真言宗の盆飾りの特徴。他の宗派との違いとは?

追善供養をテーマとする、真言宗の盆飾り

ほおずきの写真盆提灯に代表される、お盆の盆飾り。

あまり知られていませんが、実は仏教の宗派によっても違いがあります。

真言宗の盆飾りについて、他宗派との違いや特徴をまとめました。

スポンサーリンク

真言宗のお盆は「追善供養」

真言宗の盆飾りのテーマは追善供養です。

追善供養を知るために、まずお盆の起源から説明しましょう。お盆の始まりには、次のような物語があります。

昔、釈迦の弟子で目連という人がいました。

修業の結果、神通力でいろいろなことが見えるようになり、ある日死んだ母がどうなっているか見てみると、母は地獄に落ちて苦しんでいたのです。

目連が小さい頃のとても暑い日に、ある人が目連の母に「あなたの持っているツボから、お水を少し飲ませてほしい」と頼んだのに、母が「これは息子のために汲んだのだから一滴もあげられません」と断ったのが原因でした。

当時はもちろん水道などなく、水は遠くの井戸まで苦労して汲みに行っていたのです。

貧しさと子どもを思う親心から出た行動でしたが、結果として死んだ後に罰を受けることになってしまいました。

なんとか母を救いたいと目連が釈迦に相談すると「夏の修業が終わったら、亡くなったお母さんに代わって、あなたがみんなに施しをしたらどうか」と言われました。

その釈迦の言葉を受けて、目連は修行を終えた7月15日にたくさん食べ物を用意し、集まってきたみんなに食べてもらいました。

すると、目連の母は地獄から極楽浄土に引っ越しできたのです。

この出来事から、生きている家族が亡くなった家族の代わりに施しを行えば、地獄に行ってしまった人も極楽浄土に行けるようになるということがわかりました。

これが真言宗がお盆のテーマとしている、追善供養の由来です。

関連記事)
お盆の由来きちんと説明できますか?3分でわかるお盆の由来!≫

スポンサーリンク

真言宗の盆飾り、水の子と閼伽水

ミソハギの花の写真お盆のお供え物をする祭壇のことを精霊棚といい、宗派に関係なく盆飾りとして使用されます。

真言宗の精霊棚を見ると、位はい、香炉やろうそく立て、お供え物のほかにハスの葉を敷いた深めの器が2つあります。

1つは「水の子」と言い、洗ったお米と細かく切ったナスやきゅうりなどの野菜が入っています。

もう1つの器にはきれいな水が入っていて、赤紫色の花を咲かせる萩の一種、ミソハギの花束が添えられています。この水のことを「閼伽水(あかすい)」といいます。

サンスクリット語で供え物や捧げ物を意味するアルギャの音訳で、意訳して功徳水(くどくすい)と呼ぶことも。

お盆には家族や先祖の精霊のほかに供養してくれる人がいなかったり、帰る家がない精霊もこの世にやってきます。

真言宗では、精霊棚で拝む時にミソハギの花束に閼伽水を含ませて水の子に注ぎ、そのご飯を家族以外の精霊も食べられるようにします。

こうして身内以外の精霊にもお供え物を捧げることで、追善供養になるのですね。

真言宗の盆飾り、ホオズキの結界

真言宗の盆飾りでもう一つ特徴的なものは結界です。精霊棚の四隅に青竹を立て、飾縄を結んで、そこにホオズキをつるして結界を作ります。

このホオズキに込められているのは、提灯としての役割と意味。

真言宗は瞑想によって仏の知恵を理解することを重視する宗派です。

お盆の提灯は、一般的には精霊が迷わず家に帰れるように示す目印として飾りますが、真言宗では、迷いの世界にあって道を照らす知恵の灯火としての意味合いが強く込められています。