いとこの子供の呼び方は従甥・従姪。ややこしい親族の呼び方まとめ

親族の呼び方と関係は?

こちらを覗き込んでいる子供たちの写真実家への帰省時や冠婚葬祭の時など、ふと親族の呼び方がわからなくなる時はありませんか?

例えば、いとこの子供の呼び方。

答えは「従甥(じゅうせい)」「従姪(じゅうてつ)」なのですが、なかなかこんな言葉は出てきませんよね。

なお、自分の子供といとこの子供は、お互いに「再従姉妹・再従兄弟(はとこ)」の関係です。

 

親族の呼び方は、近い関係であってもよくわからないことが多いもの。

例えば、普段何気なく使っている「おじ」「おば」という呼び方も、実は自分の親より年上か、年下かで漢字の書き方が違うんです。

親族の集まりなどで恥ずかしい思いをしないよう、一度正しい呼び方・書き方をチェックしておきたいところ。

意外と知らない親族の呼び方と関係をまとめました。

スポンサーリンク

親族の呼び方一覧

会ったり話したりする機会が多いのに、どう呼ぶのかわかりにくい…

そんな身近な親族の呼び方一覧です。

関係 呼び方 読み方
両親の兄弟(年上) 伯父・伯母 おじ・おば
両親の兄弟(年下) 叔父・叔母 おじ・おば
兄弟の子供(男) おい
兄弟の子供(女) めい
おじ・おばの子供 従兄弟・従姉妹 いとこ
祖父母の兄弟(年上) 大伯父・大伯母 おおおじ・おおおば
祖父母の兄弟(年下) 大叔父・大叔母 おおおじ・おおおば
いとこの子供(男) 従甥 or 従兄弟違 じゅうせい・いとこちがい
いとこの子供(女) 従姪 or 従姉妹違 じゅうてつ・いとこちがい
両親のいとこ(男) 従祖父 いとこおじ
両親のいとこ(女) 従祖母 いとこおば
両親のいとこの子供 再従兄弟・再従姉妹 はとこ

「おじ」「おば」は、話し言葉では同じですが、漢字では違う字を書くというのは、知らなかった人も多いのでは?

いとこの子供を意味する従甥・従姪は、初めて聞いた人もいるかもしれませんね。

 

さて、ここにあげた親族は、みんな近かれ遠かれ血のつながった人たち。

親族には、自分とのつながりの近さによって「親等(しんとう)」というものがあり、それにより相続や結婚の法律上のルールが定められています。

例えば、自分のいとこや、おじと結婚できるかどうかも、この親等がいくつかによって決まっているんですよ。

次は、親族の親等とその意味について見ていきましょう。

スポンサーリンク

親族のつながりを表す「親等」とは

親等とは、親族間の世代数を数える単位。

1番近い血族である父母や子供を1親等、祖父母を2親等というように、自分を起点としてどれくらい世代を経ているかを1、2、3…と数えていきます。

親等の図解イラスト

日本では、親族や家族の権利は民法によって定められています。

それによると、法律上の「親族」の定義とは、次の3つ。

  • 6親等内の血族
  • 配偶者
  • 3親等内の婚族(義実家側の血族のこと)

このうち配偶者、つまり自分の夫や妻は、親族の中でも特殊な扱いで、親等の設定はありません。

少しでも血がつながっている人のことを「親戚」と呼びますが、「親族」という場合は、6親等内という定義があるんですね。

でも、6親等ってどれくらい離れているんでしょう…?
先ほどの親族の呼び方が、それぞれ何親等にあたるのかを確認してみましょう。

親族と親等の一覧

親族の親等は次のようになっています。

関係 呼び方 親等
両親の兄弟(年上) 伯父・伯母 3親等
両親の兄弟(年下) 叔父・叔母 3親等
兄弟の子供(男) 3親等
兄弟の子供(女) 3親等
おじ・おばの子供 従兄弟・従姉妹 4親等
祖父母の兄弟(年上) 大伯父・大伯母 4親等
祖父母の兄弟(年下) 大叔父・大叔母 4親等
いとこの子供(男) 従甥 or 従兄弟違 5親等
いとこの子供(女) 従姪 or 従姉妹違 5親等
両親のいとこ(男) 従祖父 5親等
両親のいとこ(女) 従祖母 5親等
両親のいとこの子供 再従兄弟・再従姉妹 6親等

手をつないで立っている3世代親子の写真法律上の親族である6親等というのは、この表で見ると、両親のいとこの子供。

両親のいとこというのは、自分から見るとおじいちゃん・おばあちゃんの兄弟の子供。

ですから、両親のいとこの子供というのは、自分の視点で見ると、「おじいちゃんのお兄さんの息子の娘」「おばあちゃんの弟の娘の息子」となりますね。

この人たちが6親等ですが、うーん、近いような、遠いような…?(^_^;)

これ以上離れてしまうと、めったに接点もないでしょうから、法律上の親族は6親等までというのは、なかなか絶妙な距離感なのかもしれません。

 

親族には相続や婚姻における法律上のルールが生じ、それらは民法で定められています。

例えば、親族同士はどこから結婚OKで、どこからが結婚NGなのか、ちょっと気になりませんか?

これも、親等によって決められているんです。

親族同士は、どこから結婚OK?

ブーケを持った花嫁の写真日本の法律では、結婚が可能なのは4親等以降から。

3親等以内は結婚不可なので、3親等である甥・姪、おじ・おばとは結婚はできません。

いとこは4親等ですから、いとこ同士は結婚可能です。

 

いとこ同士で結婚OKかどうかは、国によって違うのも興味深いところ。

結婚可能な親族が5親等の中国や、9親等である中国では、いとこ同士は結婚できません。

 

アメリカは州ごとに違い、全50州のうち、ちょうど半数にあたる25州がいとことの結婚を禁止しています。

アメリカだと、ある州では結婚できない2人が、別の州に引っ越したら結婚できる、なんてこともあるかもしれないんですね。

まとめ

ややこしい親族の呼び方や、親等について説明してきました。

普段の生活では、親族との関係や呼び方を意識することは少ないもの。

冠婚葬祭シーンや嫁ぎ先での親族の集まりに行ったりすると、

「あの人は○○さんのおじさんで、あの隣の人は○○さんのいとこの娘さんね」

…なんて紹介を延々と聞かされて、「えーと、結局あの人とあの人はどんな関係なんだ?」と、混乱することもありますよね。

呼び方にしても、いとこ・はとこあたりまでは付いて行けても、いとこの子供である従甥(じゅうせい)、従姪(じゅうてつ)あたりになると、咄嗟に意味がわからなくても不思議はないと思います。

親族の集まる場に行く時は、誰がどんな関係の親族なのか、あらかじめ復習しておくといいかもしれませんね。


参考文献)
図解夫婦・親子・家族の法律がわかる事典(三修社)
すぐに役立つ結婚・離婚・親子のトラブル解決マニュアル(三修社)
家系図を作ろう(エイ出版社)
これは使える!「○○の単位」事典(PHP研究所)