お彼岸に結婚式の招待状を送るのはマナー違反か?

お彼岸の時期に招待状を出したら、非常識と思われる…?

花束と招待状の写真お墓参りや法要で、先祖供養をするお彼岸。

仏事を行うこの時期に、結婚式の招待状を送ってもいいのかどうか…?

出欠を確認するためにも、招待状は早めに手配したいところですが、到着時気がお彼岸にかぶる時は、ちょっと気になってしまいますよね。

結婚式の招待状をお彼岸に送る是非やマナーについて説明します。

スポンサーリンク

お彼岸に結婚式の招待状を出すのはマナー違反ではない

お彼岸は先祖供養の行事ではありますが、喪中とは違います。

ですから、お彼岸に結婚式をしたり、招待状を出すこと自体は仏教的な禁忌ではありませんし、マナー違反にもなりません。

関連記事)
お彼岸に結婚式を挙げるのはマナー違反?お彼岸挙式の常識とは≫

ただ、年配の人を中心に、お彼岸には慶事は避けるべきと考える人もたくさんいるのも事実。

ウエディングプランナーさんや結婚式場にに招待状を送る日について聞くと、「結婚式の招待状を投函する際は大安など、お日柄の良いを選ぶようにしてください」と言われることがあります。

これは縁起が良い悪いということではなく、お彼岸や仏滅に招待状を出したり受け取ったりすることを、あまり良く思わない人もいることを知っているからでしょう。

スポンサーリンク

無用なトラブルを避けるなら、お彼岸の招待状は避けたほうがベター

招待状を投函する日にち自体には、必ずこうというマナーがあるわけではありません。

招待状の投函日にまで気を遣う必要はないという人もいれば、慶事であるからには招待状も大安に発送すべきという人まで、感じ方や考え方は様々です。

けれど、結婚式にはたくさんの人が来ますし、親戚ともなれば、親族としての長いお付き合いの始まりでもあります。

お彼岸に招待状を受け取ることを非常識だと感じる人が1人でもいる可能性があるのであれば、無用なトラブルを避けるためにも、その時期は避けて発送したほうが無難でしょう。

お彼岸にどれくらい重きを置いているかは、その家によっても大きく異なります。

結婚式の時期が迫っているなどで、どうしてもお彼岸時期に招待状を発送しなければならない事情がある時は、一度両家の両親にも相談しておくと、誤解やトラブルを避けられるかもしれません。