2016年から登場した「山の日」って?新しい祝日は誰がどうやって決めるのか

20年ぶりの祝日追加!2016年から加わった「山の日」

山の写真2016年から、20年ぶりに新たな祝日が加わりました。

それが8月11日の「山の日」。

そういえば、海の日はあっても山の日はなかったですよね。

山の日とは、どんな意味や背景があって作られた祝日なのか?

新しい国民の祝日、山の日について紹介します。

スポンサーリンク

山の日って、どんな祝日?

山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨として制定された国民の祝日。

2014年に制定されて祝日としての追加が決定し、2016年から施行されました。

つまり、2016年が山の日のカレンダーデビューということ。

これまで8月は祝日がない月でしたが、山の日の施行により、休みが1日増えました。夏休みやお盆休みのシーズンにも近いので、カレンダーによっては大型連休になる人も増えそうですね。

ちなみに、山の日とセットで連想される海の日は、1995年制定。趣旨は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」となっています。

海・山、と来たら次は空や森も…?なんて考えてしまいますが、こうした祝日は誰がどうやって決めているのでしょうか。

山の日が新しい祝日として制定された経緯を紹介します。

スポンサーリンク

山の日って、どんな祝日?

山の日制定の発端となったのは、公益社団法人日本山岳会を始めとする山岳関係の団体や、独自に山の日を制定していた地方自治体の関係者たち。

これらの要望を受けて、2013年4月に、超党派の議員連盟、山の日制定議員連盟が発足しました。超党派とは、議員が政党の枠にとらわれずに協力して作ったグループのこと。

山岳関係者の意見を受けて、それに賛同する議員たちが具体的な制定に動き出したということですね。

議員連盟での協議を経て、2014年に自由民主党、民主党、日本維新の会、公明党、みんなの党、結いの党、日本共産党、生活の党、社会民主党の9党による法律改正案が提出されました。

根拠が薄い、日本は祝日が多すぎるという反対意見もありましたが、最終的には賛成多数により、山の日の制定が可決。2016年からの施行が決まったのです。

祝日とする根拠が薄いという声もわからなくはないですが、祝日で休みが増えることを嫌がる人はあまりいませんよね。

有給休暇を消化できない人も多い日本人、強制的に休みがあるくらいでちょうどいいのかもしれません。

夏休みシーズンに制定された新しい祝日、山の日。あなたはどのように過ごしますか?