洗濯物の臭いを消す方法まとめ。洗剤を変えなくても臭いは消せる!

洗濯物のあの臭い、どうしたら消える?

部屋干しや梅雨の季節に気になる、洗濯物のあの臭い。

生乾きの雑巾のようで、せっかく干した服屋タオルが使えない…。

臭いは洗濯物が乾いても消えないので、結局洗い直しです。

あの臭いを消す方法はないものか?とお困りのあなたに、洗濯物の臭いを消す方法を大公開!

洗濯物の干し方で消す方法と、洗い方で消す方法、2タイプの方法を紹介するので、今あるもので出来る方法を選んで試してみてくださいね。

どの方法も、効果はバッチリです!

干し方を工夫する

まずは道具を使わず簡単にできる、干し方で洗濯物の臭いを消す方法から。

洗濯物の臭いの原因は、雑菌の繁殖です。

この雑菌はジメジメした環境で繁殖するので、洗濯物を干す時に風通しをよくしてあげれば、それだけで臭いは付かなくなります。

洗濯物の臭いの原因はジメジメした環境で繁殖する雑菌!風通しをよくして干せば雑菌は繁殖せず臭いは発生しない!

梅雨の時期や部屋干しで洗濯物の臭いが出やすいのは、湿気が多くて洗濯物が乾きにくく、雑菌にとっては格好の繁殖の場になるため。

今、洗濯物同士が触れ合うくらいギュウギュウに密集した状態で干しているという人は、間違いなくそれが臭いの原因です。

洗濯物を干す時に空間を開けて、風通しが良くなるように干してみてください。

え、こんな簡単なことで?と思うかもしれませんが、本当に、こんな簡単なことで臭いは付かなくなります。

 

でも、一人暮らしや賃貸住宅だと、洗濯物を干すスペースが足りなくて十分な間隔を開けられなかったり、風がない部屋干しで洗濯物を干さなければいけないですよね。

そんな時は、次の2つの方法を試してみてください。

スポンサーリンク

洗濯物の下に新聞紙を敷く

丸めた新聞紙を持った少年の写真1つ目は、洗濯物の下に丸めた新聞紙を敷く方法。

新聞が湿気を吸い取ってくれるので、風通しが悪くても洗濯物の乾きが良くなり、臭いの発生を予防できます。

 

ただ、この方法の難点は、お部屋の見た目が悪くなること…。

傍目には新聞紙を散らかしているようにしか見えないので、お世辞にもきれいとは言えません。

そこでおすすめしたいのが、サーキュレーターという送風機を使う方法です。

スポンサーリンク

サーキュレーターで送風する

サーキュレーターとは、室内の空気を循環させるために使う、首のない小型の扇風機。

このサーキュレーターを洗濯物を干した横か下に置いて回しておけば、空気が循環して、狭いスペースでも洗濯物に臭いが付かなくなります。

 

サーキュレーターは、安価なものなら3000~4000円程度から購入可能。

一度買えばずっと使えるので、部屋干ししかしないという人には特におすすめの方法です。

効果は抜群ですよ!


さて、洗濯物の臭いをなくすために、干し方を工夫する方法を紹介してきました。

次に紹介するのは、干す前の段階である、洗う時点で臭い対策をする方法です。

洗い方を工夫する

洗濯物を洗う段階で雑菌をやっつけてしまえば、洗濯物を干す時に雑菌が繁殖することはありません。

あらかじめ洗濯物を殺菌することで、臭いが出るのを防ぐ方法を4つ、紹介します。

熱湯に浸ける

湯気の上がったやかんの写真最もお金がかからないのは、熱湯殺菌。

洗濯物を洗う前に、30分ほど熱湯に漬けておくと、臭いを予防できます。

ただし、大量の洗濯物を洗う時には向かないので、もう臭いが付いてしまった少量の洗濯物を洗い直す時の応急処置として試してみてください。

なかなか取れない赤ちゃんのよだれの臭いにも効果があるので、スタイ(よだれかけ)やミトンを洗う時にもおすすめですよ。

酵素系漂白剤に浸ける

洗剤のボトルとタオルの写真確実に臭いを取りたいなら、漂白剤を。

漂白剤は、本来は汗ジミや黄ばみなどの頑固な汚れを取るために使うものですが、高い殺菌効果があるので、生乾きの臭い防止にも効果があります。

 

ここで注意したいのは、使用する漂白剤の種類。

市販の漂白剤は、塩素系と酵素系の2タイプがあり、それぞれ次のような特徴を持ちます。

  • 塩素系漂白剤 … 漂白力が高いが、衣類が色落ちするので白物にしか使えない
  • 酵素系漂白剤 … 漂白力は塩素系に劣るが、色柄のある衣類にも使える

臭い消し用に使うのは、どちらのタイプでもOK。

ただし、塩素系の漂白剤は白のワイシャツやTシャツ以外には使えないので、洗濯物の臭い対策に使うなら、酵素系のほうが良いでしょう。

塩素系は、洗うのがワイシャツのみだったり、臭い以外にシャツの黒ずみや汚れも取りたい場合に使います。
洗濯物の臭いは漂白剤でも防げる!使用する時は漂白剤のタイプに注意 臭い対策なら、色柄物OKの酵素系のほうが良い!

