お彼岸のお供えには何を用意すればいい?

お彼岸の供養って何するの?お供え方法や準備を学ぼう

お盆に乗ったおはぎ・ぼた餅の写真お盆と並ぶ先祖供養の行事、お彼岸。

ただ、お彼岸という言葉は知っていても…

お盆の提灯やキュウリの飾りのような、わかりやすい飾りはないので、お彼岸に何を準備すれば良いのかは、よくわからない人も多いのではないでしょうか。

お彼岸の供養の方法は?
お彼岸には何をお供えすればいい…?

お彼岸のお供え物の作法について紹介します。

スポンサーリンク

お彼岸の過ごし方

お彼岸とは、仏さまの供養をすることで、悟りの世界である「彼岸」へと近づこうとする仏教行事。

昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日とは、煩悩の世界である此岸と、悟りの世界である彼岸が最も近づく日であるとされます。

だからこの日を中心に供養を行い、彼岸との距離を縮めようとするんですね。

ご先祖さまをお迎えするお盆に対し、お彼岸はこちらから向かうと意味合いが強く、修行のような側面を持っています。

関連記事)
お彼岸FAQ – お彼岸とお盆の違いって?≫

多少の意味や由来の違いはありますが、お彼岸の過ごし方自体は、お盆とそう違いはありません。

  • お墓掃除とお墓参りをする
  • 仏壇を清めてお供えをする

お墓とお仏壇をきれいにして、ご先祖さまにお参りをする。やること自体はお盆と変わりありませんね。

では次は、お彼岸で準備すべきお供え物の作法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

お彼岸のお供え物は何を準備すればいい?

お彼岸のお供え物には、必ずこうしなければならないという決まりはありません。いつものお供えと同じように、お花、お菓子、お線香を用意すればOKです。

特に定番となっているのが、おはぎとぼた餅。お彼岸の時期になると、スーパーや和菓子屋さんで売っているのを見かけませんか?

おはぎとぼた餅は、食べ物としては同じもの。

お彼岸は年に2回あり、春のお彼岸では牡丹の花にちなんで「ぼた餅」、秋のお彼岸では萩の花にちなんで「おはぎ」と呼ぶのです。

季節で名前を変えるなんて、季節感を大切にする日本人の感性が伝わってきますね。

ただ、最初にもお伝えしたように、お彼岸にはかならずおはぎ・ぼた餅をお供えしなければいけないわけではありません。

故人が好きだったお菓子やお酒、果物などをお供えしても、もちろんかまいません。

お花の定番は菊ですが、実は仏花は必ず菊である必要はありません。季節のお花や、故人の好きだったお花をお供えしましょう。

ただし、よそのお宅やお墓にお花を持って行く場合には、あまり派手な色のお花は避けたほうが無難です。仏前にお供えするものですから、清楚で落ち着いた色味のお花が良いでしょう。

お供え物の種類は、ある程度自由に選んでしまってもマナー違反にはなりませんが、地域によってはおはぎ・ぼた餅と一緒にお彼岸団子をお供えするなど、独特の風習があることもあります。

実家に帰省する時や、嫁ぎ先でお彼岸を迎える時には、事前にお家の方に確認しておくと安心ですよ。