2015年のお彼岸はいつ?お彼岸は何をする日?

お彼岸は3月と9月、年2回の先祖供養

彼岸花の写真。赤く花開いた彼岸花が一輪アップで写っているお彼岸とは、春分の日・秋分の日を中心とした前後3日間の計7日間。ご先祖様を供養する、日本独自の仏教習慣です。

2015年のお彼岸は次の2回。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これはお彼岸がちょうど季節の変わり目であることに由来します。

  • 春彼岸 3月18日(水)~24日(火)
  • 秋彼岸 9月20日(日)~26日(土)

では、この期間はどうやって過ごすものなのでしょうか。

「お彼岸ってそもそも何?」
「先祖供養なら、お盆と何が違うの?」

いろんな疑問も出てきますね。日本人であっても意外と知らない、お彼岸の由来や習慣を紹介します。

スポンサーリンク

お彼岸とお盆の違い

夏のお盆が先祖供養の行事であることはよく知られています。仕事もお盆休みになることが多いですよね。

お彼岸も同じく先祖供養の行事ですが、お盆とお彼岸は起源が少し違います。

お盆の起源はインドにあり、ご先祖さまを家に招いて、供養をしてお見送りすること。

一方のお彼岸は日本独自の習慣で、お盆のようにご先祖さまを招くことはせず、法要やお墓参りをしてご先祖さまに感謝と供養をするものです。

中国やインドなど、他の仏教諸国にはお彼岸はありません。太陽が西に沈むことから、日本では極楽浄土は遥か西にあると考えられていました。春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈む日。そのため、この日に極楽浄土に思いを馳せ、浄土にいる先祖を敬い、自らも極楽に近づけるよう修行するようになったと言われています。

日本でお彼岸が行われるようになったのは平安時代。当初は朝廷の行事として行われており、現在のように、お彼岸に供養やお墓参りをすることが一般市民に定着したのは、江戸時代になってからです。

スポンサーリンク

お彼岸という名前の由来

仏教では、苦難の多いこの世を此岸(しがん)、悟りの世界である、あの世のことを彼岸と呼びます。

この世の苦行から解放されて彼岸に至るには、仏教の教えである6つの修行を行うこととされています。この修業に励み、仏教徒として正しい行いをして彼岸に近づくのがお彼岸の由来です。

お彼岸が7日間あるのは、1日がご先祖さまへの感謝、残る6日間は、6つの修行を1日ひとつずつ修めるためという意味があります。

お彼岸の過ごし方

ぼた餅・おはぎの写真。赤い皿におはぎが1個乗っているお彼岸を迎えたら、お仏壇やお墓をきれいに掃除して、お花やお菓子をお供えし、ご先祖さまを供養します。

この時、春のお彼岸にはぼた餅を、秋のお彼岸にはおはぎをお供えするのが習わしです。小豆に邪気を払う力があると考えられていたことから、お供えに使われるようになりました。おめでたい時に炊くお赤飯も、小豆ですよね。

さて、ぼた餅おはぎって、何が違うのでしょう?

答えは、ぼた餅もおはぎも同じもの!

春と秋、それぞれの季節の花にちなんで、春は「牡丹」から「牡丹餅(ぼたもち)」、秋は萩から「御萩(おはぎ)」と呼び方を変えているのです。

同じ物でも季節によって呼び方を変えるなんて風流ですよね。日本人が、いかに季節感を大切にしてきたかがわかります。