手作り虫除けスプレーの作り方。材料3つですぐ作れる!

ドラッグストアで買える材料で、安全な虫除けスプレーが作れちゃう!

アロマオイルの小瓶の写真夏になると、どこからともなく現れる蚊。

外でも家の中でも、気が付くと刺された場所が赤くなっていたり…。

でも、市販の虫除けスプレーには殺虫剤などの化学薬品が入っているので、子供やペットのいるお家や、妊婦さんのように薬剤に敏感な人には使いたくないという気持ちもありますよね。

そんな時におすすめなのが、手作り虫除けスプレー。殺虫剤を使わず、虫が嫌うアロマの香りを使って虫を遠ざける、安全な虫除けスプレーです。

ドラッグストアで買える材料を容器に混ぜるだけなので、作り方もとっても簡単。安全・手軽な手作り虫除けスプレーの作り方を紹介します。

2種類の虫除けスプレーを紹介するので、材料が手に入りやすいほうや、お好みのほうでお試しくださいね。

※ここで紹介しているのは、人やお部屋に使用する用のスプレーです。
ガーデニングや畑に使える、さらに強力な虫除けスプレーの作り方をお探しの方は、こちらの記事をご覧ください!

ハッカ油の虫除けスプレーの作り方。効果バツグンの強力版も!≫

スポンサーリンク

手作り虫除けスプレーの作り方(1)
ハッカ油で作る虫除けスプレー

まずは、スーッとした清涼感が心地よい、ハッカ油を使った手作り虫除けスプレーの作り方から。

材料は次のとおりです。

  • ハッカ油 … 10滴
  • 消毒用エタノール あるいは 無水エタノール … 10cc
  • 水道水 あるいは 精製水 … 40cc
  • スプレー容器

ハッカ油はドラッグストアでも扱っていることが多いので、エタノールと一緒に買い求めるのがおすすめ。

 

ハッカ油はそのままでは水に混ざらないので、水に混ぜるための溶媒としてエタノールを使用します。

エタノールには無水エタノールと消毒用エタノールがありますが、虫除けスプレー作りに使用するのは、どちらでもOK。

2つの違いは濃度で、消毒用エタノールは80%程度、無水エタノールはほぼ100%の濃度です。溶媒としての機能は消毒用エタノールでも問題なく果たしてくれるので、新しく買うなら値段の安い消毒用エタノールでも十分。

ただし、消毒用エタノールは脱脂力が強いため、肌への優しさを最優先したい人は、無水エタノールを使うといいでしょう。

 

あとは、ハッカ油・水・エタノールの3つをスプレー容器に入れて、シャカシャカと振って混ぜるだけ。

これで体にも環境にも優しい、手作り虫除けスプレーの完成です。とっても簡単ですよね。

水は水道水でも精製水でもOKですが、精製水は腐敗しやすいため、夏場に使用する虫除けスプレーなら、手軽で腐敗もしにくい水道水がおすすめです。

スプレー液が肌に付くのが気になる場合は、もちろん精製水を使ってもかまいません。

スポンサーリンク

手作り虫除けスプレーの作り方(2)
お好みの精油で作る、アロマな虫除けスプレー

お次は応用編。お好みの精油をブレンドして作る、アロマな手作り虫除けスプレーの作り方です。

  • 虫除け効果のある精油
  • →クローブ、シトロネラ、ジュニパーベリー、ゼラニウム、タイム、ティートリー、ハッカ、ペパーミント、レモングラス、ローズウッド、ラベンダー、ユーカリ等
  • 虫除け効果のあるお好みの精油 … 計10滴
  • 消毒用エタノール あるいは 無水エタノール … 10cc
  • 水道水 あるいは 精製水 … 40cc
  • スプレー容器

作り方はハッカ油バージョンと同じで、こちらは精油を10滴分、お好きなように組み合わせればOK。

虫除け効果だけでなく、オリジナルブレンドのアロマも楽しめます。

ただし、精油にはさまざまな効果があり、なかには妊婦さんや子供、特定の疾患のある人には好ましくない精油もあります。

精油を選ぶ時は、できれば専門店でスタッフの人に聞いたり、ネットショップであれば説明をあらかじめよく読んで選ぶようにしましょう。

ショップによっては、虫除け専用のオリジナルブレンド精油を扱っていることもあるので、それらを利用するのも便利です。

手作り虫除けスプレーの使い方

できあがった手作り虫除けスプレーは、肌や服に直接スプレーしたり、空間や網戸にスプレーして使います。

エタノールが入っているので、アルコールに過敏な人や乳幼児に使用する場合は、直接肌に付けないようにしましょう。

夏場に窓を開ける時には、網戸全体にスプレーしておくのがおすすめです。お部屋が精油の爽やかで良い香りに包まれて、リラクゼーション効果もありますよ。

手作り虫除けスプレーを使う時の注意

手作り虫除けスプレーは薬剤を使っていないので、効果はマイルド。効果は1日中続くわけではなく、1~2時間程度で消えてしまいます。

持続時間は使用する精油の種類にもよりますが、2時間以上経つと効果が薄れてきます。人やペットにかかっても問題ない優しい成分なので、気がついた時にシュッとするようにするといいでしょう。

アウトドアで使用する場合は、特に精油の揮発が早いので、こまめにスプレーし直すようにしてくださいね。

やっぱり作ったり、材料を揃えるのは面倒だな~という人へ

とっても簡単な手作り虫除けスプレーですが、材料を新しく買い揃えるのが面倒だな、と思う人もいるかもしれません。

そんな人には、赤ちゃんでも使える、天然精油を使った虫除けグッズもおすすめですよ。

こちらの記事で詳しく紹介しているので、安全な虫除けグッズを探している人はチェックしてみてくださいね。

赤ちゃんにもOK!天然アロマの虫除けグッズ4選≫