2017お中元を贈る正しい時期と、貰って嬉しい商品ランキング

2016年のお中元、準備はできていますか?

のしのかかったお中元の品と冷たいお茶の写真日本の夏のご挨拶、お中元。

そろそろお中元の時期…と思っていても、1年に1回のことなのでマナーを忘れていたり、何を贈るか迷ったりしますよね。

お中元を贈る正しい時期は?
今、お中元の品として人気があるものは何?

お中元の贈り方、2016年版をお届けします。

スポンサーリンク

お中元の時期は関東と関西で違う

お中元の時期は、実は関東と関西で異なります。

関東では7月頭から15日まで、関西では8月頭から15日までが一般的なお中元の時期です。

ただ、最近は関西のお中元シーズンも早まってきています。2016年の現在では、関西の方に7月にお中元を贈っても、特別失礼にはあたりません。

地域によっては8月が普通とされていることもありますが、時期に関して迷うようなら、地域に関わらず7月15日頃に届くように手配するのが無難でしょう。

関連記事)
お中元はいつからいつまで?お中元の正しい時期≫

スポンサーリンク

お中元に人気の品は?お中元で貰って嬉しいものランキング

せっかく贈るのなら、相手に喜んでいただける品を贈りたいもの。

カタログギフトのリンベル調べによる、「お中元で貰って嬉しかったもの」ランキングは次のようになっています。

  • 1位 … 商品券・ギフトカード(53%)
  • 2位 … カタログギフト(33%)
  • 3位 … ビール・発泡酒(30%)
  • 4位 … コーヒー・紅茶・お茶(18%)
  • 5位 … ハム・ソーセージなどの加工肉(17%)
  • 6位 … お食事券(15%)
  • 7位 … 洋菓子(13%)
  • 8位 … 肉類(11%)
  • 9位 … ジュース類(9%)
  • 10位 … フルーツ(8%)

1位は53%という圧倒的な支持で、商品券・ギフトカード。

金額がはっきりとわかるものなので、贈る側としては少々選びにくい感もありますが、受け取る側としては、下手に好みに合わない品を貰うより、実用性があっていいのでしょうね。

2位にカタログギフトが入っているのも、品物を自分で選べる点が支持されてのランクイン。

3位のビールはお中元の定番ギフト。お中元用のビールギフトはプレミアムビールが多いので、普段買わないビールが飲めて嬉しいというのが人気の理由でした。

毎年ビールでは飽きるかな?他の人とかぶるかな?とも思いますが、毎日飲んでも飽きず、保存も効くビールなら、たくさん貰っても困りませんよね。

2016年のお中元がまだ決まらない人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。