お盆のナス飾りの意味と名称

お盆に見かける4本足の野菜、実は大事な役目を持つお供え物!

ナスで作った精霊牛のイラストお盆の時期、実家やおじいちゃん・おばあちゃんの家で、4本足のナスやキュウリを見たことはないでしょうか?

なんのためにこのような飾りをするのだろうと疑問に思った人もいるでしょう。

野菜で作った動物の飾り、一見、子供の玩具のようにも見えますが…

このナスとキュウリの飾り物は、お盆のお供え物として、重要な役割を持っているんです。

スポンサーリンク

お盆の飾り物、精霊馬と精霊牛

ナス飾りは精霊牛(しょうりょううし)、キュウリ飾りは精霊馬(しょうりょうま)という名前があります。

この2つは、お盆の時期にご先祖さまがあの世とこの世を行き来するための乗り物。

馬を模した精霊馬は足が速いので、ご先祖さまが少しでも早く家に帰ってくるようにとの願いが込められています。

ナスで作った精霊牛は足が遅いので、少しでもご先祖様があの世に帰るのを遅らせるため、ゆっくりお帰りいただけるようにと願いが込められています。

また、お盆にご先祖さまが乗り物を使うのは、お土産を持っても苦労なく行き来ができるからという説も。

たくさんのお土産を抱えたご先祖さまが、キュウリの馬やナスの牛に跨っているところを想像すると、ちょっと微笑ましいですね。

スポンサーリンク

精霊馬・精霊牛の作り方と飾り方

お盆の精霊馬の写真ナスで作る精霊牛と、キュウリで作る精霊馬の作り方はとても簡単。準備するものは、ナス、キュウリ、割り箸の3つだけです。

上手に作るポイントとして、使用するナスとキュウリは真っ直ぐなものより、少し曲がっているものを選びましょう。

曲がりのあるもので作ることで、生き物本来の格好が再現できますし、ご先祖さまの乗り心地も良いとされています。

野菜が準備できたら、ナスとキュウリが安定して立てるように割り箸を4つに切り、長さを均等に揃えて差し込めば完成です。

精霊馬、精霊牛を飾る場所として一般的なのは盆棚ですが、地域によっては仏壇に飾る場合もあります。

盆棚は精霊棚とも呼ばれ、お盆のお供え物を置くための祭壇です。ない場合には仏壇か、あるいは仏壇の近くに小さな台を置き、白い布をかけて置くとよいでしょう。

関連記事)
お盆のお供え物の選び方と正しいマナー≫

ここで、気をつけなければいけないのは、精霊馬と精霊牛を置く向き。

ご先祖さまは東から来るとされているので、お迎え用の精霊馬は西向き、お見送り用の精霊牛は東向きにするのが一般的に正しい飾り方です。

ただし、地域によっては入口である玄関に向けて飾るといったこともあるので、その土地の風習に合わせましょう。

お盆が終わった後の精霊馬・精霊牛の処分方法

お盆が終わった後の精霊馬と精霊牛、どう片付ければ良いのかちょっと迷いますよね。

食べてしまっても良さそうなものですが、ご先祖さまが乗り物として使用したものなので、食べるのは控えましょう。

主な処分方法としては、海や川に流したり、土に埋めて自然に還す方法、お寺で処分してもらう方法があります。

ただ、住宅地ではこうした処分が難しいこともあるでしょう。

その場合には、半紙などの白い紙で精霊馬と精霊牛を包み、塩でお清めをしてから処分しましょう。