お彼岸用の熨斗紙マナー。正しい水引の選び方&表書きの書き方とは

お彼岸に持参する、お供えの品の熨斗紙や表書きのマナー

結び切りの掛け紙がかかった箱の写真お墓参りや法要を行うお彼岸の時期。

親戚や知人の家に、お供えの品を持って供養に伺う機会もあるでしょう。

でも、そんな時迷ってしまうのが熨斗紙の書き方。

こうしたことは気持ちが大切とはいえ、大人の常識として、マナーはきちんと守りたいものです。

お彼岸の熨斗紙の正しい書き方や選び方について説明します。

スポンサーリンク

お彼岸のお供えにかけるのは熨斗紙ではなく「掛け紙」

熨斗(のし)とは、もともとはアワビを薄く伸ばした縁起物を、贈り物に添えたもの。のしアワビとはずいぶん豪華ですよね!

でも、さすがに毎回アワビを使うのは苦しかったのが、だんだんと昆布や紙で代用するようになりました。

それが現在の熨斗紙の原型です。もとは縁起物ですから、熨斗とは本来は慶事の時に使うもの。

お彼岸などの弔事に使うものは、正式には熨斗紙ではなく、掛け紙と言います。

使い分けしなくても通じはしますが、熨斗紙と掛け紙では意味が違うということくらいは、覚えておいてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

お彼岸の掛け紙に使う水引の種類と色

お彼岸のお供え品に使う掛け紙には、結び切りの水引を使います。

結び切りは結び目が固く、簡単にはほどけないことから、繰り返さずに一度きりであって欲しい、という意味があります。

水引の本数にも意味があり、慶事では5・7・9本、お彼岸やお葬式などの弔事では2・4・6本の偶数を使用します。

数については、弔事用の掛け紙を選べば偶数になっているはずですので、わざわざ数えたりしなくても大丈夫でしょう。

お彼岸に使う水引の色には地域差がありますが、関東では黒白の結び切り、関西では黄白の結び切りが一般的です。

細かいマナーは地域によっても異なりますが、「蝶結びの水引は使わない」「色は紅白は使わない」ということを覚えておけば、間違えて恥ずかしい思いをすることは避けられますよ。

お彼岸の掛け紙の表書きの書き方

お彼岸のお供え品には、先ほど説明した結び切りの掛け紙をかけます。

水引の上に入れる表書きは「御供」が一般的です。忌明け前なら「御霊前」、忌明け後なら「御佛前」でも良いでしょう。

贈答者の名前は水引の中央かやや左寄りに。社名や肩書を入れる場合は、名前の右上に名前より小さな文字で入れます。

夫婦連名にする時は夫の姓名を書き、左に妻の名前のみを並べましょう。

会社の関係者や友人等で連名にする場合は、上位者から左側に向かって書きます。上位者が1番左に来るということですね。

4名以上になる場合は、表書きには代表者の名前のみを書き、左に「他一同」と書き添えます。そして、別紙に連名者全員の姓名を書いて、中包みに同封しましょう。

お彼岸の掛け紙のマナーまとめ

  • お彼岸のお供え品や手土産にかけるのは、熨斗紙ではなく、掛け紙というのが正式な呼び方
  • 水引は結び切り
  • 水引の色は黒白または黄白
  • 表書きは「御供」とするのが一般的
  • 連名にする場合、上位者が1番左になるように書く