お見舞いの袋の正しいマナー。書き方や金額を詳しく説明!

お見舞いのお金を入れる袋のマナー

入院着を着た女性と封筒、大きなはてなマークのイラスト何かと入り用な入院時、お見舞いのお金は喜ばれるものです。

でも、いざお見舞金を包もうとした時、悩んでしまうのがお金を入れる袋のこと。

祝い事ではないのに、のし袋を使ってもいいものか?

表書きはどう書けばいいのか?

金額はどれくらいなら失礼にならないのか…?

お見舞いなんて年に何度もあることではないだけに、封筒の選び方から書き方まで、迷ってしまうことばかり。

お見舞いのお金を入れる袋の正しい書き方と金額について、正しいマナーを紹介します。

スポンサーリンク

お見舞いのお金を包む袋の種類

まずは、お見舞いのお金を入れる袋の種類について確認しておきましょう。

お見舞いのお金を入れる袋は、紅白の結び切りの水引が付いた袋、白無地の封筒、赤い帯の入ったお見舞い用の封筒のいずれかを使用します。

それぞれのマナーについて、順番に説明していきます。

 

最初は紅白の結び切りの袋から。
一般的な病気や怪我のお見舞いには、紅白の結び切りの袋を使います。

紅白の結び切り…と聞いてもピンと来なかもしれないので、まずは次の図を見てください。

お見舞いに使える紅白の結び切りのイラスト

 

冠婚葬祭で使われる水引には、蝶結びと結び切りがありますが、それぞれきちんと意味があります。

何度でも結び直せる蝶結びは、何度あっても良い出来事に、簡単にはほどけない結び切りは、一度限りであって欲しい出来事に使用します。

では、お見舞いはどちらがふさわしいか?

当然、何度も入院なんてしたくないので、一度だけで済んで欲しい、結び切りのほうですね。
意味がわかると、水引を選び間違うこともなくなりますよ。

 

でも、水引の種類が合っているだけでは不十分。
さらに気を付けたいポイントについて説明していきます。

スポンサーリンク

お見舞いの袋に熨斗(のし)マークはNG!

腕でバツサインを作っている女性の写真水引の種類の他に気を付けたいのは、お見舞いに使う袋では、熨斗(のし)のマークが付いたものは避けるということ。

ご祝儀袋などの右上にある、お札のような折型のマークが熨斗です。

熨斗とは、もともとは薄くのしたアワビを、縁起物として贈り物に添えていたことに由来します。
でも、高級品であるアワビを毎度贈り物にに添えるのは、さすがに昔の人も辛かったのでしょう。

アワビの代用品として贈り物に添えるために生まれたのが、熨斗なのです。
もとが縁起物ですから、お祝いの時に添えるのが正しい使い方。

お見舞いは祝い事ではありませんから、封筒には水引のみで、熨斗は使わないのが正しいマナーです。

 

さて、お見舞いには紅白の結び切りが付いた袋を使うということがわかりましたが…

病気や怪我を見舞うのに紅白では、なんだか災難を祝っているようで抵抗がある、という人もいるかもしれません。

でも、紅白を使うのは、病気になったことを祝うわけではなく、全快を願うというポジティブな気持ちを込めているから。
決して失礼なことではないんですよ。

 

ただ、お見舞いの種類によっては、紅白の水引は避けたほうが良い場合もあります。

次は、紅白の水引以外で、お見舞いに使える袋と、どんな時に使うのかを説明します。
正しいマナーだとしても、お見舞いに紅白はやっぱり抵抗があるな…という場合にも使えるので、覚えておくと便利です。

白無地封筒か赤帯入りのお見舞い用封筒を使う場合

お見舞い用には、白無地封筒と、赤い帯の入った封筒も使えます。

お見舞い用の白無地封筒、赤い帯入りの封筒の図解

白無地あるいは赤帯入りの封筒を使うのは、次のような時。

  • 病気が非常に重い場合
  • 死産、流産のお見舞いの場合
  • 火事や地震など、災害のお見舞いの場合

上記以外に、一般的な病気や怪我のお見舞いにも使用可能です。
紅白の水引を使うことに抵抗がある場合や、袋の用意がなかった時に使ってもいいでしょう。

お見舞いの袋の表書きと名前の書き方

封筒・袋の準備ができたら、表書きと名前を記入します。

表書きは「御見舞」でOK。
目上の方へのお見舞いの場合には「御伺」とすることもあります。

名前の書き方は、まず次の図を見てください。

お見舞いの袋の表書きの書き方の図解

封筒の上部真ん中に「御見舞」あるいは「御伺」の表書きを書き、下部真ん中に自分の名前を書きます。

 

