ハッカ油の虫除けスプレーの作り方。効果バツグンの強力版も!

ハッカ油で手作り!体と環境に優しい虫除けスプレー

ハーブと精油ボトルの写真夏のアウトドアや、窓を開けた室内では、虫除けスプレーは必需品。

市販品もたくさんありますが、化学成分が気になっている人も多いでしょう。

そんな時に役立つのがハッカ油で作る、手作りの虫除けスプレー。

天然成分なので赤ちゃんにも使えますし、ハッカの清涼感で夏の暑さもスッキリ爽快。

スプレーを作るなんて難しそうですが、実は材料も少なく簡単なので、体と環境に優しい虫除けスプレーを探している人は、ぜひ手作りにチャレンジを。

虫除け一般に日常使いできるスプレーから、ガーデニングや畑の虫除けに使える強力版まで、目的別に、ハッカ油を使った虫除けスプレーの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

ハッカ油で虫除けできる虫の種類は?

虫除けスプレー作りを始める前に、あなたが避けたい虫が、ハッカ油で避けられるのかどうかを確認しておきましょう。

ハッカ油が虫除け効果を発揮するとされている虫の種類は、次のとおり。

  • 小さな昆虫類
  • クモ
  • アリ
  • ゴキブリ
  • ムカデ
  • 蚤、ダニ
  • カメムシ

近寄ってこられては嫌な虫は、だいたい含まれていますね。
ゴキブリにも効果があるなんて、頼もしい…!

反対に、ハッカ油が効かない虫は、アブラムシ、てんとう虫、バッタなど。
特にバッタは農業害虫としては厄介な存在で、ハッカ以外にも一般的な虫が嫌うハーブ類を物ともせず、葉っぱをムシャムシャ食べてしまいます。

バッタ避けにはハッカ油は効かないので、残念ですが、網でガードするなど別の方法を探しましょう(-_-;)

 

あなたが避けたい虫にハッカ油が効くことがわかったら、次は材料の準備です。
材料自体はシンプルなのですが、その選び方にはちょっとしたポイントが。

虫除けスプレーの材料を揃えるにあたり、気をつけたいポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

ハッカ油の準備。ペパーミントとの違いって?

まず準備すべきは、主役のハッカ油。
最も手に入りやすいのは、こちらの健栄製薬のハッカ油で、少し大きなドラッグストアならたいてい置いています。

虫除けスプレーに使用する量はそんなに多くはないので、初めて買うなら1番小さなボトルでも大丈夫。
薬コーナーの隅っこの棚に、ひっそりと置いてあることが多いので、見つからない場合は店員さんに聞いてみてください。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

健栄製薬 ハッカ油(20mL)[ハッカ油 アロマオイル 花粉対策]
価格:628円(税込、送料別) (2016/8/12時点)


ハッカ油が手に入らない場合、アロマテラピー用のペパーミント精油でも代用可能
です。

ここで出てくるのが、ハッカ油とペパーミント精油って何が違うの?という疑問ですが…

両者の違いは精油の抽出源となる植物。
ハッカ油はニホンハッカ、ペパーミント精油はペパーミントから作られます。

どちらも同じハッカ草に属する植物ですが、メントールの含有量が異なり、ペパーミントは40~50%、ニホンハッカでは65~85%。
そのため、ニホンハッカのほうがより強い清涼感があります。

 

精油としての性質は同じで、虫除け効果はどちらにもあるので、手に入りやすいほうを選んで大丈夫。

ただ、ハッカ油はメントールの含有量が多い分、刺激性も強いので、肌に直接スプレーする目的で、肌への優しさを重視したいのなら、ペパーミント精油のほうが良いかもしれません。
ここはお好みで決めてくださいね。

 

ハッカ油の準備ができたら、次はスプレー用の容器を準備します。
実は、ハッカ油を使った手作り虫除けスプレーでは、この容器選びに注意が必要なんです!

スプレー容器の準備。ポリスチレンはNG!

ハッカ油には、ポリスチレンという種類のプラスチックを溶かしてしまう性質があります。

ポリスチレン、スチロール樹脂、PSという表記があるものは、ハッカ油を入れると溶けてしまうため、使用してはいけません。

ハッカ油スプレーを入れる容器は、必ずポリプロピレン(PP)またはポリエチレン(PE)という表記があるものを選びましょう。

エタノールの選び方。無水エタノールと消毒用エタノールのどちらを使う?

