新幹線に乗車NGの犬も!新幹線に犬を乗せる前に知っておくべきこと

新幹線に犬を乗せる時のルールと注意点

犬の写真。ポメラニアンがこっちを見ている帰省や旅行で、犬と一緒に新幹線に乗りたい時があります。でも…

「どんな犬でも新幹線に乗車できるのか?」
「犬用にも切符を買わなければいけない?」
「お金はかかる?」

などなど、初めての時には疑問がたくさん出てくるもの。

新幹線に犬を乗せる時には、決まった手続きやルールがあります。知らずに駅に行ってトラブルにならないように、何より可愛いワンちゃんが嫌な思いをしないように、事前にしっかりチェックしましょう。

スポンサーリンク

新幹線には乗車できる犬と、できない犬がいる

犬は新幹線の規則では「手回り品」の扱いとなり、手荷物のひとつとして、飼い主さんと一緒に乗車することが認められています。ただし、乗車できる犬のついては次のような規定があり、これに外れる犬は新幹線に乗車することはできません。

  • 子犬・猫・鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やヘビ類はNG)
  • 長さ70cm以内、縦・横・高さの合計が90cm程度のケース・ケージに入れること
  • ケースとペットを合わせた重さが10kg以内であること

上記のルールに従うと、新幹線に乗せられる犬は超小型犬~中型犬まで。

体重10kg程度の犬種は、具体的には次のような犬種です。柴犬の体重がおおよそ10kgくらいなので、柴犬くらいの大きさが新幹線に乗車できる犬のひとつの目安になります。

コーギー、シーズー、柴犬、スコティッシュテリア、スピッツ、ダックスフント、チワワ、トイプードル、パピヨン、ビーグル、フレンチブルドッグ、プードル、ペキニーズ、ボーダーテリア、ポメラニアン、マルチーズ、ヨークシャーテリア
スポンサーリンク

犬を新幹線に乗せるには手続きと持ち込み料金が必要!

新幹線に犬を乗せる際には、規定の「手回り品料金」がかかります。料金は1匹につき一律280円。

乗車当日に、窓口で「普通手回り品切符」を購入して、料金を支払っておく必要があります。犬を連れて新幹線に乗る場合は、通常より余裕を持って出発しましょう。

犬用に座席を取ることはできない

新幹線車内の写真。誰も座っていない3人掛け座席犬のために座席を取ることは、指定席でも自由席でも禁止されています。

犬をケージから出して抱いたり、顔を出したりすることも禁止ですので、ケージを膝の上やシートテーブル、通路などに置いて乗ります。

飼い主さんにとっては少し可哀想な気持ちになるかもしれませんが、乗客すべてが動物好きとは限りませんし、ペットアレルギーを持つ人がいる可能性があります。ルールを守って、快適な乗車に努めましょう。

人間にとっては狭い=窮屈で苦しい、というイメージですが、ワンちゃんは狭い場所にいることが意外と苦になりません。犬は自分より大きなケージより、少し狭いくらいのケージのほうが落ち着きます。

旅行用ならなおのこと、少し小さめのペットケージやキャリーケースを用意するのがおすすめです。