お中元って何?今さら聞けない、お中元の時期と意味

お中元の時期はいつ?そもそもお中元を贈る意味って…?

贈答品を前に着物の女性が手をついている写真日本の夏の風習、お中元。

お歳暮と同じく、お世話になっている人などへ贈り物を贈答する風習です。

子供の頃は家に届くお中元の中身に期待したものですが、自分が社会人になってみると、今度はお中元を贈る立場。

お中元を贈る時期はいつ?
そもそもお中元とは誰に、何のために贈るもの?

意外と自信を持って答えられませんよね。お中元の時期や意味など、大人が知っておきたいお中元の基礎知識をまとめました。

スポンサーリンク

お中元の時期は関東と関西で違う

赤い風呂敷に包まれた贈答品の写真お中元の時期は、実は関東と関西とで1ヶ月ほどのズレがあります。これは、関東では新暦、関西では旧暦でお中元を行っているため。

関東のお中元時期は7月はじめから15日まで。関西のお中元時期は7月中旬から8月15日までが一般的です。

お中元を贈る相手が住んでいる地域によって時期が異なるので、発送時期や日付指定には注意しましょう。

ただし、最近では関西でもお中元を贈る時期が早まる傾向があり、関西でも7月に発送されることが増えているようです。

関東と関西、どちらに合わせるべきか判断しにくい場合は、7月15日に届くようにしておくのが無難でしょう。

スポンサーリンク

お中元の時期を過ぎてしまったら?

お中元の時期を過ぎてしまった場合は、のし書きを暑中見舞い、もしくは残暑見舞いとして贈答品を送ります。

多少の地域差はありますが、8月7日の立秋までは暑中見舞い、立秋を過ぎたら残暑見舞いとするのが一般的です。

そもそも、お中元ってどんな意味を持つ行事?

お盆の提灯飾りの写真中元とは、もとは中国の道教に由来する言葉で、1年を3つに分けたうちの真ん中の日を意味します。

中国ではこの中元の日に先祖供養をする風習があり、これが日本に渡ってお盆となりました。

日本でお中元の習慣が始まったのは江戸時代。お盆のお供えをするのと一緒に、商売相手やお世話になった人にも感謝の気持ちを込めて贈り物をするようになったのが始まりです。

ご先祖さまや周囲の人たちなど、今の自分を作り、支えてくれている人たちへの感謝の気持ちを示すのが、お中元の始まりだったということですね。

喪中の人にお中元を贈ってもいい?

お中元はお祝い事ではなく季節の挨拶や感謝を示すための習慣なので、喪中の人にお中元を贈っても失礼にはあたりません。

ただし、四十九日が終わるまでの間は喪に服する時期ですから、忌明けまで待ってお中元を贈るようにしたほうがよいでしょう。

忌明けがお中元の時期を過ぎてしまった場合は、暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ります。