1歳の子供の喉からゴロゴロ音がして不安なので、アスクドクターズで聞いてみました。

喉のゴロゴロ音は病気?ほっといても平気?

両手で顔を抑えた幼児の写真1歳半の娘の喉が、ここ2週間ほど、ずっとゴロゴロ鳴っています。

ひどく咳き込むことはないのですが、喉や胸のあたりに痰がからんでいるような音。

 

2週間前は鼻水が出ていました。

その時は、鼻水が喉に流れ込んだから咳をしてゴロゴロ言っている、と、原因がハッキリしていたので、ある意味安心だったのですが…

今は鼻水と咳があまり出なくなったのに、ゴロゴロ音だけが大きく残ったような感じです。

 

これで熱があったりぐったりしているようなら、すぐさま病院に連れて行くのですが、本人はいたって元気満々なんですよね。

食欲もあるし、睡眠も取るし、ご機嫌で遊び回っているし。

我が家は田舎で病院が遠く、日中は保育園に預けて仕事をしているため、仕事を休んでも病院に行くべきか、ずっと受診を迷っていたのです。

しかし子供に何かあったら一大事…ということで、現役のお医者さんに質問ができる、AskDoctors(アスクドクターズ)という有料サービスを利用してみました。

情報参照)
AskDoctors(エムスリー株式会社)医師Q&A

スポンサーリンク

喉のゴロゴロに関する、医師の回答

先ほどの状況を伝え、受診の目安を教えて欲しいとアスクドクターズに質問を送信。

すると、翌朝には、こんな内容の回答が付いていました。

  • 風邪を引いた後の咳は、3~4週間くらい続くことがある
  • 保育園などに行っていると、また新しい風邪をもらって慢性的に咳をしていることがある
  • 多少咳をしていても、元気があれば大丈夫

この回答によると、どうやら早急に受診が必要な状態ではないようで一安心。

「もう少し様子を見てみます。」という私のコメントにも、「そうされてください。」という医師からの回答がありました。

 

娘は4月から保育園の1歳クラスに通っているのですが、4~6月は保育園の洗礼にあい、風邪引きまくり、発熱しまくり!

だんだん免疫が付いたのでしょう、最近になってようやく毎週元気に通えるようになっていましたが、毎日のように新しい風邪をもらっていても不思議はありません。

保育園の親御さんは、やはり皆さんお仕事されているので、熱がなければ登園しているお子さんが多く、鼻水を垂らしている子もよく見かけます(^_^;)

 

また、私の他に2歳のお子さんの親で「喉や胸のあたりで痰の音がゴロゴロ聞こえるが、他の症状はない」という、まったく同じような質問もありました。

この質問に対する回答は「日常生活に支障がなければ経過観察で大丈夫、熱が出たら受診」。

私の時とは別の先生が答えていたので、これでセカンドオピニオンも取れました。

 

ちなみに、1歳未満の乳児の場合、鼻水や母乳が喉に流れてゴロゴロ音がすることは珍しくないそうです。

これも日常生活に支障が出ていないのであれば、経過観察で問題ないとのこと。

スポンサーリンク

1歳児の喉の異常、すぐに小児科へ行ったほうがいいのはどんな時?

さて、娘のゴロゴロ音はあまり心配しなくても大丈夫そうですが、気になるのは、どんな状態だと危険なのか。

1歳くらいの子供の喉の異常で、すぐ病院に行ったほうがいい症状について、こちらもアスクドクターズで調べてみたので、以下にまとめます。

  • 咳で眠れない、何度も起きる、夜泣きが増える
  • 食欲が落ちる、哺乳が落ちる
  • 咳で嘔吐する
  • 激しく咳き込む
  • 肩で息をしている
  • ゼイゼイ、ヒューヒューという音がする(気管支が狭くなった時にする喘鳴という音で、気管支炎や喘息が疑われる)
  • コンコンコンコン、もしくはカッカッカっという咳の後、最後にヒューと笛のような音が出る(百日咳が疑われる)
  • ケンケンと空洞に響くような咳が続く(喉頭ジフテリア、クループなどが疑われる)
  • オットセイのような咳が続く(クループが疑われる)

本人が元気で食欲・睡眠に問題がなければ、基本的には大きな病気を怖がらなくても大丈夫なようです。

  • 日常生活に支障が出ている

もしくは

  • 熱がある

の2つが、受診を考える大きな目安になります。

喉の症状以外でも同様なので、受診を迷う時には参考にしてみてください。

喉の症状が気になる時は小児科と耳鼻科、どちらを受診すべき?

いざ病院へ行こうとなっても、けっこう迷うのが小児科と耳鼻科、どちらを受診すべきか。

これについても、アスクドクターズにたくさんの質問がありましたが、医師の回答はバラバラ…

「症状が喉・鼻など、首から上のみなら耳鼻科、発熱があったり総合的に出ているなら小児科」

「どちらでも、かかりやすいほうでいい」

と言う先生もいれば、

「聴診して胸の音を聞かなければ判断できないので、まずは小児科」

と言う先生も。

つまり、お医者さんであっても、共通の明確な基準はないんですね。

 

回答を読んで、私なりには以下のような結論に至りました。

  • 迷ったら小児科
  • 中耳炎など、病名や病状がハッキリわかる状況なら耳鼻科

小児科と耳鼻科の大きな違いは聴診の有無。

小児科医では聴診によって全身のどこに異常があるかをチェックしていますが、耳鼻科では聴診はないことが多く、耳や喉などの患部のみを診ます。

耳鼻科も小児科も処方できる薬の種類は同じですが、耳鼻科では鼓膜切開、耳垢除去、鼻汁吸引など、小児科ではできない、より専門的な治療ができるとのこと。

 

今、子供が何の病気なのかわからないという場合は、とりあえず小児科へ連れて行き、表面的な症状以外にも異常がないかどうか、チェックしてもらう。

そのうえで、中耳炎や副鼻腔炎など、喉鼻の病気であることが確定した場合は耳鼻科へ行く。

 

このように、まずは小児科で問題の切り分けをしてもらい、特定の部位に重い症状がある場合は専門科医へ、という流れが良さそうです。

子供が咳をしている時に出来る応急処置

最後に、子供が咳している時の家庭でのケアについて。

咳に対する応急処置の基本は、水分補給と加湿で喉を乾燥させないこと。

1歳くらいの子供の場合、鼻水が喉に流れて咳になることも多いので、鼻水吸引も効果的です。

 

我が家では、最初、口で吸うタイプの鼻吸い器を使っていたのですが、娘が暴れ回り、うまく吸えませんでした。

このピジョンの鼻吸い器、吸った鼻水が口に入らないようになっていて、形自体は良かったんですけどね…。

使えなければ意味がないので、それじゃあと次に買ってみたのが、電動の鼻吸い器。

有名なメルシーポットという商品とさんざん迷いましたが、「ベビースマイル」というハンディタイプの鼻水吸引器と、オプションのロングノズルをセットで購入。

結果…

これが大正解!

口で吸うタイプとは段違いに、鼻水が取れます。

そしてベビースマイルで吸引すると、鼻水の治りが早い!

もっと早くに買っていれば、鼻詰まりや咳で寝苦しい夜をもっと楽にしてあげられたなあ…と悔やまれるくらい。

鼻水から咳や風邪に悪化しないので、病院へ行く回数も保育園を休む回数も減りました。

 

まだ使ったことのないパパママには、心からおすすめします。

詳しくは、販売店のHPで見てみてください。

電動鼻水吸引器ベビースマイルを楽天で見る≫