土用の丑の日とは?なぜうなぎを食べるのか、丑の日の意味と由来について

土用の丑の日は、うなぎを食べる日。それはどうして…?

うな重の写真うなぎを食べる土用の丑の日の習慣。

スタミナたっぷりのうなぎを食べて、夏バテを予防する日、のイメージが強いですよね。

でも、土用って何?丑の日って何?と聞かれると、その意味はけっこうあやふや…。

土用の丑の日とは何か、なぜうなぎを食べるのかを解説します。

スポンサーリンク

「土用」と「丑」って何のこと?

そもそも土用、丑とは何のことなのか。この言葉は、五行説に基づくものです。

五行とは、すべてのものは木火土金水の5つの属性から成るという古代中国の思想。五行説では、季節にも属性があると考えます。

  • 春 … 木
  • 夏 … 火
  • 秋 … 金
  • 冬 … 水
  • ? … 土

でも季節は4つ。五行は5つ。「土」がひとつ余ってしまいますよね。

五行説では、この余った土をどのように考えたかというと…

春夏秋冬、すべての季節に土を均等に割り振ったのです。各季節の最後の約18日間、季節と季節の変わり目の時期を土用としました。

そして丑とは、十二支の子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の丑のこと。昔のカレンダーでは数字の代わりに干支を使っていました。

土用の時期の中にある、丑の日が「土用の丑の日」というわけです。

土用の丑の日というと夏だけのイメージですが、実はすべての季節にあるものだったんですね。

私たちがうなぎを食べている土用の丑の日は、正確には夏土用の丑の日ということ。特に注目されていないだけで、春や秋にも、土用の丑の日自体は存在しています。

スポンサーリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

では、どうして夏土用の丑の日だけ、うなぎを食べる年中行事として定着しているのでしょう?

土用の丑の日の起源には諸説ありますが、最も有力なのは平賀源内の発案によるという説。

平賀源内は、江戸時代中期に学者・医者・作家・発明家などマルチな活躍をした人物です。

ある時、売れないうなぎ屋が平賀源内に商売の相談をしたところ、源内は店頭に「本日丑の日」という張り紙を出すよう提案しました。

それが丑の日に「う」の付く食べ物を食べると体に良いという当時の言い伝えに合致して、うなぎ屋は見事大繁盛。

それが土用の丑の日にうなぎを食べる習慣の起源だとされています。

うなぎは本当に夏バテに効くの?

源内の機転から生まれた、土用の丑の日のうなぎ食。実際、うなぎは夏バテに効果があるのかが気になるところですが…

うなぎはビタミンAをはじめとする数種のビタミンとやミネラルを含む栄養食。夏バテ予防や食欲不振に効果的な食べ物であるのは事実です。

脂たっぷりのうなぎはカロリーが気になる人もいるかもしれませんが、実は意外と低カロリー。

関連記事)
うなぎのカロリーって?カロリーが高いイメージ、実は間違い≫

うなぎの蒲焼と白焼き…カロリーが高いのはどっち?意外な結果に驚き!≫

栄養たっぷりのうなぎて、夏を元気に乗り切りましょう。