ナメクジが塩で溶ける理由。実は溶けるんじゃなくミイラ化してる!

ナメクジが塩で溶けるのはナゼ?

塩をかけられているナメクジのイラストナメクジに塩をかけると、溶けてしまう。

よく知られた事実ですし、子供の頃に実際にやったことのある人も多いでしょう。

でも、他の虫やカエルに塩をかけても溶けたりしませんよね。

どうしてナメクジだけが溶けるのか?

そもそも、なぜ塩で溶けるのか…?

突っ込んでよくよく考えると、知らないことばかり。

ナメクジが塩で溶ける理由について、科学的に解説します。

スポンサーリンク

ナメクジが溶ける理由は浸透圧

ナメクジが塩で溶けてしまう理由は、一言でいうと浸透圧。

でも、浸透圧という言葉は聞いたことがあっても、それでナメクジが溶けると言われてピンとは来ませんよね。
これから順を追って説明します。

 

自然界には、濃度の異なる2つの液体が接していると、濃度を均一にしようとする働きがあります。

2つの液体の間に境界がなければ単純に全体が混ざるだけですが、間に壁や膜がある場合、粒子や水分を出し入れして、なんとか濃度を均一にしようとします。

 

その一例が、生物や植物の細胞膜。

生物や植物が持つ細胞膜は、半透膜(はんとうまく)という性質があり、液体は通過できますが、そこに溶けて含まれている大きな粒子は通過できません。

そこで、半透膜を境に液体が接している場合、液体の量を移動させることで液体同士の濃度を同じにしようとします。

これが、浸透圧です。

浸透圧の説明イラスト

ナメクジが塩で溶けてしまうのは、ナメクジの皮膚が半透膜の性質を持っているから。

だから、皮膚の内側と外側に違う濃度の液体があると、浸透圧の作用が起こり、水分の移動が始まります。

塩をかけた時、ナメクジの体で何が起きるのかを、もう少し詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ナメクジは溶けるのではなく、干からびている

干からびた地面の写真ナメクジに塩をかけると、ナメクジの体の表面に濃い食塩水が生じます。

すると、ナメクジの体液よりも食塩水のほうが濃度が濃いので、ナメクジの体液が食塩水側、つまり体の外に移動を始めます。

体の中の水分が、どんどん出て行ってしまうわけですね。

そして、水分が抜けて体が縮む様子が、私たちにはナメクジが「溶けている」ように見えるのです。

 

ドロドロになっているように見えますが、現象としては水分がなくなって干からびている、と言ったほうが近いでしょう。

体が溶けてしまったわけではなく、むしろミイラ化している状態。
傍目には溶けたようにしか見えないので、なんだか意外ですよね。

塩をかけられてミイラ化したナメクジ…、最終的にはどうなってしまうんでしょうか?

塩で溶けても、死んだわけではない

塩の乗ったスプーンの写真塩をかけられたナメクジは溶けたように見えますが、実際には体の器官が溶けたわけではなく、水分が抜けて体が縮んでいるだけ。

塩をかけても完全に溶けて消えるということはなく、縮んだ体が小さく残ります。

また、この状態では動きが鈍くなりますが、まだ死んだわけではありません。

 

もちろん、長時間塩をかけられた状態でいれば活動ができなくなり、いずれは死んでしまうのですが…

実は、途中で水をかければ復活します。
ちょっとビックリですよね(^_^;)

 

ガーデニングや家庭菜園においては、ナメクジは葉っぱを食べてしまう害虫。

塩で退治したつもりなのに、なかなか数が減らない!と悩んでいる人もいると思いますが、それはナメクジが塩で即死するわけではないからです。

先ほどお伝えしたように、ナメクジは塩をかけても溶けるわけではなく、水を与えれば復活もするので、塩では100%退治できるとは限りません。

じゃあ、どうすればナメクジを撃退できるの?という人のために、ナメクジを退治する方法も紹介しておきましょう。

害虫としてのナメクジには、塩より熱湯!

