2016年の土用の丑の日はいつ?今年のうなぎは、この日に食べよう!

毎年変わる土用の丑の日。2016年は何月何日?

うなぎの蒲焼が乗ったうな重の写真うなぎを食べる人して知られている、土用の丑の日。

土用の丑の日のことは知っていても、日付や時期を聞かれるとアレっ?となる人も多いのではないでしょうか。

実は土用の丑の日は年によって違うので、そもそも覚えにくいという事情もあります。

2016年の土用の丑の日は7月30日(土)。

奮発してうな重を食べに行くもよし、スーパーでうなぎを買ってきて食べるもよし。2016年の土用の丑の日も、美味しいうなぎでスタミナを付けたいですね。

スポンサーリンク

土用の丑の日ってどんな意味?

土用の丑の日の「土用」や「丑」という言葉、あまりなじみがありませんが、もとは中国の五行説から来ています。

土用とは季節の変わり目の時期を指し、丑とは十二支の丑のこと。昔は日付を指すのに数字ではなく十二支を使っていたので、土用の時期の丑の日が土用の丑の日です。

日本では土用の丑の日=夏のイメージが強いですが、季節ごとに土用があるので、実は土用の丑の日は1年に4回以上あるんですよ。

関連記事)
土用の丑の日とは?なぜうなぎを食べるのか、丑の日の意味と由来について≫

スポンサーリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる理由は?

土用の丑の日にだけ、うなぎを食べる習慣の起源は諸説ありますが、最もよく知られているのは平賀源内の発案とする説。

江戸時代に万能の天才として高名だった平賀源内。ある時、うなぎ屋さんから売上を上げたいと相談され、「本日土用の丑の日」の張り紙を店頭に出すよう提案

当時は丑の日に「う」の付く食べ物を食べると体に良いと信じられていたことから、このアイデアがヒットし、うなぎ屋さんは大繁盛。

これが現在の土用の丑の日の起源だと言われています。平賀源内の機転が、うまく当時の状況にマッチしたんですね。

うなぎはビタミンAをはじめとするビタミン類が豊富で、夏バテによる疲労や食欲不振の改善に効果的。夏にうなぎを食べることは、健康のため理にかなったことでもあります。

2016年の夏も、うなぎパワーで元気に乗り切りましょう!