水しぶきの写真

ハッカ油は「油」という名前のとおりオイルであり、そのままでは水に混ざりません。
そのため、水とハッカ油を混ぜるための溶媒として、エタノールが必要になります。

 

市販のエタノールには無水エタノールと消毒用エタノールという2種類がありますが、スプレー作りに使うのは、どちらでもOK。

 

無水エタノールと消毒用エタノールは濃度が違い、無水はほぼ100%、消毒用は80%の濃度です。

どちらを使っても、ハッカ油を溶かす溶媒としての機能には問題はありません。
手に入りやすいほうや、もともと家にあるものを使えば大丈夫です。

 

さあ、これで手作り虫除けスプレーに欠かせない3つの材料、ハッカ油、スプレー容器、エタノールが揃いましたね。
次はいよいよ、スプレーを作っていきましょう!

基本のハッカ油虫除けスプレー

ハッカ油の虫除けスプレー、基本の作り方

虫除けスプレーの作り方はとても簡単。

材料を計量してスプレー容器に入れ、よーく振って混ぜるだけです。

最も基本的な、ハッカ油の虫除けスプレーの材料はこちら。

  • ハッカ油 … 20~60滴
  • エタノール … 10ml
  • 精製水 … 90ml

ハッカ油の量は、好みや目的に応じて変えてください。

ハッカ油の量が多いほど虫除け効果が強くなりますが、反面、香りや肌への刺激も強くなります。
まずは20滴から試して、徐々に量を調節してみてくださいね。

 

この手作りハッカ油スプレーは、材料を加えることで香りや機能のアレンジも可能。
一例として、おすすめのアレンジ方法を紹介します。

ちょい足しで応用編(1)ゼラニウム精油で香りを和らげる

アロマオイルの小瓶の写真ハッカの香りが苦手な人は、基本のレシピにゼラニウム精油を数滴、足してみましょう。

ゼラニウムは、ほんの少し青みがかった、バラによく似た香りの精油。

ハッカ油にブレンドすると、ハッカの香りが和らぎます。

 

精油は複数種類をブレンドすることができるので、ゼラニウム以外にもお好みの精油を足すと、虫除け効果のあるオリジナルルームスプレーが作れますよ。

自分好みの精油をブレンドすれば、良い香りでリフレッシュ効果も得られます。

ちょい足しで応用編(2)重曹で消臭効果をプラス

重曹小さじ1/2を追加すると、虫除けプラス消臭効果のあるスプレーに。

室内用や、外で洗濯物を干す時に役立ちそうですね。

ハッカ油虫除けスプレーの使い方

スプレー容器の写真出来上がったスプレーは、肌や衣服に直接スプレーしたり、窓枠や網戸、玄関先などに吹きかけて使用します。

肌に付けると、メントールのスーッとする清涼感があるので、暑い日のゴルフや釣り、登山などのアウトドアにもピッタリ。
でも、目に入ると激痛ですので、顔周りへの噴霧は避けてくださいね。

 

手作りスプレーの虫除け効果は1~2時間程度と、あまり長くはありません。

虫除け効果を実感するには、こまめな吹き直しは必須です。
香りが飛ぶと虫除け効果も弱くなるので、小さなスプレー容器に持ち歩くなどして、香りが薄れる前にスプレーし直しましょう。

 

スプレー自体も、長期保存には向きません。
大量に作るのではなく、基本のスプレー100mlを10日ほどで使い切り、なくなったら都度作り直すようにしてください。

 

さて、基本のスプレーは、人や部屋の虫除け用に使うもの。
効果の持続時間が短いこともあり、ガーデニングや畑の虫除けには不十分です。

ガーデニングの虫除けをしたい人は、次に紹介する強力版スプレーの作り方をお試しあれ。
もちろん、自然な成分のみを使った、安全なスプレーです!

超強力!ハッカ油+ニンニクの虫除けスプレー

ハッカ油+ニンニクスプレーの作り方

こちらで紹介するのは、ガーデニングや畑の虫除けに使える、強力版虫除けスプレーの作り方。

このスプレーは、アメリカ人女性のJamiさんが自身のハーブ園や家庭菜園を虫から守るために編み出した、とっておき。

ニンニクとミントを使って作る、スペシャルな虫除けスプレーです。
Jamiさんによる解説動画ではミントの生葉を使っていますが、同じミントの仲間であるハッカ油でも、もちろん代用OK。

基本のスプレーより少し手間はかかりますが、「本当に効く!」と評判になっているこのスプレー、畑やプランターの虫に困っている人にはおすすめです。

動画(英語)では、生のミント葉を使って作っていますが、ハッカ油かペパーミント精油でも作れます。
Jamiさん特製虫除けスプレーの材料はこちら。

  • ニンニク … 丸ごと2個(皮と根っこは取っておく)
  • ハッカ油またはペパーミント精油 … 48滴
  • ※生の葉を使う場合は、ミントまたはハッカの葉っぱ3カップ
  • カイエンペッパー … ティースプーン2杯
  • 生分解性の洗剤 … 軽く2プッシュ

