ADHD治療薬ストラテラとコンサータの違い

ADHDの薬ストラテラとコンサータは何が違う?

ルーペを手にした白衣の外国人女性の写真ADHDの代表的な治療薬には、ストラテラとコンサータがあります。

ADHDの治療効果は両者とも大きな差はないとされていますが、ストラテラとコンサータでは、ADHDに効く仕組みが異なります。

ストラテラとコンサータはなぜADHDに効くのか、どう違うのか?

ADHD治療薬ストラテラとコンサータの違いについて解説します。

スポンサーリンク

なぜ、薬でADHDが改善するのか?

分子模型の写真ADHDは症状が不注意や落ち着きのなさなどの行動として表れるため、本人の努力や教育の問題だと誤解されがちです。

でも、ADHDは脳に起因する発達障害であり、本人の意志とは関係ありません。具体的には、脳内で情報を伝達する役割をするドーパミンやノルアドレナリンの働きに問題があるとされています。

ドーパミンやノルアドレナリンは意欲や学習を司っていますが、ADHDの人はこれらの働きが弱いため、集中できない、物事を順序よく進めることができないなどの症状が出ると考えられています。

ADHDの薬は、ADHDの人に不足するドーパミンやノルアドレナリンを補うことで、ADHDの諸症状を改善するものです。

代表的な薬にストラテラとコンサータがありますが、両者の作用の仕組みは少々異なります。

スポンサーリンク

脳の神経に直接作用する、中枢刺激薬のコンサータ

電子信号のような光の帯が入り乱れている写真コンサータは、脳の神経に直接作用して、ドーパミンの分泌量を増やしたり、脳内でドーパミンやノルアドレナリンが減少するのを阻害するADHD治療薬です。

ドーパミンの放出に直接働きかけるため、効果が出るのが早いという利点があります。

一方、神経に直接作用するため、脳の広い範囲に効果が及ぶこと、用量用法を間違えると依存症になるリスクがあります。

そのため、日本ではコンサータは認可制で、登録・許可のある医師にしか処方ができません。

コンサータでは依存性のリスクのみが取り沙汰されてしまう傾向がありますが、これには、以前にコンサータと同じ仕組みで作用するリタリンという薬の乱用が問題になったという背景ゆえ。

コンサータに依存性のリスクが存在することは確かですが、血中の薬の濃度が急激に上がらないように加工された徐放剤というタイプの薬のため、コンサータにはリタリンほどの依存性はないと言われています。

神経に作用しない、非中枢刺激薬のストラテラ

青いカプセル錠剤の写真ストラテラは、神経には作用せずにADHDを改善する薬です。

ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質は、脳内に放出された後、トランスポーターというものによって再び脳内に取り込まれます。

ADHDの人は、このトランスポーターの働きが強すぎるため、集中する時に必要な神経伝達物質が不足すると考えられています。

ストラテラは、脳の神経ではなくこのトランスポーターに働きかけて取り込み作用を弱めることで、結果的に脳内に放出されるドーパミンやノルアドレナリンの量を増やします。

トランスポーターにしか作用しないので依存性は極めて低く、作用範囲が狭いことから副作用も比較的少ないとされています。

ただし即効性はなく、ADHDへの効果はストラテラ服用2週間以上経ってから、ゆるやかに表れます。

コンサータと違い、ストラテラはどの医師でも処方が可能です。

このように、コンサータとストラテラは、最終的にドーパミンやノルアドレナリンを増やすという結果は同じですが、そのためのプロセスが異なります。