お彼岸に結婚の顔合わせをしても問題ない?

ワイングラスの置かれたテーブルに着席している女性の写真お墓参りや仏壇のお清めをして先祖供養するお彼岸。

そんなお彼岸の時期に、結婚の挨拶をしたり、顔合わせをしてもいいのかどうか?

婚約者と互いの家への挨拶へ行く候補日がお彼岸に重なると、非常識だったり失礼なことではないのか、気になってしまいますよね。

お彼岸と結婚の挨拶のマナーについて説明します。

スポンサーリンク

お彼岸は喪中ではないので、慶事を慎む必要はない

お彼岸は先祖供養の仏事ではありますが、喪中ではありません。

ですから、慶事を慎まなければいけないという決まりはなく、お彼岸の時期に結婚の顔合わせや挨拶をすることは、仏教的な禁忌にはあたりません。

関連記事)
お彼岸に結婚式を挙げるのはマナー違反?お彼岸挙式の常識とは≫

お彼岸に結婚式の招待状を送るのはマナー違反か?≫

ただ、お彼岸に慶事を避ける人がいるのも事実です。

供養の時期にお祝い事をするのはちょっと…という心理的な抵抗があるからでしょう。

一方で、お彼岸にはお墓参りに出かけたり、供養にいらっしゃるお客さまを迎えたりで忙しいという、現実的な事情もあります。

スポンサーリンク

お彼岸の顔合わせ、ある・なしは人によって受け取り方が違う

マナーや作法のうえでは、お彼岸に顔合わせをすることはマナー違反にはなりません。

ですが、お彼岸のお祝い事を良く思わない人もいること、お彼岸はお墓参りや法要の予定が入りやすいことを考慮すると、顔合わせがお彼岸時期で問題ないかどうか、両家の考えを確認しておいたほうが良いでしょう。

「お彼岸で親族が集まるので、挨拶に来てもらえれば皆に紹介できて良い」

と考える人もいれば、

「供養の時期に結婚の顔合わせなど、場にそぐわない」

と考える人もいます。どちらが良い・悪いということではなく、個人やその家の考え方の違いです。

両家とも特に気にしないのであればお彼岸に顔合わせをすれば良く、もし誰かが難色を示すのであれば、わざわざトラブルの種になりそうなお彼岸を選ばなくとも良いでしょう。

結婚は2人だけのことではなく、両家の長い親戚付き合いの始まりでもあります。

せっかくの顔合わせ、全員が晴れ晴れとした気持ちで迎えられるよう、最適な時期を選んでくださいね。

新姓の印鑑、もう作りましたか?

結婚するとパスポートに免許に銀行口座に…と、何かと手続きが必要。

同時に、新しい印鑑も作らなければいけませんよね。

新しい名字で作る印鑑、せっかくなら可愛いものを作りたいと思いませんか?

印鑑の専門ショップ「おしゃれはんこ」では、女性におすすめのお洒落なデザインの印鑑が勢揃い。


透明なアクリル印鑑の中を金魚が泳ぐ、和柄印鑑とケースのセット≫


ハローキティやキキララなどが揃う、キュートなサンリオはんこシリーズ≫

他にもラメクリスタル印鑑、高級蒔絵印鑑など、思わず何本も作りたくなるほど素敵なデザインがたくさん。

これからずっと使うことになる新姓の印鑑、ぜひ「おしゃれはんこ」でお気に入りを見つけてみてくださいね!

即日発送OK!印鑑専門店「おしゃれはんこ」公式HPへ≫