生分解性の洗剤とは、一定期間で分解されて自然に帰る洗剤のこと。

洗剤は殺虫目的ではなく、スプレー成分の植物への吸着を良くする目的で使用するそうです。

ごく少量なので、植物や人体への害はないそうですが、安全性を重視するなら、液体カスチール石鹸がおすすめとのこと。

Jamiさんも使っているという、ドクターブロナーの液体マジックソープなら、日本でも入手しやすいですよ。

 

材料が揃ったら、次の手順でニンニクミントスプレーを作ります。

  1. ニンニクをフードプロセッサーにかけてペースト状にする(生のミント葉を使う場合は、ここで一緒に加える)
  2. 1のペーストとハッカ油、カイエンペッパー、水を鍋に移し、沸騰させた後、一晩置いて冷ます
  3. 洗剤2プッシュを入れて完成

できあがった原液をスプレー容器に入れれば、特製虫除けスプレーの出来上がり。
こちらのスプレーは基本の虫除けスプレーとは使い方が少々違うので、使用上の注意点をまとめておきます。

ニンニク入り虫除けスプレーの使い方

ニンニク入り虫除けスプレーは、使用前にスプレー容器をよく振ってから、植物に直接吹き付けて使用します。

ハッカ油のみのスプレーはこまめに吹き直す必要がありましたが、このニンニク入りスプレーは、何度もスプレーし直す必要はありません。

虫除けしたい植物や作物にくまなく吹きかけたら、数日間様子を見て、虫除けの効果が薄れたと感じたら、再度スプレーしてください。

Jamiさんは、たいていの場合、ワンシーズンに1~2回の使用で十分だったと話しています。
ニンニクとカイエンペッパーの効果でしょうか、ハッカ油だけのスプレーより、かなり効果が長持ちするんですね。

 

保存期間も長く、常温で2~4週間ほどが、効果が薄れず使える目安。
やはり香りが飛ぶと虫除け効果が薄れるそうなので、作り置きせず、使う直前に作りましょう。

 

ニンニクの匂いが付くんじゃ…?と心配になるかもしれませんが、スプレー使用から数日経てば、ニンニクの匂いや味は飛んでしまうそう。

Jamiさんは食用のバジルや豆類の栽培にもこのスプレーを使っていますが、ニンニク臭が気になったことはないそうですよ。

 

家庭菜園やガーデニングに、安全で効果の高い虫除けスプレーをお探しの人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

参考)
Homemade Garlic-Mint Garden Insect Spray {that really works!!}

ハッカ油を使った虫除けスプレーのまとめ

最後に、ハッカ油の虫除けスプレーの作り方と注意について、重要ポイントのおさらいです。

  • スプレー容器は必ずポリプロピレン(PP)あるいはポリエチレン(PE)製のものを使う
  • エタノールは無水、消毒用のどちらでもOK
  • 基本の虫除けスプレーはハッカ油20~60滴、エタノール10ml、精製水90ml
  • 虫除け効果は1~2時間しか続かないので、こまめに吹き直す
  • ガーデニングや畑用には、ニンニク入りの強力版で

虫除けスプレーを手作りするなんて、なんだか難しそうですが、一度ハッカ油とエタノールさえ買ってしまえば、あとは何度でも簡単に作れます。

キャンプやバーベキュー、お祭りなど、いろんな場面で使える手作り虫除けスプレー、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

100%天然成分の虫除け&日焼け止めスプレー

化学成分やディートの入った虫除けは使いたくない。

手作りスプレーはちょっと面倒…。

そんな人におすすめしたいのが、ベビーケア用品ブランド、アロベビーから販売されている「UV&アウトドアミスト」。

アロベビー日焼け止め

UV&アウトドアミストは、レモングラス精油とローズマリー精油から作られた、天然成分100%の虫除け兼日焼け止めスプレー。

0歳の赤ちゃんにも使えるほど低刺激で、シュッと簡単に塗り直しできる、便利なミストスプレータイプ。

子供のいるママを中心に、累計25万本以上が売れている人気商品です。

 

価格は1本2350円と、普通の虫除けスプレーよりは少し高価ですが…

虫除けと日焼け止めの1本2役であること、毎日使っても1本で1ヶ月使えることを考えれば、コストパフォーマンスは悪くありません。

何より、赤ちゃんの肌にも優しく、子供の口に入っても大丈夫だという安心感は大きいですよね。

 

興味のある方は、公式HPで成分や使い方をチェックしてみてください。

送料無料で最大15%OFFになる、お得なまとめ買いセットもありますよ。

アロベビー UV&アウトドアミスト
天然成分100%の虫除けスプレー、アロベビーの公式HPへ≫