漂白剤は直接洗濯槽に入れるのではなく、40度前後のお湯に規定量を溶かし、洗濯物を20分ほど浸け置きして使います。

浸け置き後の洗濯物は、通常どおりに洗濯しましょう。

漂白剤よりも安全なものを使いたいという人は、重曹を使って同じ効果を得る方法もあります。

重曹を使う

白い粉の入った軽量スプーンの写真料理からお掃除まで、あらゆる目的に使える魔法の粉として人気の重曹。

100円均一やドラッグストアで手軽に買えるので、あなたの家にもひとつ、あるかもしれませんね。

この重曹も、洗濯物の臭い消しに使えます。

 

使い方は、洗濯する時、水50リットルに対して1/2~1カップほどの重曹を投入して溶かし、重曹が溶けてから洗剤を入れます。

この順序が非常に大切。
重曹を先に溶かすことで水が軟化し、洗剤の洗浄力と殺菌力を上げる効果があるのです。

洗濯物の臭いを取るだけでなく、黄ばみを落としたり、色を鮮やかに洗い上げる効果もあるので、体や環境への優しさにこだわりたい人は、重曹洗濯を試してみてくださいね。

水50リットルに重曹1/2~1カップで消臭効果!この順番が大事!1.重曹→2.洗剤

ただ、洗濯の度に重曹1/2~1カップというのは、けっこうな量。

梅雨時などワンシーズンだけならともかく、通年で使うのは少々面倒かもしれません。

毎日、もっと手軽に使いたいなあ…という人に、ちょっと面白いグッズも紹介します。

ホタテの貝殻を使う

その面白いものとは、ホタテの貝殻。

ホタテの貝殻を高温で焼いて作る焼成カルシウム粉末には強力な除菌効果があることがわかり、100%天然で安全な除菌洗浄剤として注目を集めています。

 

洗濯する時、ホタテ貝殻の粉末を洗剤と一緒に入れると、臭いのもととなる菌を殺菌し、あの嫌な臭いの発生を抑えてくれます。

さらに、洗濯槽の洗浄効果もあるので、カビ予防にもなって一石二鳥。

重曹よりも消臭効果が高く、浸け置きの手間もないので、洗濯物の量や回数が多い家庭でも手軽に使えますよ。

洗濯物の臭いを消す方法まとめ

それでは、洗濯物の臭いを消す方法をまとめます。

洗濯物の臭いの原因は、ジメジメした環境で繁殖する雑菌。

干す時に雑菌が繁殖できないようにするか、洗う段階で除菌することができれば、あの生乾きの臭いを防ぐことができます。

具体的には、次のような方法が有効です。

  • 洗濯物の風通しが良くなるよう、十分なスペースを空ける
  • 洗濯物の下に新聞紙を敷いて湿気を取る
  • 送風機を使って風を通す
  • 熱湯で除菌する
  • 酵素系漂白剤で除菌する
  • 重曹で除菌する
  • ホタテ焼成粉末で除菌する

洗濯物の臭いを取るのに最も簡単なのは、干す時に洗濯物と洗濯物の間に十分なスペースを空けること。

これだけで本当に臭いは付かなくなるのですが、スペースを取るのが難しい場合は、紹介した方法のうちから、やりやすい方法を試してみてくださいね。

 

個人的なおすすめは、サーキュレーターとホタテ焼成粉末。

わりとギュウギュウに密集して干した洗濯物でも、サーキュレーターを回しておくと、まったく臭いが発生しません。

しかも消耗品ではなく、一度買ってしまえばずっと繰り返して使えるので、長い目で見ればコスパは◎。

冷房や暖房の季節は、サーキュレーター本来の役割である、室内の温度ムラをなくすのにも使えます。

 

ホタテ焼成粉末は、「ホタテの力くん」というシリーズを使用しているのですが、消臭効果に加えて、洗濯槽の洗浄ができるのが大きな魅力。

ただ、1年を通じて毎日使うにはコスパがいまいちなので、臭い対策よりは洗濯槽のカビ対策として、週に数回使用しています。

もちろん除菌効果のほうも素晴らしく、梅雨時の部屋干しでも、うっかり洗濯機に入れっぱなしにしてしまった洗濯物でも、まったく臭いません。

どちらの方法も、すぐに効果が実感できるので、洗濯物の臭いに悩んでいる人は、ぜひ試してみてくださいね!


参考文献)
暮らしに役立つ265の裏ワザ(SMART GATE Inc..)
伝えていきたい暮らしの知恵(学研パブリッシング)
おとなの楽習 (12) 家庭科のおさらい(自由国民社)
失敗しない単身赴任マニュアル100(PHP研究所)
重曹とお酢ですっきり暮らす(主婦の友社)
重曹生活のススメ(飛鳥新社)
ムリなく、きちんと 暮らしの基本とコツ大全(PHP研究所)