花粉症に効く漢方薬「小青竜湯」。花粉症だけど薬は飲みたくない人に!

花粉症の鼻水に効く漢方薬!

粉末の写真。木の皿に漢方薬のような茶色い粉末が盛られている止まらないくしゃみにグズグズ鼻水…。花粉症が辛いけれど、仕事や健康上の理由で「できれば薬は飲みたくない!」という人もいますよね。

そんな人も、漢方薬というチョイスならいかがでしょう?

漢方薬というと、鼻炎などのピンポイントな症状には効かないイメージがあるかもしれませんが、実は花粉症に有効な漢方薬もあります。

漢方薬なら作用が穏やかで、眠くなる成分も配合されていないなどメリットがたくさん。今年の花粉症は薬を我慢せず、漢方薬を試してみてもいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

花粉症に効く漢方薬「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」とは

 

花粉症に有効な漢方薬は「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」。こんな花粉症の諸症状に効き目があります。

  • 水っぽい鼻水
  • くしゃみ
  • 鼻詰まり
  • 悪寒、熱

東洋医学では、鼻炎は体の水の巡りが悪くなることで起こると考えます。小青竜湯は、体を温める発汗作用を持つ成分により、体の巡りを改善し、辛い鼻水や鼻詰まりを抑制します。

花粉症によるアレルギー性鼻炎だけでなく、通常の鼻風邪やハウスダストによる鼻水にも効くので、普段から鼻炎気味の人には頼もしい漢方薬です。

スポンサーリンク

漢方薬と西洋薬って何が違うの?

木漏れ日の写真漢方薬と西洋薬の大きな違いのひとつは、効果の表れ方。

西洋薬は、効果が単一。例えば鼻炎薬であれば、鼻炎のみに効果を発揮します。一方、漢方薬はひとつの処方で複数の薬効をもたらすのが特徴です。

東洋医学と西洋医学の考え方の違いは、よく木に例えられます。病気になった葉っぱがある場合、その葉っぱだけを切り取って治すのが西洋医学。木にもっと光が当たるようにして、木が育つ環境そのものを整えて病気を治すのが東洋医学の考え方です。

花粉症を小青竜湯で治すメリットって?

花粉症対策に漢方薬を飲むメリットのひとつが、眠くなる成分が含まれていないこと。

一般的な花粉症の薬である抗ヒスタミン剤の副作用に眠気があります。仕事中に眠くなるのが嫌で、花粉症がひどくても薬を控えているという人もいるのではないでしょうか?

その点、漢方薬である小青竜湯の配合成分は生薬のみなので、眠気の副作用がありません。体を温める生薬が入っているので、冷え性に悩んでいる女性にも適しています。

本当に漢方薬で鼻水が止まるの?

漢方薬を飲むのが初めての場合、飲んでもすぐには効かなのでは?と疑問を持っている人もいるのではないでしょうか?

小青竜湯は、数日間飲み続けないと効果が出ないという薬ではありません。小青竜湯は漢方薬のなかでも即効性があり、早ければ小青竜湯を飲んで20~30分ほどで花粉症への効果が得られます。これなら通常の西洋薬と変わりませんね。

小青竜湯を飲んだのに効果が感じられないという場合は、症状や体質に小青竜湯が合っていない可能性が考えられます。できれば漢方薬局や漢方に詳しい医師に相談して、自分に合った漢方薬を処方してもらいましょう。

小青竜湯の入手方法

小青竜湯は、通常の花粉症の薬と同じように薬局やドラッグストアで簡単に入手が可能です。ドラッグストアには、たいてい漢方薬コーナーがあるので、まずはそこを覗いてみるとよいでしょう。

店舗に行けない場合には、ネット通販での購入も可能です。

「小青竜湯」という名前の漢方薬は製薬メーカー各社から出ていますが、中身は基本的には同じものです。

漢方薬の配合は、漢方医学に基いて決められているので、名前が同じ漢方薬であれば処方は一緒。ただし、同じリンゴでも甘いものと甘くないものがあるように、生薬の品質により、漢方薬の効果に多少の差が出る可能性はあります。

楽天市場の小青竜湯商品一覧を見てみる≫