを知った日の晩のことでした。

Kの自殺

遺書と書かれた便箋とペンの写真Kは、下宿の自室で頸動脈を切って自殺していました。

先生がKを発見した時にはすでに事切れており、残されていたのは先生宛に書かれた一通の遺書。

そこには、自分は薄志弱行(意思が弱く、行動力がない)で行く先の望みがないから自殺する、とだけあり、お嬢さんのことはもちろん、それ以上のことは何も書かれてはいませんでした。

先生は、Kが好んで散歩していた雑司が谷にKの墓を作り、やがてお嬢さんと結婚します。

しかし、妻となったお嬢さんと顔を合わせる度に、人知れずKへの罪悪感に脅かされるのでした。

 

Kを忘れたい先生は、時に書物に溺れ、時に酒に溺れてもみましたが、Kを忘れることはできません。

妻に真実を話すことも考えましたが、妻を傷つけるとわかっていたので、それもできません。

人を欺くという行為は、自分が最も憎む裏切り者の叔父と同類の行為であり、そのこともまた、先生を絶望させました。

一度ならず死ぬことも考えましたが、妻のことを思い、死んだつもりで生きていこうと決心して過ごしてきたのです。

明治天皇の崩御と先生の自殺

しかし、その先生に自殺を決心させる出来事が起こりました。

それは、明治天皇の崩御と、乃木大将の殉死。

「殉死」という言葉を聞いた時、先生は強く心を動かされます。

35年間、死ぬ機会を待っていた(※)という乃木大将の死の背景を知った先生は、その姿に自分を重ね合わせたのか、乃木大将殉死の報が出た数日後に自殺を決心し、妻が出かけている間に、私に宛てた手紙を書きました。

※乃木大将は戦争で多数の部下を死なせたことを悔み明治天皇に切腹を申し出ましたが、天皇に朕が生きているうちは自決は許さぬ、と止められました。その明治天皇が崩御した後、乃木大将は妻と共に自刃。殉死のニュースは日本のみならず世界中で広く報道されました。

手紙の最後は、次の一文で結ばれます。

「私が死んだ後でも、妻が生きている以上は、あなた限りに打ち明けられた私の秘密として、すべてを腹の中にしまっておいて下さい。」

こころの読書感想文のポイント

原稿用紙と鉛筆を握った手の写真「こころ」は、人の気持ちの揺れ動きやその背景を丁寧に描写した小説です。

エンタメ作品のように、単純に面白い、つまらないと言えるものではないので、読書感想文も書きにくいかもしれませんね。

ここでは、こころの読書感想文を書く視点やポイントを3つ紹介します。

何を書けばいいかわからないという人は、このポイントに沿って、あなたの感じたことを書き出してみてください。

Kはなぜ死んだのか

格子状の障子のシルエットの写真先生とお嬢さんの婚約を知った数日後、下宿の自室で命を絶ったK。

Kはなぜ、死を選んだのでしょうか?

単純に考えれば、先生の裏切りに絶望したということになるでしょうが、そうとも言い切れない事情もいくつかあります。

 

Kが、養父母の期待に背いてまで学ぼうとした、熱心な宗教家であったこと。

実家とも養父母とも折り合いが悪く、先生の他には友らしい友もいなかったこと。

婚約を知った後も、Kがその話題に一切触れず、まったくいつも通りに先生と接していたこと。

遺書には、先生にもお嬢さんにも、何の言葉も残されていなかったこと。

 

先生は後に、Kは失恋ではなく、1人でいる寂しさが原因で死んだのではないかと考えましたが、あなたはどう思うでしょうか?

Kが自殺した理由や心情を、あなたなりに考えてみましょう。

あなたが先生だったらどうしたか

先生は、Kへの罪悪感と妻への愛情に挟まれ続け、最後には耐え切れず死を選びました。

もしあなたが先生の立場だったら、どうすると思いますか?

 

先生と同じように、すべてを黙ったまま死を選ぶでしょうか。

あるいは、すべてを妻に打ち明けるでしょうか。

あなたが先生だったらどうしたか、自殺以外の選択肢はなかったのかを考えてみましょう。

妻にとっての幸せとは

着物姿の女性の後姿の写真先生とKを悩ませた事の発端は、お嬢さんへの恋でした。

しかし、お嬢さん本人はKの気持ちも、先生とKの間にあった出来事も知りません。

先生は死の間際にも、妻にはすべてを秘密にするようにと私に念を押していきました。

 

あなたは先生の妻にとって、すべてを知ること、知らないこと、どちらが幸せだと思いますか?

また、あなたが妻の立場だったら、先生に何を望み、どんな行動を取ると思いますか?

 

同じ出来事や人物でも、視点が変われば見方も大きく変わります。

「こころ」という物語を、妻の視点から考えてみましょう。

まとめ

夏目漱石の「こころ」が発表されたのは、1914年。
今から100年以上も前のことです。

こころを読むと、結婚、恋愛、仕事に対する自由度や考え方が、今とはまったく違ったであろうことが伺えます。

現代のあなたがこころを読んでも、なぜそんなことで悩むのか、なぜそうなるのかと、理解できない部分があるかもしれません。

でも、その違いを考えることで、こころが発表された当時の人たちとは、また違った読み方・楽しみ方ができるのではないでしょうか。

あらすじを読んで興味を持った人は、ぜひこころの原作も読んでみてくださいね。