6月の花嫁は幸せになれる。ジューンブライドの意味と由来

6月に結婚すると幸せになれる、その理由は…?

屋外でブーケを手にした花嫁の写真6月に結婚する花嫁を指す、ジューンブライド。

ジューンブライドは幸せになれると言われていますよね。

でも、なぜ6月なんでしょう…?

もとはヨーロッパから伝わった概念なので、ジューンブライドが幸せになれるその理由は、日本ではあまり知られていません。

なぜ6月に結婚すると幸せになれるのか、ジューンブライドの意味や由来を解説します。

スポンサーリンク

ジューンブライド、3つの起源

ジューンブライドの起源には、次の3つの説があります。

  1. ローマ神話の女神ユーノー(Juno)に由来
  2. ヨーロッパ農家の繁忙期に由来
  3. ヨーロッパの気候に由来

では、それぞれの説を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ジューンブライドの由来(1)ローマ神話の女神ユーノー(Juno)説

西洋の女神を描いた絵画の写真ユーノーはローマ神話に登場する最高位の女神。ユーノーはJunoと綴り、英語で6月を意味するJulyの語源にもなっています。

女神ユーノーは結婚と出産を司る神でもあることから、6月に結婚するとユーノーの守護を得て幸せになれると信じられ、これがジューンブライドの風習となりました。

ジューンブライド=女神ユーノーの加護を受けた花嫁、という意味なんですね。

ジューンブライドの由来(2)農家の繁忙期説

ヨーロッパの農家は、3~5月が繁忙期。

結婚式を挙げたり祝っている余裕もない!ということで、昔のヨーロッパでは、農作業が忙しいこの時期には結婚が禁じられていました。

繁忙期が開けた6月には晴れて結婚解禁となるため、待ち構えていたように結婚式が続き、村は祝福ムードに包まれます。

農作業を終えて一息付いた人々みんなに祝福してもらえること、これらがジューンブライドは幸せになれるという言われになったという説です。

6月になったら結婚しよう、6月になったら結婚できる…という待ち遠しさやワクワクした気持ちも込められていたのかもしれませんね。

ジューンブライドの由来(3)天候説

ヨーロッパでは、6月は最も雨が少ない時期。そこで、1年で最も気候の良い6月に結婚式をあげることが幸せの象徴になったという説です。

お祝いごとはお天気の良い日にしたいというのは世界共通の思いのようですね。白いウエディングドレスも、6月の青空には、きっとよく映えるでしょう。

日本にジューンブライドを広めたのは誰…?

以上、ジューンブライドの3つの起源を紹介しました。

最後の天候説は、6月に雨が少ないヨーロッパの気候だからこその話。

日本では6月といえば梅雨まっただ中で、1年でも1番雨の多い時期ですよね。ジューンブライドの由来とは正反対です。

実際、少し前の日本では、6月は結婚式場の需要が大きく落ち込むシーズンでした。そこで困ったのは、結婚式場の人たち。

なんとかして6月の挙式数を増やせないか…という時、ホテルオークラの副社長であった橋本保雄氏がヨーロッパのジューンブライドの慣習に目を留め、それを日本に広めたのです。

日本のジューンブライドには商業的な思惑があると知って、少しがっかりしてしまった人もいるかもしれませんが…

農業の繁忙期や季節的な要因はヨーロッパと違えど、6月の女神ユーノーが結婚を守護する神であるということは変わりません。

憂鬱になりがちな梅雨の結婚式も、女神さまに守られていると思えば素敵に感じられるかもしれませんよ。