湯気の立ったやかんのイラスト害虫としてのナメクジを駆除するには、塩より熱湯をかけるのが確実です。

大量に出没するという場合には、罠を仕掛けてもいいでしょう。

 

用意するのはビールかオレンジジュース。

ナメクジはビールやオレンジジュースの香りに寄ってくる習性があるので、これらをお皿などの器に入れて、ナメクジの出る場所に置いておくと、ナメクジが集まってきます。

ナメクジは高い壁は乗り越えられないので、罠を仕掛ける時は浅いお皿で。
集まってきたところを熱湯で一網打尽にするなり、別の場所に放すなどして駆除しましょう。

 

もし、土を掘ることが可能なら、半分に切ったペットボトルにビールなどを入れ、土に埋めて落とし穴を作ると効率的。

香りに寄ってきたナメクジが落とし穴に落ちて溺死するので、より確実に駆除できますよ。

ナメクジは貝の仲間ではありますが、すでに陸上生活に適応しているので、水中では生きられないのです。

 

ところで、塩や熱湯をかける方法、ナメクジではなく、カタツムリにも有効なのか、疑問に思ったことはありませんか…?

カタツムリも塩で溶けるのか?

あじさいとカタツムリのイラストナメクジ同様、カタツムリも塩をかけると縮みます。

 

ああ、だってカタツムリの殻が取れたのがナメクジだからでしょ?と思うかもしれませんが…

実はそうではなく、ナメクジとカタツムリは生物学的には違う生き物。

でも、同じ軟体動物腹足綱(なんたいどうぶつふくそくこう)という仲間で、体の構造はよく似ているので、塩で溶ける点は共通しています。

 

両者の違いについて、もう少し詳しく説明しておくと、カタツムリは、殻を持ち陸上で生活する貝の総称。

あの殻は、それ自体が体の一部で、ヤドカリのように外して取り替えることはできません。

殻から出入りしているように見えますが、あれは殻を動かす専用の筋肉を使って動かしているのです。

 

一方のナメクジは、同じ軟体動物腹足綱の仲間ですが、陸上で生活する貝のうち、殻が退化してなくなったもの。

カタツムリとは親戚のような関係ですが、単純にナメクジを貝殻に入れたらカタツムリになる…わけではないんですね。

カタツムリは生まれた時からずっとカタツムリですし、ナメクジも生まれた時からずっとナメクジということです。

 

どちらも塩には弱いのですが、ナメクジには塩をかけても、カタツムリに塩をかけるという人は、あまり見たことがありませんね。

よく似た2つの生き物ですが、ナメクジ=気持ち悪い、カタツムリ=可愛い、というイメージがあるように思うのは気のせいでしょうか…?

見た目的には殻のあるなしくらいの違いなのに、ナメクジ、ちょっと不遇かもしれません。

塩でナメクジが溶ける理由まとめ

では最後に、ナメクジが塩で溶ける理由の復習です。

  • ナメクジに塩をかけると溶けるのは、浸透圧の関係で体内の水分が外に出て行ってしまうから
  • 実際は溶けているのではなく、水分を失って縮んでいる
  • 途中で水をかけると復活する
  • 害虫としてのナメクジを退治したい時は、塩より熱湯が効果的

ナメクジが塩で縮むのは、浸透圧が理由でした。

ちなみに、濃度の濃いものが体にかかると縮むので、塩ほど作用が強くはありませんが、砂糖でも同じことが起こります。

醤油でも縮みますが、液状である分、塩分が薄まるので、やはり塩ほどの効果はありません。

何をかけるとどんな反応になるのか、ちょっと興味はそそられますが…
ナメクジを見つけたからといって、やみくもに調味料をかけまくるのは、やめてあげてくださいね(^_^;)

参考文献)
Quizでわかる化学: なぜ?がわかれば面白い(ベレ出版)
知ったかぶりで恥をかく 常識のウソ(彩図社)
面白くて眠れなくなる化学(PHP出版)
決定版植物の病害虫百科(学研パブリッシング)