お盆のお布施の相場と、お坊さんへの渡し方

お盆のお布施はいくら、どうやって包めばいい?

仏壇に向かって読経しているお坊さんの後ろ姿の写真お盆になると、お坊さんが自分の檀家を回ってお経をあげてくれます。

お経をあげてくれたお礼に渡すお金をお布施といいます。

でも、お坊さんにお布施を渡す機会などそうそうないので、金額や渡し方、どのようにすれば失礼がないのか悩んでしまいますよね。

お盆のお布施金額の相場とお坊さんへの渡し方を説明します。

スポンサーリンク

お盆のお布施の相場と、お布施以外に必要なお金

普段のお盆であれば、お布施の相場は5,000円から2万円、新盆・初盆の時には3万円から5万円が目安です。

関連)
新盆を迎える時期と、いつものお盆との違いについて≫

このほかに必要な費用として、お車代とお膳料もあります。

お車代はお寺ではなく自宅に来てもらってお経をあげてもらう時に必要です。

お坊さんがタクシーで来られた場合は、タクシーの運転手さんにタクシー代を渡します。

お坊さんが自分の車やオートバイできた場合には、お車代として5,000円から1万円をお布施とは別に渡します。

お経をあげてもらった後、本来お坊さんも出席したみんなと一緒に会食するのですが、お坊さんが忙しくて一緒に食事ができない場合、お膳料と言って5,000円から2万円の食事代を包んで渡します。

これもお布施とは別です。

まとめると、お盆にお坊さんに渡すお金の種類と金額は、次の3種類ということになりますね。

  • お布施 … 5000~2万円、新盆なら3~5万円
  • お車代 … 実費もしくは5000~1万円
  • お膳料 … 5000~2万円
スポンサーリンク

お盆のお布施の包み方

お布施の渡し方ですが、もちろん現金を直接渡すことはしません。

まずお札を半紙で包みます。これを「中包み」といい、表側の中心か裏側の右側に金額を、裏側の左側に住所と氏名を記入します。

これをさらに奉書紙で包みます。

奉書紙の表上側に「お布施」と書き、下側には施主の名前をフルネームで書きます。◯◯家と書いてもかまいません。

お盆では、お布施を受け取る相手に不幸があったわけではないので、折り方は弔事ではなく慶事の折り方です。

郵便番号欄の印刷されていない白い封筒を使うこともできます。ただし、封筒自体が二重になっているものは不幸が二重に続くという意味になるので、使ってはいけません。

封筒の表にお布施と書いても、空白のままでもかまいませんが、封筒の裏の右側に入れた金額、左側に名前と住所を書くのを忘れないようにしましょう。

お盆のお布施では、表書きに使用するのは黒い墨です。

お葬式やお通夜の時は薄墨を使って書きますが、それ以外の場合は黒い墨を使います。

お葬式の場合は突然の訃報で墨を磨っている時間がなかったので薄墨で書いてきたという意味がありますが、お盆などの場合はあらかじめ日付が分かっているので、薄墨にする必要はないのです。

お盆のお布施を渡すタイミングと渡し方

お布施を渡すタイミングは、お坊さんがお経をあげ終えて帰る時です。

施主がお経をあげてもらったお礼を言いながら、お布施を渡します。

手渡しするのは失礼とされているため、小さなお盆か袱紗(ふくさ)の上に乗せて渡すようにしましょう。

合同の法要をお寺でする場合は、お寺や本堂の入り口に受付がありますので、そこで渡します。受付がない時は、法要が始まる前か後に、お礼の挨拶をしながら直接お坊さんに渡しましょう。