お盆のキュウリ飾りの意味と名称

お盆に飾るキュウリの飾りの重要な役割って…?

お盆の精霊馬のイラストお盆の時期になると、4本足の動物のようなキュウリの飾りを見かけることがありますね。

田舎に帰省した時や、おじいちゃん・おばあちゃんの家で見たという人は多いのではないでしょうか。

ユニークな形のこの飾りは精霊馬(しょうりょううま)といい、お盆には欠かせません。

キュウリで作るお盆の飾り、精霊馬の意味や役割について解説します。

関連記事)
お盆のナス飾りの意味と名称≫

スポンサーリンク

キュウリの馬、精霊馬の持つ意味って?

キュウリの馬の正式名称は、精霊馬。

仏教では、人が亡くなった後に霊となって別の世界に移るという信仰があります。

亡くなった人の霊のことを精霊(しょうりょう)と言い、精霊のための乗り物なので精霊馬と言います。

お盆の期間は、ご先祖さまがあの世からこの世に帰ってくるとされていますよね。ご先祖さまがあの世から家に帰って来る時に乗る乗り物が、あのキュウリの馬なのです。

精霊馬の作り方は簡単で、キュウリに4本に切った割り箸を刺して作ります。

地方によってはゴマで目を付ける、とうもろこしの穂で尻尾をつける、キュウリを2つにカットして頭と胴体を作るなど、よりリアルな馬に近づける工夫をしていることも。

最近では、ご先祖さまがよりスピーディに帰って来られるようにと、キュウリでバイクや飛行機を作る人もいるんだとか。

伝統的なお盆飾りをアレンジしてしまうことには賛否があるかもしれませんが、ご先祖さまに早く帰ってきて欲しいという気持ちの表れと思えば、一概に叱ることもできないのではないでしょうか。

でも、キュウリのバイクだなんて見慣れない乗り物がお迎えに登場したら、ご先祖さまや周りの精霊もビックリしてしまいそうですね。

スポンサーリンク

キュウリ飾りとナス飾りの違いと意味

ナスで作った精霊牛のイラストお盆に飾る精霊馬は、キュウリとナスがセットです。

2つをまとめて精霊馬とも呼ぶことが多いですが、ナス単体にも名前があり、精霊牛といいます。

すらりと細いキュウリの馬に対して、ずんぐりしたナスで牛を表しているんですね。

馬と牛の2頭をお供えするのには、ちゃんと意味があります。

すなわち、この世へ来るときには足の速い馬で急いでお迎えし、あの世へ帰る時にはお土産がたくさんあるので、牛に乗せてゆっくり帰っていただくという意味。

そのため、キュウリの馬はお盆が始まる時には内向きに飾り、終わる時には外向きに飾ります。

ナスの牛は帰りの乗り物なので、ずっと外向きです。

野菜なら何でもいいわけではなく、ちゃんと意味があってのキュウリとナスの飾りなんですね。

お盆には心を込めて精霊馬を作り、ご先祖さまをお迎えしましょう。