連名になる場合は、目上の人が1番右になるように書きましょう。

夫婦で連名にする場合、夫の名前をフルネームで書き、名前の部分の左側に妻の名前を書き添えます。
妻の苗字を書く必要はありません。

 

4名以上での連名になる場合、代表者の名前だけを書き、その左側に一回り小さな文字で「外一同」と書き添えます。

そして、連名者全員の名前を別紙に書き、袋の中包にお金と一緒に入れるようにします。

お見舞いに包む金額の相場

たくさん並んだ1万円札の写真お見舞いで贈るお金の金額は、親や親戚などの近親者で1万円、友人・知人で3000~5000円ほどが相場です。

死や苦につながる、「4」「9」の数字が付く金額は避けます。

 

包むお札は新札ではなく、普通のお札を入れましょう。

新札を使うと、病気になるのを待っていましたという意味になってしまいます。
弔事やお見舞いなどの場合は、「新札を用意する間もなく駆けつけました」という意味で、あえて普通のお札を使用します。

どうしても新札しかない場合は、折り目を付けてから包むようにしてください。

 

なお、一般に目上の人に現金を贈るのはマナー違反とされていますが、病気見舞いの場合には失礼にはあたりません。

 

ここまでで、お見舞いの袋とお金は準備できましたね。
次は、失礼のない渡し方について説明していきます。

お見舞いの贈り方

直接渡す場合

女性と子供が男性をお見舞いしているイラスト病院や自宅へ直接お見舞いに行く場合、前もって家族の方に連絡し、お見舞いに行っても差し支えないかを確認します。

お見舞いは、とにかくすぐに駆けつければいいというものではありません。

人によっては、療養中の姿を見せたくなかったり、連日の検査や治療で疲れてしまっていることもあります。

お見舞いの目的は本人に会うことではなく、快気を願うことであるということを忘れないでくださいね。
慌ただしい入院直後や、容体が良くない時には、直接訪ねるのは遠慮しておきましょう。

 

病院へ行く場合には、家族の方には病院の名前だけを聞き、行き方や面会時間は病院へ問い合わせます。
病気や怪我の本人への気遣いはもちろんですが、看病で疲れている家族の方にも、余計な手間をかけさせないよう配慮しましょう。

 

お見舞いに伺った時は、長居はせず、長くても30分ほどでおいとまします。

親しい間柄だと、つい話し込んでしまいたくなるかもしれませんが、長時間の訪問は病人や周囲の人への負担になります。
一度の訪問で長居するのではなく、短時間で何度もお見舞いするのがベターです。

 

訪問できない場合は、病気や災害を聞いてから、できるだけ早く、郵送でお見舞いを送りましょう。
郵送でお見舞いのお金を送る時の注意点についても触れておきます。

郵送で送る場合

遠方の人を見舞う場合は、郵送でお見舞い金を送ることになります。

現金は普通郵便では送れないので、現金書留を使用します。
うっかり普通郵便で送ってしまうと、立派な郵便法違反になってしまいますので、注意してくださいね(^_^;)

 

現金書留を送る時は、専用封筒が必要です。

また、ポストに投函することはできないので、郵便局の窓口へ行って専用封筒を購入、お見舞いを入れたら窓口で受付してもらいます。

関連記事)
現金書留の送り方、知ってる?現金書留を送るには専用封筒が必要!≫

 

