知らなきゃ危険!?病院の点鼻薬と市販の点鼻薬の違い

市販の点鼻薬は使い続けると危ない!?

鼻から鼻水が出ているクレイアートの写真花粉症の鼻水や鼻詰まりがひどい時に活躍する、点鼻薬。

病院で処方してもらう点鼻薬の他、ドラッグストア等で変える市販薬もあります。

でも、実は市販の点鼻薬の使用には、ある危険も伴うということを知っていますか?

花粉症なら必ず知っておきたい、点鼻薬のリスクについて説明します。

スポンサーリンク

病院の点鼻薬と市販の点鼻薬の違い

病院で処方される点鼻薬と、市販の点鼻薬では、使われている成分が違います。

処方薬の点鼻薬には、ステロイド点鼻薬、抗アレルギー点鼻薬、抗ヒスタミン点鼻薬、血管収縮薬があります。それぞれに効果が出るまでの期間や薬の強さが違い、症状に合わせた点鼻薬が処方されます。

重症の花粉症の場合、飲み薬と併せて、よくステロイド点鼻薬が処方されます。

ステロイドというと怖いイメージがあるかもしれませんが、点鼻薬で使用するステロイドは少量で、かつ体内にはほとんど吸収されないので、副作用の心配はほぼありません。

子供や妊婦にステロイド点鼻薬が処方されることもあり、安全性の高い薬であることがわかります。

一方、市販の点鼻薬のほとんどは、血管収縮剤という成分が使われています。

血管収縮剤は、鼻の血管に作用して、鼻水や鼻詰まりの原因となっている粘膜の腫れを取る薬。即効性があり、鼻水を止める効果も高いため、市販薬に

スポンサーリンク

市販の点鼻薬に使われている、血管収縮剤の怖さ

スギの木と、ティッシュを持って鼻をかんでいる女性のクレイアート写真市販の点鼻薬は、使用後すぐに劇的な効果があるので、ずっと愛用しているという人もいるかもしれません。

でも、血管収縮剤を長期間利用すると、かえって鼻炎を悪化させるリスクがあります。

血管収縮剤には即効性がありますが、効果はあくまでも一時的なもの。薬の効果が切れると、再び粘膜が腫れて鼻が詰まります。そこで、また点鼻薬を使って鼻水を止めます。

これを繰り返していると、血管が広がったままになって鼻の粘膜が厚く変質してしまい、ますます鼻が詰まりやすい状態になります。こうなってしまうと、常に点鼻薬が手放せない依存状態に。

この症状は「薬剤性肥厚性鼻炎」「点鼻薬性鼻炎」などと呼ばれています。通年で鼻炎に苦しんでいる人のなかには、市販の点鼻薬の使いすぎが原因で、鼻炎が慢性化してしまったという人も少なくありません。

市販の点鼻薬の適切な使用方法とは?

市販の点鼻薬を使う時は、くれぐれも使い過ぎに注意しましょう。具体的には、次の使用頻度を守って使います。

  • 市販の点鼻薬の使用は1日2回まで
  • 2週間以上、継続して使用しない

効果が高いので、ついつい頼りたくなってしまいますが、しばらく使っても鼻水がよくならない時は、素直に病院へ。1日に5回も6回も使っていると、ますます鼻炎を悪化させてしまいます。

点鼻薬の使い過ぎで鼻炎が悪化してしまったら

まずは、市販点鼻薬の使用をストップすること。鼻炎薬の効きが悪くなっていることも多いので、最初のうちは辛いかもしれませんが、数週間もすると鼻の状態が回復してきます。

目安としては1~2週間ほどで、楽になってくるはずです。

点鼻薬がないと生活に支障が出るというレベルまで悪化してしまった人は、耳鼻科で相談しましょう。血管収縮剤以外の鼻炎薬を処方してもらい、適切な治療を受ければ、点鼻薬依存からも脱することができます。