入学祝いに文具セットを贈る前に知っておくべき注意点

入学祝いに文具セットを贈る時は、ここに注意!

鉛筆やクリップなどたくさんの文房具が置かれている写真親戚の子供の入学祝い。現金もなんだし、文具セットでも贈ろうかな…と考える人は少なくありません。

入学・進学は何かと入用ですから、お祝いは子供はもちろん、親御さんにも喜ばれるもの。

でも、文具セットを贈る時には、ちょっと注意。何も考えずに贈ってしまうと、せっかく文具セットを贈ったのに使ってもらえなかったという寂しいことになりかねません。

文具セットを入学祝いにする時の注意点をまとめました。せっかくのお祝いですから、事前にチェックして、喜ばれる入学祝いを贈りましょう!

スポンサーリンク

入学祝いに文具セット・文房具を贈る時の注意点

  • 学校指定の文房具が決まっていないか
  • キャラクターの文房具は禁止、鉛筆の濃さはHBなどの決まりがないか
  • すでに親のほうで購入済み、もしくは購入予定はないか
  • 他の親戚の入学祝いとかぶってしまわないか

学校で使用する文房具は、学校指定で決まっていることもあります。特に、首都圏の私立校などは注意が必要。

使えないものを贈ってしまうとお互いに残念なことになってしまいますから、文具セットを贈りたいなら、最初に確認しておいたほうがよいでしょう。

また、文具セットは入学祝いとして選ぶ人が多いので、他の親戚とかぶってしまうことも。やはり、あらかじめ相手に一報を入れて、贈っても大丈夫か、足りないものはないかを聞いてしまうのが一番確実です。

相手に聞くなんて不躾では?と思うかもしれませんが、受け取る側にしてみれば、使えない物を贈られるよりは、欲しい物をいただくほうが嬉しいものです。

スポンサーリンク

入学祝いに何の文房具を贈るか迷ったら、鉛筆が間違いない

小学校や中学校ではシャープペンは基本的に使用しない学校が多いので、鉛筆は地味ながら喜ばれる入学祝いです。

鉛筆は消耗品ですから、たくさんあっても困りません。お道具箱やお稽古バッグと違って、デザインの好みがあまり出ない点でも、贈りやすいと言えます。

仮に学校では使えなかったとしても、家庭学習や塾で使用できるので、無駄にはなりません。

入学祝いを贈るのに間に合うようであれば、名前入りの名入り鉛筆も喜ばれます。名入れ鉛筆は名入れ料金を入れても1000円未満と、意外とお手頃な値段で買えるので、何セットか作って贈れば、良い入学祝いになりますよ。

文具券は2010年で販売終了に。金券を贈るなら図書券で

入学祝いとしても人気のあった文具券は、発行元である日本文具振興株式会社の倒産に伴い、2010年で販売終了になりました。

文房具の代わりに金券を考えている場合は、図書券がおすすめです。進学すると、辞書や参考書などを購入する機会が多いので、図書券は重宝されますよ。

入学祝いは身内同士のお祝い

入学祝いは、親戚の子供に贈るのが一般的な慣習です。

これには、子供の成長を、親族一同が家族同様に喜びお祝いするという意味合いがあります。身内同士のフランクなお祝いになるわけですから、迷った時には聞いてしまっても失礼なことではありません。

贈った方も受け取った方も嬉しい入学祝いになるといいですね。