脳をだまして鼻水を止める方法がすごかった!薬なしで絶大な効果!

ズルズルが止まらない!ティッシュも薬も使わずに鼻水を止めるには…?

鼻をかんでいる女性の人形の写真鼻水が止まらない時、どうしていますか?

ティッシュで鼻をかむ、鼻水をすする、最終手段は薬を飲む…

でも、鼻をかんでもキリがないし、薬を飲んだら眠くなる!そもそも今は鼻炎薬を持っていないなんてことも、しばしば。

そんなあなたに、ティッシュも薬も使わずに、今すぐ鼻水を止める方法を紹介します。1分とかからずにできる方法なので、覚えておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

何も使わず、今すぐ鼻水を止める6ステップ

鼻水を止める方法は、次の6ステップ。もともとは海外サイトで紹介されていたもので、日本で紹介されると「本当に鼻水が止まる!」と、たちまちインターネット上で話題に。

動作は、息を止めて頭を上下に動かすという、とても簡単なもの。誰でも、どこでも行える方法です。

  1. 深く息を吸う
  2. これ以上吐けなくなるまで、ゆっくりと息を吐き続ける
  3. 鼻で息が出来ないように、鼻をつまむ
  4. 鼻をつまんだまま、空を見上げて2秒、地面を見て2秒、頭を上下に動かす
  5. 息が苦しくなるまで上下運動を続ける
  6. 鼻が通って、鼻詰まりが楽になる!
スポンサーリンク

なぜ、この動きで鼻水が止まるの?

その場で頭を上下に動かすだけで出来てしまう、この方法。実際に試してみると、グズグズと詰まっていた鼻が通って、見事にスッキリ!

考案者の推測によると、この動きによって、脳が酸素が欠乏していると錯覚し、鼻腔を開いて酸素を取り込もうとするのではとのこと。体の自然な反応を逆手に取って、鼻水を止めているんですね。

ティッシュがなくなってしまった時、鼻炎薬を飲みたくても飲めない時などに、ぜひ覚えておくと便利です。

鼻をつまむ動作があるので、仕事中や外出先で人目が気になる人は、お手洗いなどでこっそりお試しを。