お彼岸に結婚式を挙げるのはマナー違反?お彼岸挙式の常識とは

お彼岸は弔事?結婚式を挙げてはいけないの?

ブーケを持った花嫁の写真春と秋、年に2回あるお彼岸。

お盆のようにお墓参りをして、先祖供養をする仏教行事です。

関連記事)
お彼岸FAQ – お彼岸とお盆の違いって?≫

春と秋は季節もよく、結婚式を考える人も多いでしょう。

そこで気になるのが、お彼岸に結婚式をしても問題ないのかどうか。

せっかくの結婚式、お彼岸に挙げたことで非常識だと思われたくはないですし、皆に気持ちよく祝福して欲しいですよね。

お彼岸と結婚式の常識やマナーについて、解説します。

スポンサーリンク

お彼岸の結婚式は禁忌ではないけれど…

顔に手をあてて考えこんでいる男女カップルの写真お彼岸に挙式することは、仏教的に禁じられた禁忌事項ではありません。

お彼岸は先祖供養をする時期ですが、喪中ではありませんから、吉事を控えなければいけないという決まりはないのです。

しかし、お彼岸はお墓掃除やお墓参りに出かける人が多いですから、列席者の都合を考えると、あまり良い時期ではありません。

また、年配の方など、人によってはお彼岸に結婚式を挙げることに良い顔をしないことも。

禁止されているわけではないけれど、仏滅を選んで結婚式をする人が少ないのと同じです。

結婚は2人だけの問題ではなく、両家の長い親戚付き合いの始まりでもあります。

非常識とまでは言われなくとも、親族に苦い顔をされる可能性もあることを考えると、わざわざトラブルの種になりやすいお彼岸を選ばなくてもいいと言えるでしょう。

時期を外せるのであれば、外したほうが無難です。

どうしてもお彼岸の時期に結婚式を挙げなければならない都合がある場合は、両家の両親や、主だった親族の方に、あらかじめ断りを入れたり、相談したうえで事を進めることをおすすめします。

「本来はお彼岸は避けるべきとはわかっていたのですが…」と、一言あるだけでも、だいぶ印象は違いますよ。

結婚式お日取りは最終的には2人の意思で決めることではありますが、たくさんの人を巻き込み、足を運んでいただく場でもあります。

結婚式という晴れの日を、お互いに気分良く迎えるためにも、列席者への気遣いを忘れないようにしましょう。