お盆のお供え物の選び方と正しいマナー

お供え物のマナーを覚えて、お盆の先祖供養をしよう!

仏壇のお供え物の写真お盆にお仏壇やお墓に供える、お供え物。

お菓子?お花?それとも両方…?

と、具体的に何をどうお供えすれば良いのか、迷ってしまう人も多いはず。

迷わずご先祖さまの供養ができるように、お盆のお供え物の正しいマナーを紹介します。

スポンサーリンク

お供え物の基本、五供

お供え物の基本は、香、明かり、花、水、食べ物の五供です。

「香」というのはお線香のことで、お線香の香りで霊を導くという意味があります。お線香は、お供え物として一番重要であり、最優先されるものでもあります。

なお、お線香に火をつける際に使用するロウソクを、息を吹きかけて消すのは無礼なこと。ロウソクの炎は、必ず手であおいで消すようにしましょう。

お仏壇にロウソク消し・火消しと呼ばれる専用の道具がある場合には、ロウソク消しをかぶせて消すようにします。

「明かり」は、仏前の前を明るく照らす灯燭などを指します。

「花」は仏花に限らず、故人が好きであったお花を飾るのもいいですし、気に入ってくれるような花を選んで大丈夫。ただし、お供えする花はトゲがあるもの、ツルが長いもの、香りが強いものは避けるようにしましょう。

「水」は浄水と呼ばれ、毎日欠かさず新しいものに交換するようにします。水道水でもかまいませんので、取り換えを忘れないようにしてくださいね。

「食」は、もちろん食べ物のこと。お供え用に特別なものを用意する必要はなく、日常で食べているものをお供えします。

スポンサーリンク

お供えに適した食べ物は?

お供え物としてよく選ばれている物は初物です。初物とは、その季節の旬の食べ物。果物や焼きのり、昆布、お餅やお米などがあります。

地域によってお供えする食べ物が決まっていることもあるので、実家や嫁ぎ先で、一度お供えの品について聞いておくと間違いがありません。

仏壇やお墓に食べ物をお供えする時のマナー

小皿に取り分けされたカステラとお茶の写真食べ物をお供えする際のマナーは「食べられる状態でお供えする」こと。普通にお客さまにお出しするのと同じように、ご先祖さまが食べやすい状態でお供えしてください。

箱などで包装されたものは、中身を出してお供えするようにし、小袋であればそのままお供えしてもよいでしょう。

果物は、りんごであれば皮を剥いて食べられるようにお供えし、ぶどうなどであれば洗って小鉢などに入れてお供えします。

お餅やおはぎなどは、そのまま皿にのせて箸を一緒にお供えするようにしてください。

そうめんやうどんなどの麺類は、必ず茹でておつゆをかけてお供えします。乾麺のままではご先祖さまが食べられませんので、茹でずにお供えしないよう気をつけてくださいね。

お供え物のお下がりをいただくのも供養のひとつ

お供え物を下げるタイミングや、下げたお供え物をどう扱うか、けっこう迷ってしまいますよね。

正解は、食べられるうちにお下げして家族でいただくこと。

お供え物をいただくなんて失礼じゃないの?と思うかもしれませんが、そもそも、お供えとは「共に供する」の意味。

お供えのお下がりをいただくことも供養のひとつですので、食べられるうちに美味しくいただきましょう。

お菓子や果物なら悪くなる前に、ご飯や麺類は湯気が出なくなり冷めたらお下げします。湯気が出ている間は、ご先祖さまが食事されているということです。

ついついお供えしっぱなしにしてしまう人も多いと思いますが、食べ物を粗末にしないようにお下げしましょう。

お供えのマナーといっても、そんなに難しいことはありません。そこにご先祖さまがいらっしゃるように振る舞えば良いのです。

一年に一度のお盆の時期、心を込めてご先祖さまをご供養しましょう。

関連記事)
今さら聞けないお盆の基本。お盆の供養って何するの?≫