ホワイトデーのお返しは何がいい?相手別、失敗しないお返しはコレ!

ホワイトデーのお返し、何を贈れば女性に喜ばれる?

水色のハートの写真3月14日はホワイトデー。…ですが、女性へのお返しは何を選べばいいのか、男性にはよくわかりませんよね。

ホワイトデーのお返しに何を貰えば嬉しいか?

女性の視点から、彼女や職場の女性などの相手別に、失敗しないホワイトデーのお返しを案内します。

スポンサーリンク

会社の同僚・女性社員へのホワイトデーのお返し

色とりどりのマカロンの写真。レースペーパーの上にマカロン菓子が5個乗っている会社の女性社員へのホワイトデーのお返しは、やはりお菓子がベスト。

女性は「バレンタインのチョコレートをあげたら、当然ホワイトデーにはお返しがある」と思っていますので、女性社員を敵に回したくなければ、お返しを用意するのが無難です。

注意したいのは、お菓子のチョイス。女性はお菓子のブランドやパッケージをよく見ています。そして、貰ったプレゼントの内容で男性を格付けする傾向があるので、コンビニやスーパーのお菓子はNGです。

ホワイトデーのお返しを買うなら、できれば百貨店のお菓子売り場やケーキ屋さんなどの、専門店で選ぶことをおすすめします。

ポイントは、パッケージが華やかで可愛らしいものを選ぶこと。値段は1000円程度でもかまいませんし、大きさも小さいものでかまいません。大きさよりもデザイン重視で選ぶのが、女性に喜ばれるコツです。よくわからない場合は、店員さんに聞いてしまいましょう。

スポンサーリンク

気になっている女性へのホワイトデーのお返し

リボンがかかったプレゼントの箱の写真。水色のボックスに水色のリボンがかかっている気になる女性にホワイトデーのお返しをする場合、気合いを入れて豪華なプレゼントを買いたくなりそうですが…

何を贈るかは、相手との距離、脈があるかどうかによって判断しましょう。

相手の女性もあなたに好意を持っている場合は、アクセサリーやお洒落なディナーは喜んでもらえます。でも、女性側がまだあなたに強い好意を持っていない場合、あまり豪華なプレゼントを贈ると、逆に引かれます。

特にアクセサリーは要注意。女性にとってアクセサリーを貰うということは特別な意味があります。キスやセックスと同じで、好きな相手ならこの上なく嬉しいけれど、無関心な相手だと重く、迷惑に感じます。

恋愛はシーソーと同じで、どちらかが重すぎても軽すぎても、うまくいきません。彼女の気持ちがわからないのであれば、あまり張り切り過ぎず、お菓子くらいにしておくことをおすすめします。女性が快く応じてくれるなら、食事に誘ってもよいでしょう。

彼女・恋人へのホワイトデーのお返し

ワイングラスの写真。2つのワイングラスに、白ワインと赤ワインが入っているお菓子、アクセサリー、食事、いずれも喜ばれます。男性からすると非常に身勝手なようですが、女性は何かして欲しいことがあっても、自分の口ではハッキリ言わず「彼氏ならわかってくれるはず」と期待する生き物です。

基本的に、ほとんどの女性は「本命の彼女である私には、特別なお返しがあるはず」と思っています。彼女へのホワイトデーのお返しは、お菓子にせよ食事にせよ、いつもより少し高級で豪華なものを用意してあげると喜ばれます。

妻・奥さんへのホワイトデーのお返し

花束を持った男性の写真お菓子や花束を持ち帰ると喜ばれます。

また、レストランの食事に連れて行って、いつも家事をしてくれることや、料理を作ってくれることに感謝の気持ちを伝えると、とても喜んでくれるでしょう。

主婦であっても共働きであっても、家事というのは、普段なかなか褒めてもらうことがなく、女性は自分の働きが認められないことにストレスをためています。

いつも頑張ってくれてありがとう、と家事や料理を労ってもらえるのは、妻たちにとっては非常に嬉しいことなのです。ホワイトデーという機会を使って、奥さんに日頃の感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。少し照れくさいかもしれませんが、本当に喜んでくれるはずですよ(^_^)