七夕の由来から笹の保存方法まで、七夕がよくわかる記事まとめ

意外と忘れている、七夕の知識をおさらいしよう!

黒板にチョークで描いた豆電球のイラストの写真7月7日は七夕。1年に1回、彦星と織姫が出会うロマンチックな伝説を持つ日です。

でも、1年に1回のことなので…

彦星と織姫の物語のあらすじって?
七夕って、そもそも何のための行事?

などなど、意外と忘れていたり、抜けていることは多いもの。

七夕の由来から、枯れやすい笹竹を長持ちさせる保存方法まで、七夕がよくわかる記事をまとめました。

スポンサーリンク

七夕ってどんな話だっけ?3分で思い出す、正しい七夕物語

彦星と織姫は、なぜ1年に1回しか会えなくなったのか?2人は恋人、それとも夫婦?雨が降ったら本当に2人は会えないの?

七夕の主役である彦星と織姫、その2人の七夕物語を最初から最後まで復習します。

この記事を読む≫

スポンサーリンク

七夕の由来、子供にわかりやすく説明しよう!1分でわかる七夕の由来

子供たちの疑問はいつでも直球。「七夕って何?」「どうして7月7日なの?」と質問されて、なんとなくで答えてしまっては、子供の好奇心もしぼんでしまいます。

七夕の起源や由来、なぜ7月7日なのか、短冊にお願い事を書くのはなぜかなど、七夕の行事にまつわる成り立ちや背景をわかりやすく説明します。

この記事を読む≫

七夕の笹が枯れる…はこれで解決!笹を長持ちさせる3つの保存方法

短冊を飾るための笹は、七夕の必須アイテム。自宅に飾る笹や、幼稚園などのイベントで使用する笹竹を毎年買ってくるという人もいるでしょう。

でも、笹は水揚げが非常に悪い植物で、一度切ってしまうと、水に挿していてもすぐに枯れてしまいます。七夕の前日に用意したのに、当日には葉っぱが丸まって残念な思いをした人は少なくないのではないでしょうか。

そんな悩みを解決する、七夕の笹を長持ちさせる保存方法を3つ紹介しています。どれもご家庭でも行える方法ばかりなので、今まで笹の保存に苦戦していた人はぜひお試しを。

この記事を読む≫