ふるさと納税誘導

ふるさと納税はネット納税が便利!

実際にふるさと納税をしてみたい!と思った時の申し込み方法は、次の2つ。

  • ふるさと納税したい自治体のHPを見て、メールフォーム・FAX・郵送等で申し込む
  • ふるさと納税支援サイトからネット申し込みする

各自治体に直接申し込みをするのが基本ですが、郵送やFAXで申し込み、郵便振替や銀行振替で寄附金を振り込むなど、手続きがアナログで手間がかかるのが正直なところ。

 

おすすめは、ふるさと納税の申し込みと支払いがネットで一度に完結する、ふるさと納税支援サイトからの申し込みです。

ネット通販のように、クレジットカードやコンビニ払いで寄附金の支払いが完了するので、銀行振込をして自治体からの入金確認を待って…という手間がありません。

ふるさと納税支援サイトはいくつかありますが、特におすすめの2サイトを紹介します。

サイトによって提携している自治体が違うため、掘り出し物を探す感覚で、いろんなサイトを見てみるのも楽しいですよ。

スポンサーリンク

おすすめサイト(1)人気ナンバーワンの定番サイト「さとふる」

ふるさと納税サイトに関するアンケートで、認知度と利用したいサイト部門で共に1位を獲得した定番人気サイト。

利用者が多く、返礼品ごとのレビュー評価数が多いので、ネットショッピング感覚で返礼品を探せます。

ふるさと納税というと高級肉やお米が人気ですが、タブレットPCや炊飯器などの家電や、体験ツアーなどもあり、目移りしてしまうほど。

 

いくら寄付すればいいか迷うかもしれませんが、さとふるではふるさと納税が初めての人向けに、便利な控除シミュレーターも用意されています。

家族構成や年収を入力すると、あなたのふるさと納税が控除される上限金額を教えてくれますよ。

上限を超えた金額は控除されない(住民税から引かれない)ので、節税目的で納税するなら、必ず確認しておきましょう。

控除シミュレーターで控除上限金額を計算してみる≫

ランキングやカテゴリーも充実していて、ふるさと納税するなら、まず最初にチェックしておきたいサイトです。

さとふるTOPページを見てみる≫

スポンサーリンク

おすすめサイト(2)カタログギフトがユニーク「ふるさとプレミアム」

提携自治体の数は多くありませんが、厳選した自治体・返礼品がセレクトされているのが、ふるさとプレミアム。

1番人気は泉佐野市(大阪府)の返礼品ギフトカタログで、寄付金額に応じて好きなお礼品が選べるという、ユニークな返礼品です。

選べる返礼品は黒毛和牛やカニなどの高級グルメから、有名な泉州タオルまで500種類以上。

ふるさと納税をしてみたいけれど、欲しい返礼品が決められない!という人に、ぜひおすすめします。

泉佐野市の返礼品カタログ内容を「ふるさとプレミアム」で見てみる≫

納税後はワンストップ特例の申請も忘れずに!

ふるさと納税した後は、確定申告なしで控除が適用されるワンストップ特例の申請を忘れずに行いましょう。

申請方法は簡単で、所定の書類を自治体に郵送するだけ。

役所に行く手間はありません。

 

必要書類は上記で紹介したふるさと納税サイトなどからもダウンロードできるので、寄付と同時に準備しておくと便利です。

申請は寄付の度に必要なので、去年ワンストップ申請をしたという人も、毎年行うようにしてくださいね。

詳細は今回紹介したふるさと納税でも解説されているので、初めての人は目を通しておきましょう。

[関連リンク]

ふるさと納税「さとふる」|利用意向NO1のふるさと納税サイト≫

ふるさと納税・寄付なら「ふるさとプレミアム」≫