モラハラの正しい意味を知っていますか?ただ性格が悪いとは次元が違う、モラハラの恐ろしさ

モラハラ=嫌がらせ、ではなく精神的DV

パソコン画面を指さして顔をしかめている外国人女性の写真モラル・ハラスメントの略称であるモラハラ。

芸能人の離婚劇などで取り上げられることもあって、モラハラという言葉自体は知名度が高くなってきましたが、まだモラハラの正しい意味は、まだまだ理解が広まっていません。

モラハラ=嫌がらせ、デリカシーがない、くらいに軽く取られてしまいがちですが、モラハラとは「精神の殺人」とまで言われるほど、心に大きなダメージを与える行為です。

モラハラの正しい意味と、その本当の恐ろしさを解説します。

スポンサーリンク

精神的DV、モラハラとは?

頭を抱えて倒れこんでいる女性の写真モラハラは、ある特定のターゲットのみに対して行われる言葉の暴力、態度の暴力。一言で言えば精神的DVです。

モラハラのターゲットになるのは、加害者の身近で親密な人間であることが多く、恋人や配偶者などが典型的です。

職場の先輩から後輩、上司から部下へのモラハラもあります。

モラハラ加害者は自分の行動すべてを正当化し、ターゲットが自分の意に沿わないことをすると、

「お前は価値のないダメな人間だ」
「他の人も皆、お前のことをおかしいと言っている」
「お前のような人間の相手ができるのは自分だけだ」

などといった言動で、すべてがターゲットの責任であるかのように激怒し、追い詰めます。

関連記事)
精神と言葉のDV、モラハラの特徴とは?≫

モラハラのターゲットにされるのは、誰かに責められたり怒られたりした時に、相手に歯向かうのではなく「自分が悪いんだ」と考えてしまう、責任感があり、争いを避けるタイプの人。

モラハラ加害者は、これを見極めたうえでモラハラ行為に出ており、自分が理不尽に怒りをぶつけても反撃しない相手を巧妙に選んでいます。

関連記事)
責任感が強くて優しい。モラハラ男のターゲットになりやすい女性の特徴≫

モラハラ加害者が怒りだした時に、自分が謝ればその場が治まる。

それを何度も繰り返していくうちに、被害者は自己主張する気力をすっかり奪われてしまい、モラハラ加害者に怒られないように常に気を遣い、いつ降りかかるかわからない恐怖に怯えるようになります。

モラハラを経験したことのない人にとっては「それくらい我慢するか、別れればいいのに」と思うかもしれませんが、モラハラは職場や恋人、夫婦など、簡単には解消できない関係において行われ、加害者もそれを理解しています。

モラハラ加害者は、普段は社交的で魅力的な人物として振る舞い、ターゲット以外の人間には決して暴虐な態度を取らないため、周囲の人はモラハラが行われていることになかなか気づきません。

それどころか、ターゲットに非があるかのような話をまことしやかに、あるいは冗談めいて周囲に吹聴していることすらあります。

仮にモラハラ被害者が何か愚痴をこぼしたとしても、「まさか、あの人がそんなこと」「あなたにも悪いところがあるんじゃないの」と真剣に受け取ってもらえず、被害者はますます精神的に孤立していきます。

そうして、モラハラ加害者は精神的な暴力を使い、ターゲットとなった人間を支配していくのです。

スポンサーリンク

モラハラを受けたモラハラ被害者はどうなってしまうか

壁にもたれて膝をかかえ、座り込んでいる女性の写真最初にモラル・ハラスメントの概念を提唱した医師、マリー=フランス・イルゴエンヌは、モラハラ加害者は「精神の吸血鬼」であり、モラハラは「精神の殺人」であると表現しました。

モラハラによるダメージは、それほどまでに精神に深い傷を負わせます。

逃げられない状況で、自分の人格の全否定やむき出しの悪意を長期間ぶつけられると、モラハラ被害者の心は徐々に壊れてしまいます。

自信を失って自己主張ができなくなり、無気力になり、最後にはうつ病や自殺願望を発症するまでに追い込まれます。

過度のストレスは体にも影響し、体の不調も現れてきます。

モラハラ被害者は、自分がモラハラを受けている自覚がない

モラハラの1番の問題は、モラハラ被害者が、自分がモラハラを受けている自覚がないことです。

「自分が悪いから相手が怒る」「自分さえ我慢していれば平穏に過ごせる」と完全に思い込まされてしまっているため、おかしいのはモラハラ加害者であり、自分が不当な扱いを受けているということに気が付きません。

ただただ自分を責め続け、何をしても変わらない現実に耐えるために感情を殺し、心はどんどん空っぽになってしまいます。

もしあなた自身や、あなたの周りの人間が、誰か特定の相手によって過度の精神的ストレスを受けているとしたら、まずはモラハラとは何かを知ること。

そして「悪いのは自分ではない」と理解することが、モラハラから抜け出す最初の一歩になります。

いつも彼氏を怒らせないように気を使っているという人は、一度こちらのチェックリストで、彼氏のモラハラ度を確認してみてください。

あなたが「私たち2人はこれが普通」と思っていることが、実は普通ではないかもしれませんよ。

モラハラ男チェックリスト。「これ、彼氏のことだ…」と思ったら今すぐ逃げて!≫