おみくじは結ぶ?持ち帰る?引いた後の正しい作法

引いたおみくじ、どうするのが正解?

神社やお寺に行った時の楽しみのひとつ、おみくじ。

初詣の時はもちろんのこと、何かの機会に寺社を訪れると、つい引きたくなりますよね。

ところでこのおみくじ、引いた後はどうしていますか?

どうするのが正しいのか、迷う人も多いのではないでしょうか。

境内に結ぶべきか、持ち帰るべきか、引いた後のおみくじの作法について解説します。

スポンサーリンク

引いたおみくじは持ち帰るのが基本

開かれていないおみくじの包みの写真引いた後のおみくじの紙は、持ち帰るのが基本です。

神社やお寺の境内にはたくさんのおみくじが結んであるで、おみくじは結ぶのが正しいマナーで、持ち帰ってはいけないのかと思っていた人もいるかもしれませんね。

でも、今から説明するおみくじ本来の意味を知れば、持ち帰ったほうが良いと感じるはず。

 

おみくじとは、単に吉凶を占うだけのものではなく、神さまからの託宣であるとされています。

託宣とは、簡単に言えば神さまからのアドバイス。

今のあなたの状況や悩みに対して、神さまが「こうすれば運気が開ける、うまくいく」というメッセージを、おみくじを通して伝えてくださっているということです。

その場限りの運試しとは違うので、引いたおみくじは持ち帰り、普段から持ち歩いて戒めとしたり、行動の指針とするのが正しい活用法。

 

おみくじは、言い換えれば、神さまからの手紙のようなもの。
そう思うと、一度読んでその場に置いていくよりも、持ち帰って読み直したほうが有益な気がしますよね。

ただ、おみくじを結ぶのも間違いではありません。
おみくじを持ち帰るか、結ぶかは、100%こうしなければならないという決まりはないのです。

では、おみくじを結ぶのには、どんな意味があるのでしょうか…?

スポンサーリンク

おみくじを結ぶ意味と注意点

おみくじを結ぶ行為には、次のような意味が込められています。

  • 神さまとご縁を結ぶ
  • 運気が良ければ、願い事が結ばれる(=叶う)ように
  • 運気が悪ければ、身代わりになってくれるように

おみくじを結んでいる手の写真おみくじを結ぶ習慣が誕生したのは、江戸時代から。

洒落が好きな江戸っ子たちが、「結ぶ」にさまざまな意味をかけたことから始まり、今ではすっかり定着しました。

 

おみくじを結んで帰る時は、必ず境内の決まった場所に結ぶようにしましょう。

木の枝におみくじを結ぶのは、木を傷めて弱らせてしまい、雨が降った時には濡れた紙が散らかって、景観を損ねる原因にもなります。

おみくじを置いている神社やお寺では、おみくじを結ぶ専用のスペースが用意されていますから、そこへ結ぶのがマナーです。
もし見当たらなければ、持ち帰って。

他の人が結んでいるからといって、木に結ぶのは迷惑になるので止めましょう。

凶が出た場合は結ぶべき?

凶が出たらおみくじを結ぶ、と聞いたことのある人もいるかもしれませんが、おみくじを結ぶかどうかに、結果は関係ありません。

凶のおみくじが出た場合、戒めとして持ち帰るか、身代わりとして結んでいくか、どちらを選ぶかはあなた次第。

凶のおみくじを利き手と反対の手で結ぶと、修行したことになって凶が吉に転じる、という説もあります。

なかなか悩ましい選択ですが、その時の気分で決めても大丈夫ですよ。

おみくじは結果に関係なく結んでも、持ち帰ってもOK!

凶が出てしまうとショックですが、先ほどもお伝えしたように、おみくじは運気を決定づける占いではなく、より良い未来を導くための、神さまからのアドバイス。

あまり落ち込まず、結ぶなり持ち帰るなり、自分の納得行く方法で対処してくださいね。

 

ところで、もし凶が出た場合、その結果はいつまで続くものなのか、気になりませんか?

一度引いたおみくじの結果はいつまで有効なのか、説明します。

おみくじの期限はいつまでか?

凶と吉のおみくじを開いている写真寺社でもらう御札やお守りは1年間で新しいものに替えることになっていますが、おみくじには特に期限はありません。

おみくじとは神さまへの相談に対する返答ですから、強いて言うなら、期限は問題が解決するまで、と言えるでしょう。

 

また、引く回数に関する決まりもなし。

おみくじは神さまへの相談ですから、引きたいと思った時が引きどき。

問題が解決して、また新たな相談事が出てきたら、次のおみくじを引けばいいのです。

1年に何回引いてもOKですよ。

 

新しいおみくじを引いたら、役目を終えてくれた古いおみくじは、引いた神社やお寺に納めましょう。

持ち帰ったおみくじが不要になった場合も同様です。

 

納めるといっても、通常のおみくじを結ぶ場所に、おみくじを結べばOK。

その時には、神さまへの感謝の気持ちを込めて、お礼参りをするのも忘れないでくださいね。

 

img_omikujirule

おみくじの作法まとめ

それでは最後に、おみくじを引いた後の作法についてまとめます。

  • おみくじとは、その場限りの運を占いものではなく、より良い未来を導くための神さまからのアドバイス
  • 引いたおみくじは結果に関わらず持ち帰るのが基本
  • 良い結果は願いを結ぶように、悪い結果は身代わりになってくれるように、境内におみくじを結んでもOK
  • 結ぶ時は境内の所定の場所に結ぶこと
  • 木に結ぶのはマナー違反

初詣や神社に行った時、単純に運試しのつもりでおみくじを引く人も多いと思います。

でも、おみくじの結果をより有意義にするためには、引く前から、神さまにお伺いを立てるつもりで引いてみるといいかもしれません。

ただ漠然とおみくじを引くのではなく、今迷っていることや悩んでいること、神さまに聞きたいことを思い浮かべてから引いてみましょう。

そうすれば、きっと神さまも真剣に応えてくれますよ!


参考文献)
神道としきたり事典(PHP研究所)
イチから知りたい!神道の本(西東社)
幸せを呼ぶ 全国神社・お寺ご利益完全ガイド(PHP研究所)
知れば知るほど面白い! 神道の本(西東社)
ご利益別・ピンポイント神社(マガジンハウス)
家族のきずなを深める四季の行事レシピ(双葉社)
なぜ?どうして? 身近なぎもん3年生(学研教育出版)
voice style 2 パワースポット神社(VOICE INC.)