お盆があるのは仏教だけ?神道にとってのお盆とは

神社の鳥居の写真一般的にお盆といえば、先祖供養をする仏教行事。

でも、日本には仏教の他に神道もありますよね。お寺は仏教、神社は神道の建物です。

お盆を知らない日本人はいないと思いますが、お盆というのは仏教固有の行事なのでしょうか?

あまり知られていない、神道とお盆の関係についてまとめました。

スポンサーリンク

神道にもお盆はある!

神棚の写真お盆は仏教だけの固有の行事というわけではなく、神道にも先祖供養という考え方があり、神道にもお盆にあたる「新御霊祭り」という行事があります。

新御霊祭りでも仏教のお盆同様、お墓参りに行き、祖霊舎の前で手を合わせます。

祖霊舎とは、神道でご先祖さまを祀るための神棚のこと。仏壇との区別のため、稀に神徒壇とも呼ばれます。

神道では「人は亡くなると心を司る神と肉体を司る神に分かれる」という考え方があります。

肉体を司る神は奥津城(おくつき)と呼ばれるお墓に祀られ、心を司る神は家族を見守る祖霊として家に残り、祖霊舎に祀られるのです。

祖霊はその依代(よりしろ)となる霊代(みたましろ)(=位牌にあたるもの)に移された後、祖霊舎に納められ、神棚で祀られる神々とは別の神として祀られます。

故人が仏さまになる仏教と、よく似ていますね。

スポンサーリンク

神道お盆、新御霊祭りの過ごし方

神道のお盆、新御霊祭りでは、祖霊舎を清め、季節の果物やお酒をお供えします。そして迎え火や送り火をしてご先祖さまの霊を迎えます。

関連記事)
今さら聞けないお盆の基本。お盆の供養って何するの?≫

新御霊祭りは、御霊が家族を守護する祖霊となるために執り行う儀式。

まず宮司さんに祝詞を奏上していただき、集まった人たちで玉串拝礼をします。その後に会食をするのが一般的な方法です。

お墓と仏壇を清めてお経をあげ、みんなで会食をする、仏教のお盆の流れと同じですね。迎え火と送り火を焚く点も同じです。

関連記事)
お盆の迎え火の正しく安全な焚き方とは≫

このような祖先崇拝の思想は古くは縄文時代にまで遡り、縄文時代にはすでに環状列石による祭祀儀礼が行われていたことがわかっています。

江戸時代以降は、檀家制度ができて仏教式の先祖供養が一般的になったため、お盆=仏教のイメージと習慣が強くなったのでしょう。

でも、昔も今も、神道も仏教も、ご先祖さまを敬う気持ちは同じ。神道と仏教で、先祖供養の方法がよく似ているのにも、共通の想いを感じますね。