料理に使う生クリームの代用品2つ。少量だけ使いたい時に便利!

生クリームの代用は、牛乳かコーヒー用クリームで!

大さじ1の生クリームのために、消費期限が短くて高い生クリームを買いたくない…

そんな時は、次の3つで代用できます。

  • 牛乳+バター(マーガリンでも可)
  • コーヒーフレッシュ
  • 森永クリープ+牛乳

これなら常備していることも多いし、買うにしても生クリームより安く、余っても使い途がありますよね。

風味のうえでは本物の生クリームには劣りますが、パスタやオムレツなどの料理に使ったり、チーズケーキの生地に入れるなど、少しだけ生クリームが使いたいという場合には便利です。

では、この”なんちゃって生クリーム”の作り方&使い方を、もうす詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

生クリーム代用(1)牛乳:バターを3:1で混ぜる

牛乳パックの写真私が1番よく使うのは、牛乳とバターを3:1の割合で混ぜて作る、なんちゃって生クリーム。

牛乳大さじ1なら、バター小さじ1。

牛乳大さじ3なら、バター大さじ1という具合です。

バターは電子レンジなどで溶かしてから混ぜてくださいね。

少し風味は落ちますが、バターがない場合はマーガリンでもOK!

 

そもそも生クリームとは牛乳から脂肪分だけを分離させたもので、市販の生クリームの脂肪分はだいたい30~40%くらいです。

これを再現するために、牛乳の1/3程度の脂肪分をバターで添加したのが、このなんちゃって生クリームというわけ。

とろみやコクが欲しい時は、小麦粉を少量加えてみてください。

 

シチュー、パスタソース、チーズケーキ、焼き菓子…

などなど、生クリームの代わりに広く使えるので、覚えておくと便利です。

当たり前ですが泡立ててもホイップクリームのようにはならないので、デコレーション用のホイップクリームは、水切りヨーグルトなど別の物で代用してくださいね。

 

続いては、さらに簡単に使える生クリーム代用品です。

スポンサーリンク

生クリーム代用(2)コーヒーフレッシュ

2つ目はコーヒーフレッシュ。

意外と中身の正体を知らない人も多いと思うのですが、コーヒーフレッシュの原料は植物性油脂。

ミルクの加工品ではなく、実は油の加工品なんですね。

生クリームを模して植物性油脂から作ったクリームなので、生クリームの代用にはまさに適役。

少量使いたいだけなら、コーヒーフレッシュを何個か開ければ事足ります。

ただし、本家生クリームに比べると脂肪分は低いので、風味が足りない場合はバターを加えて調整しましょう。

生クリーム代用(3)コーヒーフレッシュかクリープ

コーヒーフレッシュの仲間である、森永クリープも生クリームの代用品として使えます。

クリープはコーヒーフレッシュの中ではちょっと特殊で、植物性油脂ではなく乳製品由来のコーヒークリーム。

公式サイトにも、「コーヒーや紅茶に入れるだけではなく、牛乳や生クリームのように料理やスイーツにも活用できるんです!」との記載があり、実際のレシピがいくつか紹介されています。

その中で生クリームの代わりに使われているのが、牛乳大さじ1にクリープ大さじ2を溶かした”クリープクリーム”。

その他のレシピも牛乳とクリープをセットで使っているので、まずは上記の配合を基本に、お好みで加減すればいいのではと思います。

 

クリープはパウダー状なので、保存しやすく少量でも使いやすいのが何よりのメリット。

料理中って、バターを切ったり測ったりするのもちょっとした手間ですが、クリープならサッとすくって使えるので楽チンです。

原材料も「乳製品、乳糖」とシンプルに2つだけなので、個人的に添加物が多いコーヒーフレッシュより、クリープクリームのほうが安心して使えます。

 

以上、牛乳+バター、コーヒーフレッシュ、クリープ+牛乳という、3つの生クリーム代用品を紹介しました。

わざわざ生クリームを買うほどじゃない!という時には、試してみてくださいね。

ケーキ生地やデコレーションに使う生クリーム・ホイップクリームの代用品は、こちらで紹介しています!≫