現金書留には封筒や手紙も入れられるので、お金は袋に包んだ状態で持って行きましょう。
手紙も一緒に添えるようにすれば、より気持ちが伝わりますよ。

気持ちが1番ではあるのですが、お見舞いの手紙には、実は通常の手紙とは少し異なるマナーがあります。
最後に、お見舞いの手紙の書き方とマナーについて説明します。

お見舞いのお金に添える手紙のマナー

お見舞いの手紙の書き方

お見舞いの手紙には、次のようなマナーがあります。

  • 時候の挨拶は省く
  • 病状や治療方法を深く尋ねない
  • 忌み言葉は避ける
  • 励ましはほどほどにする、必ず治るなどと安易に言わない
  • 相手に返事を求めるような書き方をしない
  • 追伸は使わない

一般的な手紙のマナーでは、まず時候の挨拶から文章を始めますが、お見舞いの手紙では時候の挨拶は書きません。

緊急のことなので、前文は省いて、すぐにお見舞いの言葉から入ります。

 

忌み言葉とは、病気の悪化や繰り返しを連想させてしまう言葉のこと。

具体的には「四(死)、九(苦)、枯れる、落ちる、流れる、重なる、長い、終わる、去る、再び、また、重ね重ね、まだまだ、いよいよ」などです。

追伸も、繰り返すことや長引かせることにつながるため、お見舞いの手紙では使いません。

 

手紙の内容は、次のような順番で構成します。

  1. 知らせを聞いた驚き
  2. 経過や本人、家族を思いやる言葉
  3. 回復を祈る言葉
  4. 結びの言葉

お見舞いの手紙では、つい相手を励ましたくなりますが、「すぐに良くなる」「絶対に大丈夫」などの無責任な励ましや、「その病気には○○が効くそうです」「○○病院がその病気の治療で有名です」などの安易なアドバイスはNGです。

こうした物言いは、一言で言えば”余計なお世話”。
励ましているつもりで、逆に相手に嫌な思いをさせることもああります。

 

お見舞いの手紙を書く時は、相手のことを根掘り葉掘り尋ねたり、自分の近況・主張を書き連ねるのではなく、相手の回復を祈る気持ちをシンプルにまとめるようにしましょう。

 

以下に、実際の例文を紹介します。

お見舞いの手紙の例文

前略 先日、○○さんが入院なさったと聞きました。日頃のお元気な姿からは想像できず、大変驚いております。

その後、お加減はいかがでしょうか。人一倍ご多忙の○○さんでしたから、これを機会にどうかゆっくりご静養なさってください。一日も早く回復されることを、心からお祈りしております。

あいにく遠隔の地におり、お見舞いにお伺いできず申し訳ありません。とり急ぎ、一言お手紙にてお見舞いを申しあげます。

草々

急啓 過日、○○様がご病気で入院されたとのこと、まったく存じあげず、お見舞いが遅くなり申し訳ございません。

その後のご経過はいかがでしょうか。ご家族の皆様も、さぞご心労のことでしょう。ゆっくりとご休養され、全快されることを心より願っております。

なお、心ばかりのお見舞いのしるしを同封いたしましたので、お納めいただければ幸いに存じます。

まずはとり急ぎ、書面をもってお見舞い申しあげます。

草々

季節の挨拶は入れず、「前略」から、すぐにお見舞いの本文を書き始めます。

目上の人への手紙の場合は「急啓」「急呈」「急白」という頭語を使うと、より丁寧です。

お見舞いの袋のマナーまとめ

お見舞いのお金を包む袋のマナーについてまとめると、このようになります。
袋の選び方、表書きの書き方、金額に間違いがないか、最後にもう一度チェックしてみましょう。

  • 一般的なお見舞いには、紅白の結び切りの袋を使う
  • 病気が重い場合、流産・死産のお見舞い、災害見舞には白無地封筒もしくは赤い帯の入った封筒を使う
  • 表書きは「御見舞」、目上の人へは「御伺」でもよい
  • 包むお金は近親者なら1万円、友人・知人は3000~5000円
  • 新札は使わず、普通のお札を使う

病気や災害は突然のことであり、本人も周囲の人も戸惑っているもの。

そんな時、いち早く届くお見舞いは、金額以上に、その心遣いがありがたいものです。

入院や災害被害の知らせを聞いたら、できるだけ早くお見舞いを届けるのもマナーのひとつ。
相手を思うあなたの気持ちを、すみやかに届けてあげてくださいね。