ジューンブライドの裏話。6月梅雨の日本でジューンブライドが広まった理由は?

6月の花嫁は幸せになれる…日本にジューンブライドを伝えた人物とは?

ブーケを持った花嫁の写真6月に結婚した花嫁は幸せになれるという、ジューンブライドの言い伝え。

女性であれば、ほとんどの人が知っているのではないでしょうか。

もともとはヨーロッパの言い伝えであるジューンブライドが、日本でここまで浸透した背景には、ある人物の存在があります。

日本にジューンブライドを広めたのは誰か?

6月の花嫁、ジューンブライドにまつわる裏話を紹介します。

スポンサーリンク

日本にジューンブライドを伝えたのは、ホテルオークラの副社長

指差ししているビジネスマンの写真日本にジューンブライドの言い伝えが広まったのは、1960年代の頃。

初めてジューンブライドを伝えたのは、当時ホテルオークラの副社長であった橋本保雄氏であると言われています。

その背景には、ウエディング業界の季節的な業績不振にありました。

6月といえば、日本は梅雨のまっただ中。

足元が悪く湿気も多いこの季節にわざわざ結婚式を挙げようというカップルは少なく、結婚式場は6月の業績不振にあえいでいました。

そんな時、6月の花嫁は幸せになれるというヨーロッパの伝承を知った橋本氏が、敬遠されがちだった6月の結婚式のイメージを変えるために、日本にジューンブライドの概念を提唱したのです。

今ではすっかり日本にも定着したジューンブライド、橋本氏の目の付け所と読みが、見事的中したということですね。

スポンサーリンク

日本のジューンブライドも幸せになれる…?

ところで、なぜ6月の花嫁は幸せになれるのでしょう。

ジューンブライドの起源には諸説あります。ヨーロッパの習慣や気候に由来するという説もありますが、最も有名なのは、6月を意味する英語のJulyの語源であり、結婚の神でもあるメ女神ユーノー(Juno)に由来するという説。

6月に結婚する花嫁は、ユーノーの加護を得て幸せになれるという理由です。

関連記事)
6月の花嫁は幸せになれる。ジューンブライドの意味と由来≫

ユーノーはローマ神話の女神ですが、日本にあっても6月を司る女神であることは変わりません。

梅雨というと憂鬱なイメージが先行してしまいますが、色とりどりの紫陽花が雨にしっとりと濡れる中、女神の守護を受けて挙げる結婚式というのも、なかなかロマンチックかもしれませんね。