ADHDの不注意&集中力不足は薬で治せる、改善する!

ADHD特有の症状が、飲み薬で改善できるって本当?

両手で頭を押さえてパニックになっているスーツ姿の女性の写真日本語で注意欠陥・多動性障害と訳されるADHD。

注意力や集中力がない、落ち着きがないなどの症状が特徴の発達障害です。

ADHDはその症状の特徴ゆえに、「努力が足りない」「性格や育て方の問題」と誤解されがちですが、そうではありません。

ADHDは脳の特定の部位や働きに原因があると考えられており、実際にそれを薬で補うことで、不注意やケアレスミスなどの問題を改善することが可能です。

薬というと抵抗があるかもしれませんが、今までADHDを「自分のせいだ」「親の私が悪いんだ」と思っていた人にとっては、上手に使えばとても心強い味方。

病気の一種なのですから、風邪の時に風邪薬を飲むのと同様、薬で治療するのは自然なことだと考えてみてはどうでしょうか?

ADHDの治療薬はどのようなものか、どんな効果があるのかについて解説します。

スポンサーリンク

ADHDの薬が効くメカニズム

チェスの駒が散らばって倒れている写真ADHDの原因は完全には解明されていませんが、現状では、脳の前頭葉と神経伝達物質に問題があると考えられています。

前頭葉は、脳に入ってくる情報を整理整頓する役目を担う場所。

ADHDの場合、前頭葉の働きにあって情報の整理整頓がうまくできないので、順序立てて行動したり、物事に優先順位を付けることができないわけです。

もうひとつは、神経伝達物質という、脳内で情報の受け渡しをしている物質の問題。

ADHDの人の脳は、学習能力、意欲、快感などの伝達を司る神経伝達物質「ドーパミン」の働きが弱く、そのために集中力不足や衝動性、依存性などの症状が出るとされています。

ADHDの治療薬は、脳内の神経伝達物質に働きかけることで、ドーパミンの量を増やして働きを正常に近づけ、ADHDの諸症状を改善するものです。

スポンサーリンク

ADHDの治療薬、コンサータとストラテラ

薬の写真。処方箋の紙袋にたくさんの錠剤のシートが入っているADHDの代表的な治療薬には、コンサータとストラテラの2つがあります。

コンサータはドーパミンに、ストラテラはノルアドレナリンという神経伝達物質に働きかけます。

作用の仕組みは違いますが、最終的にドーパミンの量を増やすように働きかけるという点は同じです。

即効性はないのですが、継続して飲み続けることでドーパミンの働きが改善され、物事に集中して取り組めるようになってきます。

コンサータとストラテラはどちらも処方薬であり、薬局やドラッグストアで入手することはできません。

特にコンサータは用法を間違えると依存性などの問題を引き起こす可能性があるため、処方できるのは認定を受けた医師のみとなっています。

ADHDの薬に副作用はないの?

ADHD治療薬の主な副作用は、寝付きが悪く眠りにくくなる、食欲の低下、胃痛、吐き気、めまいなど。

薬の量によって効果や副作用も変わってくるため、医師の指導のもと、正しく服用することが大切です。

ADHDの薬を試してみたい…。病院は何科?

はてなマークと手を顔にあてて疑問がある様子の女性の写真ADHDの治療を受けてみたいと思った場合は、精神科、心療内科、精神神経科などの病院を受診しましょう。

近所にそういった病院があるかわからない場合、いきなり病院に行くのが不安な場合は、自治体の精神保健福祉センターで相談をすれば、適切な医療機関の案内を受けることができます。