敬老の日にいかが?宮内庁御用達の和菓子ギフト5選

敬老の日に贈りたい、宮内庁御用達の美しい和菓子たち

美しい練切和菓子の写真9月の第3月曜日は敬老の日。

おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントを贈る人も多いでしょう。

敬老の日にお菓子を贈るなら、クリームやバターがたっぷりの洋菓子よりも、和菓子が人気。見た目にも美しく、ギフトにぴったりですよね。

敬老の日に贈るなら、宮内庁御用達の和菓子はいかがでしょう?

確かな品質で、おじいちゃん、おばあちゃんにもきっと喜んでもらえますよ。

敬老の日に贈りたい、宮内庁御用達の和菓子ギフトをまとめました。

スポンサーリンク

敬老の日におすすめの和菓子ギフト(1)
緑寿庵清水の金平糖ギフト

緑寿庵清水は、京都にある日本で唯一の金平糖専門店。2週間もかけてゆっくり丁寧に作られる金平糖たちは、1粒1粒が小さな宝石のよう。

金平糖は、皇室の引き菓子にも使われる縁起の良いお菓子。敬老の日に、日頃の感謝の気持ちを込めるのにぴったりの一品です。

こちらの3種詰め合わせは、天然水サイダー、苺、檸檬のセット。爽やかな色合いと上品な甘さが、1847年の創業以来、多くの人を魅了しています。

スポンサーリンク

敬老の日におすすめの和菓子ギフト(2)
虎屋の羊羹

日本では知らぬ者のいない、虎屋の羊羹。虎屋は日本最古の和菓子店と言われ、古くは奈良時代から皇室の御用を務めていたとか。

誰に贈っても恥ずかしくない、伝統の味です。いろんな味が楽しめる、ひとくちタイプの羊羹セットがギフトに人気。

敬老の日におすすめの和菓子ギフト(3)
清月堂本店の和菓子

明治40年創業の清月堂。その上品な味わいは伊藤博文や山県有朋など多くの要人に愛され、昭和9年には宮内庁御用達に。

看板商品は、3代目考案の和菓子、「おとし文」。ほっこり美味しい黄身餡を、こし餡で包み込んだお菓子で、ほろほろと溶けるような口溶けと、和三盆の上品な甘さが後を引きます。

敬老の日におすすめの和菓子ギフト(4)
鶴屋吉信の和菓子

鶴屋吉信は、200年以上の歴史を持つ京菓子の老舗。古き良き京菓子の伝統を守りつつ、既成の和菓子にとらわれない、自由な発想のお菓子も発表し、今も昔も多くの人々に愛され続けています。

代表銘菓は、小倉餡を村雨という生地で巻き上げた「京観世」と、柚子の香り高い求肥餅の「柚餅」。柚餅は、昭和天皇も買い求めた逸品です。

敬老の日におすすめの和菓子ギフト(5)
浅野耕月堂の松乃露

キノコを模して作られたという、コロンとした見た目が可愛らしい「松乃露」。福井県の老舗和菓子屋、浅野耕月堂を代表する銘菓です。

卵白と砂糖を使った、マカロンやメレンゲを思わせるお菓子で、降りかかった茶色の粉は、土を表現したコーヒーの粉。松乃露が考案された明治32年には、コーヒーを使った和菓子は大変にハイカラで評判を呼んだとか。

昭和天皇が、宿泊先でお茶請けとして出されたこの松乃露を大変に気に入ったという逸話でも有名です。お代わりを所望され、さらにはお土産としてお買い求めになったほど。

卵白のふんわり軽い食感と、老舗和菓子屋ならではの優しく上品な甘さが楽しめます。