爪の白い部分がないのは病気?「爪半月」と健康の関係

爪の白い部分、爪半月とは

爪の根元の白い部分がある爪と、ない爪を並べたイラストよく「爪の根元の白い部分がないのは不健康」と言われます。

あなたの爪はどうでしょうか…?

自分の爪を見て、白い部分がなかったり小さかったりする場合、もしかして何かの病気のサインなのではと、不安になってしまいますよね。

白い部分がないのは、何かの異常なのか?

爪の白い部分「爪半月」と健康の関係について解説します。

スポンサーリンク

爪の白い部分がないのは不健康…は、医学的根拠なし!

指にびっくりした表情が描かれたキャラクターの写真爪の根元の白い部分には、「爪半月」という正式名称があります。

爪半月がなかったり、小さかったりするのは不健康な証拠と言われますが、これには医学的な根拠はありません。

 

爪半月の大きさは遺伝的な要素で決まり、人によって生まれつき違います。
人によって目や鼻の大きさが違うのと同じですね。

風邪で具合が悪いから目が小さくなったりしないように、爪半月も、もともと決まったサイズのある部位ですから、健康状態に応じて小さくなったり大きくなったりはしません。

年齢や爪への負荷状態によって多少の変化はしますが、基本的には大きさは一定です。

 

爪の白い部分がなくても、異常や病気ではありませんから、安心してくださいね。

でも、健康状態と関係がないのなら、この爪半月って、なんの意味があるのでしょうか?
爪半月の役割や、なぜここだけ色が白いのか、その理由に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

爪半月は、なぜ白い?

爪が見えるように軽く握った女性の手の写真爪は、爪の根元にある「爪根(そうこん)」という部位で作られます。

爪根には爪の元である爪母(そうぼ)細胞という細胞があり、ここで日々生まれた細胞が押し出されていって爪になります。

 

ちなみに、爪は硬いので骨の仲間のようにも思えますが、実は皮膚の一部。
爪母細胞から生まれた細胞は、最初は柔らかいのですが、やがて硬く変化していきます。

この硬質化を「角化」と呼びます。
女性なら、細胞が角質になって硬くなる、と聞いたほうがわかりやすいかもしれません。
爪が大きな角質の塊だと思うと、ちょっとビックリしますね。

 

生まれたばかりの爪の細胞は水分が多く白い色をしていますが、角化すると透明になります。
私たちの爪が普段ピンク色をしているのは、透明な爪の下に、血管が透けて見えているため。

でも、爪の根元の部分は、まだ完全に角化していない未熟な細胞が多いので、透明度が低く、白く見えます。

これが爪の白い部分、爪半月の正体というわけです。

 

爪半月は平均的には2mmほど見えていますが、見てわかる範囲に爪半月がなかったとしても、爪があり、日々爪が伸びているのであれば、何ら問題はありません。

爪がある=爪半月の細胞が成長して爪になっている、ということですからね。

 

これで、爪の白い部分と健康状態には関係ないことがわかりました。

ただ、爪半月には関係なかったとしても、爪の状態と健康がまったく無関係なわけではありません。

爪の「色」には、さまざまな病気のサインが隠れていることがあります。
ここからは、特に気をつけたい爪の異常と、その原因について説明します。

爪の色に現れる病気のサイン

爪が白い

  • 爪全体が白っぽい → 貧血あるいは腎臓疾患の疑い

爪の色は血流が透けて見えるもの。
これが白いということは、血流が不足して貧血になっているからだということはイメージできますね。

特に、爪が上に向かって反り返る匙状爪(スプーン爪)になっている場合は、鉄分不足になっています。

女性に多く、重症だと子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患のサインであることも。
爪が白かったり、立ちくらみなどの症状がある場合、鉄分の摂取に努めましょう。

 

爪が白くなった時に考えられる、もうひとつの可能性は、腎臓疾患。

腎臓機能が低下すると、指先がむくみ、その影響で爪先が圧迫されて白く見えます。
爪を押すと血流が止まって爪が白くなりますが、それと同じ現象です。
体の内側から爪が押されて、白くなってしまうんですね。

もし腎臓に異常があった場合、尿の色の変化や頻尿などの症状も出ます。
爪が白く、これらの症状も出ている時は、早めに病院を受診しましょう。

爪が緑

  • 爪が緑色 → 緑膿菌に感染している疑い

爪が緑色になった時に考えられるのは、緑膿菌という細菌への感染。
爪の周辺組織が化膿を起こし、菌の色により緑色に見えている可能性があります。

緑膿菌に感染すると、呼吸器や消化器、皮膚など体のさまざまな部位に感染症を引起こす恐れがあります。

抗生物質による治療が必要なため、爪が緑色になっていたら迷わず病院へ行くようにしてください。

爪が黄色い

  • 爪が黄色い →爪白癬(爪の水虫)、カンジダ、呼吸器疾患、甲状腺疾患の疑い

爪が黄色くなっている場合、水虫やカンジダなどの菌に感染しているか、呼吸器または甲状腺の疾患のサインであることがあります。

おそらく、爪以外にも何らかの自覚症状が出ているはずですので、思い当たる症状を診てくれる診療科を受診しましょう。

爪が黒っぽい

  • 爪が黒っぽい → 肝硬変の疑い

爪が全体的に黒っぽくなるのは、肝硬変の前兆である可能性が。

放置して重症化してしまう前に病院へ行き、異常がないかをチェックしてもらいましょう。

爪の白い部分に関するまとめ

それでは最後に、爪の白い部分と健康状態の関係についてまとめておきます。

  • 爪の白い部分は爪半月という
  • 爪半月の大きさや有無は生まれつきのものであり、健康状態や病気とは関係がない
  • 爪半月が白く見えるのは、まだ透明になっていない未熟な爪の細胞がある場所だから
  • 爪全体が白、緑、黄色、黒に変色している場合は病気のサインの可能性

爪の白い部分がなくても異常はないとわかって、ほっとした人もいるのではないでしょうか。

余談ですが、私の友人に、この爪半月を「空気が入ってる」と思っていた人がおり、それ以来、私も爪を見るたびに、中に空気が入っているように見えてしまいます…(^_^;)

実際は、未熟な爪の細胞が詰まっている場所だったんですね。

爪半月自体は体の健康状態には影響されませんが、爪の色の変化は体からのSOSであることもあります。
なんだかおかしいな?と思ったら、そのSOSをしっかり受け止めて、早めに対処してくださいね。


参考文献)
皮膚に聴く からだとこころ(PHP研究所)
図解入門よくわかる最新からだの基本としくみ(秀和システム)
病気の「サイン」に素早く気付き病気は自分で治す(PHP研究所)
症状からすぐにひける家庭の医学事典(西東社)
セラピストなら知っておきたい解剖生理学(秀和システム)
「手」の不思議(PHP研究所)
釣られたら恥ずかしい ネットのデマ150(鉄人社)
DVDで学ぶ人体の不思議(西東社)
本当に正しいアンチエイジング大事典(主婦の友社)