コーヒーの味の違いって?味の好み別おすすめコーヒー豆はコレ!

コーヒーの味の違いを覚えて、自分好みのコーヒーを飲もう

コーヒーの写真。白いカップ&ソーサーに入ったブラックコーヒーモカ、キリマンジャロ、ブルーマウンテン…。

全部コーヒーの種類であることは知っていても、それぞれがどんな味なのかはわからなくて、なんとなく感覚だけでコーヒーを選んでいませんか?

お店で、自宅で、コーヒーを飲む機会は多いもの。せっかく飲むのなら、自分好みの味のコーヒーを選べたほうがいいですよね。

コーヒー初心者にもわかりやすいように、苦味や酸味、スッキリ感など、味の好み別におすすめのコーヒー豆を紹介します。

どこのお店やスーパーでも見かけるスタンダードなコーヒー豆をピックアップしたので、次にコーヒーを買う時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

これを選べば失敗しない!バランス型コーヒー
ブルーマウンテン、グアテマラ

コーヒー豆の写真とりあえずこれを選んでおけば失敗しないという、バランスのよいコーヒーをお望みなら、ブルーマウンテンかグアテマラ。

ブルーマウンテンは、コーヒーの王様とも呼ばれるバランスのよいコーヒー。苦味、酸味、コク、香りなど、すべてのコーヒーの特徴を併せ持つと言われる万能型のコーヒーです。

グアテマラは果実のような香りと酸味が特徴ですが、ほどよいコクもあって飲みやすいコーヒー。ブラックでも、ミルクや砂糖を入れても、どちらでも美味しく飲めるコーヒーです。

スポンサーリンク

酸味が強くスッキリ、日本人に人気のコーヒー
モカ、キリマンジャロ

日本人に人気の高いコーヒーであるモカとキリマンジャロ。どちらも酸味が強くスッキリとした飲みくちが特徴です。

モカは青い果実のようなフレッシュな香りと酸味を持ち、日本では特に人気があるコーヒー。

キリマンジャロは強い酸味と甘い香りが特徴のコーヒー。口に残る酸味ではなく、後味はスッキリしています。

コクのある、まろやかなコーヒー
コロンビア

コーヒーの写真。落ち着いた花がらのカップ&ソーサーにコーヒーが入っているコクのある、まろやかなコーヒーが飲みたいならコロンビアを。

コロンビアは甘い香りとまろやかな酸味を持ち、マイルドで上品な味わいが特徴のコーヒー。

力強いコクは、エスプレッソにも適しています。

苦味の強い、重厚なコーヒー
マンデリン

酸味が少なく苦味の強い、重厚なコーヒーが飲みたいならマンデリンがおすすめ。

マンデリンは、深いコクとはっきりした苦味が特徴のコーヒーです。酸味がないので、酸っぱいコーヒーが嫌という人はマンデリンをどうぞ。

ブラックはもちろんですが、ミルクを入れてカフェオレにするのにも向いています。