どっちも同じお盆なの?新盆と旧盆の意味と違い

新盆と旧盆は何が、どうして違う?

はてなマークと手を顔にあてて疑問がある様子の女性の写真夏にご先祖供養をする、お盆の行事。

お盆休みという言葉もあるくらい、私たちの生活に浸透していますが、地域によってお盆の期間が異なることは知っていましたか?

お盆には、7月に行われる新盆と8月に行われる旧盆の2種類が存在します。

仕事や結婚で住む地域が変わって、自分の知っているお盆と時期が違うことに驚いた人もいるかもしれませんね。

同じお盆のはずなのに、何が違うのか?
どうして地域によって時期が違うのか…?

新盆と旧盆の違いについて解説します。

スポンサーリンク

新盆と旧盆とは

7月に行うお盆を新盆、8月に行うお盆を旧盆と呼びます。

なぜ、このような時期の違いが生じてしまったのかというと、明治時代に行われた改暦が関係しています。

この改暦によって、日本の行事は30日ほど遅れるようになりました。もともと旧暦7月15日に行われたお盆が、改暦後に8月15日になったという具合です。

新しいカレンダーの7月に行われるはずだったお盆ですが、ここで、ある事情が。

7月というのは、多くの農家にとっては繁忙期。収穫や出荷で忙しく、ゆっくりと先祖供養をする余裕はありません。

農繁期が過ぎた8月なら一息ついてお墓参りや供養をするのに都合がよく、旧暦7月と同じ時期のまま、つまり現在の8月に行われる旧盆が主流となったのです。

気候や気温などによって、収穫時期も地域によって異なるため、7月の新盆、8月の旧盆の違いが出るようになりました。

関連記事)
東京はお盆が7月!地方出身者が驚く、東京だけお盆が7月の理由≫

7月の新盆を行っている地域として、東京、金沢、函館などがあり、こちらでは7月15日を中心として様々なお祭り、イベントなどが行われています。

スポンサーリンク

新盆も旧盆も、内容は同じ

新盆も旧盆も、時期が違うだけで由来や内容は同じもの。供養の方法にも違いはありません。

お墓掃除やお参りをする機会は、お盆を除いてはなかなかないもの。お盆休みを楽しむのはもちろんですが、ご先祖さまへの感謝の気持ちも忘れないようにしたいですね。

関連記事)
お盆の由来きちんと説明できますか?3分でわかるお盆の由来!≫

今さら聞けないお盆の基本。お盆の供養って何するの?≫