卒業式のコサージュの選び方。浮かない&上品な色と付け方は?

卒業式のコサージュ、どんな色と付け方なら浮かずにキレイ?

淡いピンク色のバラのコサージュの写真子供の卒業式に出席する時は、黒スーツが定番。

黒スーツは用意したものの、コサージュはどうしようかと迷っているママさんもいるのではないでしょうか。

卒業式はおめでたいものなので、全身黒ずくめではそぐわないし、かといってあまり派手に着飾っても浮いてしまいそうで心配ですよね。

どんな色やデザインのコサージュなら、卒業式にふさわしいのか?

卒業式のスーツに合わせるコサージュの色や付け方についてまとめました。

スポンサーリンク

そもそも、卒業式のスーツにコサージュは付けるべき?

卒業式のスーツにコサージュを付けるか、付けないかについては、特に決まったマナーはありません。

黒スーツで出席といっても、卒業式は弔事ではなく、子供たちの門出を祝うおめでたい場ですから、多少のお洒落で場に華を添えることはまったく問題ありません。

黒スーツだけではちょっと地味だな…と感じるのなら、コサージュを使って大丈夫です。

ただし、卒業式の主役はあくまでも子供たち。また、保護者としては、長年お世話になった先生たちに敬意と感謝を示す場でもあります。

そういった点を踏まえて、卒業式という場にふさわしく、失礼のないコサージュを選びましょう。

スポンサーリンク

卒業式のコサージュの色とデザインについて

卒業式に付けるコサージュの色とデザインは、派手すぎないことが基本。

赤や紫などの色の濃いもの、大きな模様の付いたもの、ビジューやリボンが主張しすぎる派手なデザインのものは、卒業式という厳粛なセレモニーの場にはそぐわないので避けましょう。

おすすめはやはり、淡い色のパステルカラーのコサージュ。控えめだけれど上品に、黒スーツに花を添えてくれますよ。

 

卒業式のコサージュを付ける位置について

コサージュを付ける位置に決まりはありませんが、左胸に付けるのが一般的です。襟のあるスーツを着用する場合は、襟に止めるようにして付けましょう。

顔がきれいに見えるコサージュの位置は、胸より少し上、鎖骨のあたり。

コサージュを付ける位置があまりに下過ぎると、見る人の視線が下に集中してバランスが崩れてしまいます。

鏡を見ながら、全体のバランスがきれいに見える位置に調整してくださいね。

個性を出したいなら、生花のコサージュもおすすめ

子供1人に1回しかないセレモニーである卒業式、せっかくならコサージュだって個性のあるお洒落をしたい…という人には、生花のコサージュもおすすめです。

1回使い切りにはなりますが、本物のお花の美しさ、上品さはやはり格別。卒業式が終わった後も、数日間はお部屋に飾っておけますから、記念にもなりますよ。

コサージュなら使うお花の本数も少ないので、1000~2000円程度で作れます。

お近くの花屋さんにコサージュが作れるか相談するか、あるいはミニブーケに安全ピンなどを留めて自分でコサージュに加工すると良いでしょう。

値段は上がりますが、卒業式の記念を残したい、入学式や次回の卒業式でも使う予定があるという場合なら、プリザーブドフラワーのコサージュという選択肢も。

主役はもちろん子供ですが、ママにとっても感慨ひとしおの卒業式。素敵なコサージュで、思い出に残る1日を過ごしてくださいね。