彼岸の中日(ちゅうにち)とは?中日の意味と過ごし方

彼岸の中日にはどんな意味がある?

彼岸花の写真彼岸の中日(ちゅうにち)という言葉があります。

中日とは、具体的には3月の春分の日と、9月の秋分の日のこと。

中日にはどんな意味があるのか?
何をして過ごす日なのか?

彼岸の中日とはどんな日なのか、詳しく説明します。

スポンサーリンク

彼岸の中日の時期と意味

お彼岸とは、春分の日と秋分の日を真ん中にした前後3日間、計7日間の時期を指します。

真ん中の日だから、春分の日と秋分の日を「中日(ちゅうにち)」と呼ぶわけですね。

では、お彼岸はなぜ、中日の前後3日ずつあるのでしょうか?

答えは、1日1つずつ、計6つの仏教修行を行うため。

具体的には次の6つの修行で、仏教の教えである6つの正しい行い、六波羅蜜(ろくはらみつ)に基いています。

  • 布施(人に施しをすること)
  • 自戒(自分を戒め、反省する)
  • 忍耐(不平不満を言わずに耐えること)
  • 精進(努力する)
  • 禅定(心を安定させる)
  • 知慧(真実を見る知恵を働かせる)

春分の日と秋分の日は、私たちがいる煩悩の世界である此岸と、悟りの世界である彼岸が最も近づくと考えられています。

ですから、この時期に6つの修行を行って、悟りの世界である彼岸に至るというのが、お彼岸の意味。

お盆もお彼岸も先祖供養の行事である点は共通ですが、お盆はあの世から帰ってくるご先祖さまをお迎えする時期なのに対し、お彼岸は私たちのほうからあの世へ近づこうとする行事なんですね。

違いのわかりにくいお盆とお彼岸ですが、お彼岸は先祖供養に加えて、仏教修行的な意味合いも強い行事なのです。

関連記事)
お彼岸FAQ – お彼岸とお盆の違いって?≫

スポンサーリンク

彼岸の中日の過ごし方

花の飾られたお墓の写真彼岸の中日である春分の日と秋分の日は、あの世とこの世が最も近づく日。

つまり、あの世にいるご先祖さまとの距離が縮まる日と考えられるため、お墓参りやお仏壇へのお参りをして、先祖供養をするのに良い日とされています。

必ずしも中日にお墓参りをしなければならないという決まりがあるわけではありませんが、都合が合うのであれば、中日に供養を行えば、よりご先祖さまに気持ちが通じやすくなるかもしれませんね。

関連記事)
お彼岸のお墓参りはいつ行くべき?お墓参りの時期とマナー≫

春分の日と秋分の日は、いつも同じとは限らない

春分の日と秋分の日は、毎年同じ日だと思っている人も多いでしょう。

でも実は、春分の日と秋分の日は、一定の期間ごとに日にちが変わります。

春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さが同じなる日。

地球は1年365日で自転していますが、実はピッタリ365日ではなく、多少のズレがあります。

もしピッタリ365日で自転していれば、毎年同じ日に昼と夜の長さが同じになりますが、そうではないので…

何年かするうちに、日にちがズレていくんですね。

そのため、春分の日と秋分の日は、何年かごとに日付が変わるのです。

この誤差は国立天文台が測定していて、毎年報告される暦要項で、その年の春分の日と秋分の日が発表されています。

お彼岸の中日を日付で覚えていると、何年か後に変わっていてアレっ…?なんてことになりますから、毎年カレンダーを見て確認してくださいね。