プレーンノットの結び目が斜めになる…。斜めにならない結び方、3つの解決策

プレーンノットで結んだ結び目がいつも斜め。斜めにならずに結ぶには?

片手をネクタイにかけているスーツ姿の男性の写真ネクタイの最も基本的な結び方であるプレーンノット。ビジネスマン男性のほとんどが使っている、ネクタイの一般的な結び方です。

プレーンノットでネクタイを結ぶ男性の多くが悩んでいるのが、結び目が斜めになってしまうこと。

そもそも、プレーンノットとはそういう結び方なので、結び目が完全に左右対称にならなくても、正しい結び方ではあるのですが…

あまりにも斜め過ぎるとカッコ悪い、結び目を斜めにしたくない、と、気になってしょうがないビジネスマンも多いよう。

プレーンノットの斜めが気になる人に、結び目をまっすぐにする3つの解決策を紹介します。

スポンサーリンク

プレーンノットを斜めにしないコツ(1)
結び目は、ふんわり大きく作ると形を調整しやすい

グレーのネクタイを結んでいる男性の写真途中のプレーンノットを結ぶ時、最初にネクタイをくるりと巻いて結び目を作りますが、この結び目をふんわり大きく作っておくと、後から形を整えやすくなります。

結び目をキュッと小さく絞って結んでしまうと、なかなか後から調整が効きません。いつも小さい結び目でスタートしている人は、空気を入れるようにふわっと大きな結び目をイメージしてネクタイを結んでみましょう。

スポンサーリンク

プレーンノットを斜めにしないコツ(2)
結び目の斜めになった部分を、シャツの襟下に入れてしまう

プレーンノットでネクタイを結ぶと、結び目が完全に左右対称にならず、三角形の左右どちらかが長くなります。

この長くなって斜めになっているほうを、シャツの襟下に入れてしまいましょう。

すると、左右のバランスが整って、見た目の斜めの印象が和らぎます。

プレーンノットを斜めにしないコツ(3)
この際、結び目が左右対称になる結び方に変えてしまう

上記2つのコツを実行しても、プレーンノットの結び目が気に入った仕上がりにならない場合…

この際、ネクタイの結び方を変えてしまうのが一番の解決策です。

もともと、プレーンノットは少し斜めの、ラフで気取らない仕上がりが特徴の結び方。完全に左右対称な結び目を作るのは、プレーンノットでは難しいのです。

ネクタイの結び方は、実に80通り以上も存在しますが、比較的簡単で、きれいな左右対象の結び目が作れる「セミウィンザーノット(ハーフウィンザーノットとも)」という結び方を紹介します。

詳しい結び方は、こちらの動画をどうぞ。前半は正面向きで、後半は自分の目線、2つの視点でセミウィンザーノットの結び方を解説してくれているので、左右が混乱せずわかりやすいですよ。

前半はネクタイを使わずに動画だけを見てイメージをつかみ、後半からは自分もネクタイを用意して、一緒に手を動かしてみるのがおすすめです。

納得のいく結び目は作れましたか?ネクタイの結び方は奥が深いもの。

プレーンノットを練習するか、思い切って別の結び方を覚えるか、自分に合った方法で、斜めにならない結び目を手にいれてくださいね。