他の宗派とかなり違う!浄土真宗のお盆とは

盆飾りも迎え火も使わない、浄土真宗のお盆

お寺の外観の写真お盆の時期になると、お仏壇のある家ではお供え物の準備を始め、お仏壇がなくてもお墓掃除へ行ったりしますよね。

でも、浄土真宗のお盆はちょっと違います。

他の宗派と違い、般若心経は唱えない、線香は立てない、位牌は作らないなど、特徴的な決まりがある浄土真宗。

浄土真宗と他の宗派のお盆の過ごし方や作法の違いについて紹介します。

関連記事)
浄土宗の盆飾りの特徴。仏壇を閉め、盆花に特色≫

豪華な食事が1番の特徴、曹洞宗の盆飾り≫

真言宗の盆飾りの特徴。他の宗派との違いとは?≫

スポンサーリンク

浄土真宗独特の霊魂観

浄土真宗のお盆では、盆飾りを飾ったり、ご先祖さまを迎えるための迎え火を焚いたりはしません。

その背景には、浄土真宗独特の霊魂観があります。

浄土真宗には「亡くなった人が帰ってくる」という考えがありません。

浄土真宗にも仏様はもちろんいらっしゃいますが、浄土真宗では「仏さまはいつでもどこでもいらっしゃる」という考え方のため、お盆だからと言って特別お迎えするようなことはしないのです。

浄土真宗における故人とは、「阿弥陀如来の本願によって往生され、この世の私たちを救おうとしている人たち」のこと。

ですので、お盆のような特定の時期に関係なく、故人と縁がある人たちで寺に集まって、亡き人を偲びながら仏法を聞くというのが浄土真宗の姿です。

スポンサーリンク

浄土真宗のお盆の過ごし方

浄土真宗のお盆は、他の宗派に比べるとシンプルです。

まずは仏壇を掃除して清め、朱色のロウソクを立てます。その後お墓参りをし、お寺でお聖教を読み、仏法や法話を聞く、という過ごし方が一般的です。

そして念仏を唱えながら先祖を供養し、家族や共同体の安定を願います。このあと集まった人たちで食事をする場合もあります。

精霊棚や精進料理を用意してご先祖さまをもてなす、他の宗派のお盆と比べると、通常とあまり変わらない過ごし方ですね。

関連記事)
今さら聞けないお盆の基本。お盆の供養って何するの?≫

浄土真宗は「ああしなければいけない、こうしなければいけない」ということがすくない宗派。自宅にお坊さんを呼んで読経しても良いし、呼ばなくても良いし、自分にとってどうすべきかで、お盆の過ごし方は変わります。

だからといって、浄土真宗がご先祖さまの霊を大切にしないということではありません。特別な儀式を行わずとも、ご先祖さまを思い、心を込めて「南無阿弥陀仏」と唱えれば良いと考えます。

常に亡き人を偲び、大切に思って暮らしていれば、いつもと違うことをしなくても良いという考え方が根底にあるんですね。

こんな例えは不謹慎かもしれませんが、日頃からちゃんと勉強していれば、テスト前だけ一夜漬けをする必要はない、という考えにも通じるところがあるかもしれません。

宗派によってお盆の過ごし方には違いがありますが、ご先祖さまを敬い供養する気持ちは、どんな宗派であっても共通。

最近はお仏壇のない家も増え、本格的なお盆のお供えをする機会も減っているかもしれませんが、浄土真宗に倣い、形にとらわれずに、あなたなりの方法でご先祖さまへの感謝の気持ちを表してみてはいかがでしょうか。