白菜の黒い斑点の正体とは。これって良い物、悪い物…?

白菜の表面にある黒い斑点、これは食べても大丈夫…?

白菜の写真お鍋の季節になると大活躍する白菜。

この白菜をカットする時、しばしば目に付くのが、葉っぱに付いた黒い斑点。

虫ではないし、こすって取れる汚れでもないこの黒い点々…

いったい何なのか、気になったことはありませんか?

白菜の黒い斑点は何か?
斑点部分を食べても体に影響はないのか?

よく見かけるけれど謎が多い、白菜の斑点の正体を探りました。

スポンサーリンク

白菜の黒い斑点、正体はなんとポリフェノール

赤ワインの入ったグラスとハート型のオブジェが並んでいる写真白菜の葉っぱに表れる黒い斑点の正体は、実はポリフェノール。

赤ワインなどに含まれる健康成分として有名な、あのポリフェノールです。

淡白な味わいの白菜に、ポリフェノールが入っているなんて、なんだか意外な感じがしますよね。

スポンサーリンク

白菜の斑点の正式名称は「ゴマ症」、でも病気ではありません!

白菜に黒い斑点が出る現象には「ゴマ症」という名称も付いています。

症とありますが病気ではなく、これは白菜が栽培中に感じたストレスの印。

白菜は、栽培中に窒素過多や気温差、成長不良などでストレスを感じると、環境ストレスから自分を守るために細胞内にポリフェノール類を蓄積する性質があり、これが斑点のように見えるのです。

これは人間の肌が紫外線に反応してシミ・そばかすを作るのと同じで、白菜にとっての自然な生理現象のひとつ。

見た目が良くないので、白菜全体に黒く点々があるとびっくりしてしまいますが、ポリフェノールですから、もちろん食べても害はなく、安全性にも何ら問題はありません。

白菜に斑点があってもカビや汚れ、病気などではありませんから、安心してそのまま食べてくださいね。

黒い斑点のある白菜とない白菜、美味しいのはどっち?

斑点が白菜のストレスであるなら、やっぱり斑点のない白菜のほうが美味しいのか?というと、これは一概には言い切れません。

スーパーで一般的に売られている白菜のゴマ症は、畑の肥料として使われている窒素量の過多が原因で起こっていることが多いようです。

一方で、例えば白菜が昼夜の温度差が激しい場所で育った場合、白菜にとってはストレスかもしれませんが、食べるほうとしては甘味が増して美味しいと感じたりします。

黒い斑点が美味しさの印になるかどうかは、白菜の産地や栽培方法から、総合的に判断するしかないでしょう。

最後に、新鮮で美味しい白菜の見分け方をお伝えしておきます。斑点だけではわかりにくい鮮度を、このチェックポイントで見てみてください。

美味しい白菜の見分け方

  • 白菜全体が丸みを帯びていて、葉がギュッと固く詰まっているもの
  • 白い部分にパールのようなツヤと光沢があるもの
  • 切り口が平坦で、盛り上がったり葉と葉の間がバラけたりしていないもの

新鮮な白菜は葉っぱが隙間なくギュッと詰まり、ずっしりとした重さがあります。

葉っぱの間隔が広がってバラけていたり、切り口が盛り上がっているのは、鮮度が落ちている印。また、「白」菜と言うくらいですから、葉っぱの色は白いほど新鮮です。

葉っぱの状態をよく見て、美味しい白菜を選んでくださいね。